2018年競馬予想記事

【オールカマー2018】過去10年間のデータ・傾向

更新日:

今回はオールカマー過去データ分析となります。

どうも、競馬生活者アギョウです。

オールカマーはそのトリッキーな舞台設定ゆえか、毎年微妙なメンバーで行われる一戦なのですが、今年はなんとも豪華なメンバーが揃いました。昨年のダービー馬レイデオロに、昨年の皐月賞馬アルアイン。同日に行われる神戸新聞杯と合わせて、新旧ダービー馬、皐月賞馬の対戦が見られることになりました。これはもう競馬ファンとしてはたまりませんよね。レイデオロとアルアインの他にもダンビュライト、今年の上り馬ガンコ、長期休養明けのミライヘノツバサなど。本当に楽しみなメンバーたちです。先日のレイエンダは2着に敗れましたが、兄のレイデオロが弟の雪辱を晴らすのか。それとも他の馬たちが台頭してくるのか。前哨戦云々などのことを考えると、ここも本命をどの馬にするべきかに迷うところです。

なので、今回は過去データの観点から狙い馬を絞っていこうかなと思います。

人気馬たちは過去データ的にどうなのか。過去データから浮き上がってくる意外な穴馬はいないのか。このあたりを見つつ本命馬をある程度絞っていければなーと思います。というわけでオールカマーの過去データ分析です。

それでは、本題に入っていきましょうか。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



オールカマー 過去データ分析

過去10年間のデータを参照して、今回のセントライト記念で期待値が高いを導き出します。今回は前走距離・レース間隔・前走着差・前走騎手。大きく分けてこの4つのデータを見ていこうと思います。それでは、各データの考察に入っていきましょう。

前走距離別データ

まずは、過去10年間の前走距離別データから見ていきましょうか。このデータの同距離・今回距離延長組(アルアイン、エアアンセム、ゴールドアクター、ショウナンバッハ、ダンビュライト、ブラックバゴ、プリメラアスール、マイネルフロスト、マイネルミラノ)に着目していきます。この二つで過去10年9勝、2着9回と連対の多くをこの組が占めています。逆に今回距離短縮組(ガンコ、ブライトバローズ、ミライヘノツバサ、レイデオロ)は単勝回収率5%と冴えない結果が続いてます。オールカマーは芝の張替えが行われ、野芝100%で行われるレース。時計が速くなりがちでスピード能力があまりない長い距離を使っていた馬たちは苦戦するということなのではないでしょうか。

消すデータ①今回距離短縮
該当馬:ガンコ、ブライトバローズ、ミライヘノツバサ、レイデオロ

レース間隔別データ

次に、過去10年間のレース間隔別データです。このデータでは中4週以下の馬(ショウナンバッハ、ブライトバローズ、マイネルミラノ)は一度も勝っていません。中5週以上の馬(アルアイン、エアアンセム、ガンコ、ゴールドアクター、ダンビュライト、ブラックバゴ、プリメラアスール、マイネルフロスト、ミライヘノツバサ、レイデオロ)が過去10年では総なめという状態です。これは夏を使って疲弊している馬よりもフレッシュな馬。もっといえば秋まで休んでいられるような実績馬たちがこのレースで勝っているということでしょう。夏を使わざるを得ないような実績的に厳しい馬はここでは足りないのではないでしょうか。

消すデータ②中4週以下
該当馬:ショウナンバッハ、ブライトバローズ、マイネルミラノ

前走着差別データ

続いて、過去10年の前走着差別データとなります。こちらは先ほどの話しとも繋がってくるのですが、前走3.0秒以上負けている馬(ゴールドアクター、プリメラアスール)たちは、実力的に微妙な馬たち。強豪が揃うここでは巻き返しも厳しいということでしょう。ここでは前走で勝っているもしくは2.9秒以下の負けに留めている馬(アルアイン、エアアンセム、ガンコ、ショウナンバッハ、ダンビュライト、ブライトバローズ、ブラックバゴ、マイネルフロスト、マイネルミラノ、ミライヘノツバサ、レイデオロ)たちを中心視するべきだと思います。

消すデータ③前走3.0秒以上の負け
該当馬:ゴールドアクター、プリメラアスール

前走騎手別データ

そして最後に、過去10年の前走騎手別データです。これを見ると前走と同騎手の馬たち(ガンコ、ゴールドアクター、ショウナンバッハ、ダンビュライト、マイネルフロスト、レイデオロ)の好走率が高いことがわかると思います。前走から乗り替わりとなった馬たち(アルアイン、エアアンセム、ブライトバローズ、ブラックバゴ、マイネルミラノ、ミライヘノツバサ)は厳しい結果が続いています。これは同日に行われる神戸新聞杯との兼ね合いによるところが大きいと思います。神戸新聞杯も有力馬たちが集うレースですから、リーディング上位の騎手たちはあちこちにお手馬がいる状態。そんな中でも継続騎乗となったような馬は騎手の中でもかなりの有力馬なのでしょう。逆に乗り替わりになった馬たちは少々腕の落ちる騎手に乗り替わることが大半ですからその分だけ期待値が下がってしまうのだと思います。

消すデータ④乗り替わり
消える人気馬:アルアイン、エアアンセム、ミライヘノツバサ

スポンサーリンク

オールカマー 過去データ分析まとめ

ここまで紹介した消すデータ。これらに当てはまらなかった期待値の高い馬はどの馬なのか。

この馬→人気ブログランキングにて公開中

中山2200メートルというトリッキーな舞台に最も適正があるのはこの馬でしょう。そもそもこの馬は中山巧者。中山では1-0-2-0と強敵揃いの重賞を通しても馬券圏内を外したことがない。さらにこの馬の唯一の重賞勝ちがこの舞台ですからね。ジリジリと脚を伸ばすこの馬にとって中山2200という舞台は間違いなくベスト。休み明けでも堅実な走りをしてくれるタイプですし他の有力馬と比べても最も信頼がおけそうなのはこの馬だと思います。

おすすめ馬以外に期待値の高い馬
・マイネルフロスト

週末には最終的な予想を公開するので、今回の記事が気に入っていただけたらブックマーク登録をお願いします。ツイッターをフォローしていただければ更新情報がすぐにキャッチできます。ツイッターは下のプロフィールからどうぞ!あとSNSで共有してくれると嬉しいです!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

神戸新聞杯の過去データ分析も行っておりますので、まだ見てないよって方は是非!
【9月21日追記】オールカマーの最終予想を公開しました。本命はこちらで紹介しています。

【オールカマー2018】予想と追い切り診断【最終予想】

【神戸新聞杯2018】過去10年間のデータ・傾向

Youtubeチャンネルを開設しました

この度「Yotubeチャンネル」を開設しました。こちらでは主に出走予定馬の分析や、展開予想、馬券勝負の模様などをお届けしていく予定です。よろしければ、ぜひチャンネルを登録をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事
-, ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.