2019年競馬予想記事

【愛知杯2019】過去データ・傾向

投稿日:

今回は愛知杯過去データ分析となります。

今週末は中京競馬場にて愛知杯が行われます。昨年はアーモンドアイの道悪での衝撃的な末脚に始まり、アーモンドアイの圧巻のレコードに終わった一年でした。年度代表馬も満票での選出でしたしね。その他にも怪物グランアレグリアの登場など、何かと牝馬が目立ったのではないでしょうか。そんな牝馬たちの熱き戦いはここ愛知杯から始まります。ノームコア、ウラヌスチャーム、ランドネなど。同世代にアーモンドアイという最強馬がいたばっかりに、日の目を浴びることなかった彼女らですが、ここでアーモンドアイだけじゃないんだぞ!というところを見せてくれるのでしょうか。今から非常に楽しみな一戦ですね!というわけで愛知杯過去データ分析となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



愛知杯 過去データ・傾向

今回は中京競馬場の改修後、過去6年間のデータから人気・年齢・枠順・脚質の基本データに加えて、斥量・前走クラス・前走着順・前走着差のデータを見ていくことで今回の愛知杯で高期待値の馬を導き出します。それでは各データの考察に入っていきましょう。

基本データ

まずは基本データから見ていきましょう。ここでは主に過去データ的に買える馬を見ていこうかなと思います

人気

人気 着別度数
1番人気 2- 0- 1- 3/ 6
2番人気 0- 1- 1- 4/ 6
3番人気 0- 0- 0- 6/ 6
4番人気 0- 0- 1- 5/ 6
5番人気 0- 1- 0- 5/ 6

1~5番人気で過去6年2勝。勝ち馬の半分以上は6番人気以降の馬であることを考えると、愛知杯は波乱の余地もあるレースだと思います。能力比較の難しい牝馬限定戦の上に、ハンデ戦。荒れる要素がたっぷり詰めこまれたレースなのです。近3年では3連単10万越えが連続しているような有様です。今年も難解なメンバーが揃っただけに、ここも波乱の決着に要注意という感じですかね。

年齢

年齢 着別度数
4歳 3- 1- 3-18/25
5歳 3- 3- 1-29/36
6歳 0- 1- 2-21/24
7歳 0- 0- 0- 5/ 5

愛知杯の中心は4~5歳。過去6年の勝ち馬はいずれも若い馬から出ています。いくらハンデ戦だとはいえ、競争馬としてピークアウトの6歳以上の馬というのは厳しいですね。まぁこの年齢まで走っている牝馬というのはソコソコの実績馬か、繁殖としても微妙そうな馬たち。前者ならハンデ的に厳しく、後者なら能力的に微妙だということでしょう。いずれにしても愛知杯では4~5歳の馬を中心視するべきだと思います。

枠順

枠番 着別度数
1枠 0- 1- 1- 9/11
2枠 1- 0- 0-11/12
3枠 1- 1- 0-10/12
4枠 0- 2- 2- 8/12
5枠 1- 0- 0-11/12
6枠 2- 0- 0-10/12
7枠 1- 1- 1-14/17
8枠 0- 1- 2-14/17

過去6年では大きな枠順傾向は見られませんね。どの数字を見てもこれといった偏りはなく、どの枠順も平均的に来ていると見ていいでしょう。スタートしてから最初のコーナーまで十分な距離もありますし、最後の直線も長いですからね。多少、外々を周らされる展開になっても、最後の長い直線でいくらでも挽回がききます。愛知杯では枠順云々というよりは、他のバイアスを意識するべきではないでしょうか。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 1- 0- 0- 6/ 7
先行 1- 2- 2- 15/ 20
中団 1- 4- 3- 43/ 51
後方 3- 0- 1- 23/ 27

これはハッキリとした傾向が出ていますね。後方からの馬の過去6年3勝、中団の2着4回。後ろからの馬たちが良績を残しています。向こう正面の上り坂などもあって、スローペースになりやすい傾向にあるのですが、それでも差し・追い込み有利となっています。たとえスローペースになったとしても、最後の長い直線で速い上りさえ使えれば、十分に届いてしまいます。愛知杯では速い上りを使えそうな差し・追い込み馬を買うというのが、一つのポイントになってくるでしょう。

消去法データ

ここからは消去法データ。今回の愛知杯で過去データ的に厳しい馬を見ていこうと思います。

斥量

前走斤量 着別度数
増減無し 2- 2- 3- 23/ 30
今回増 0- 0- 1- 11/ 12
今回減 4- 4- 2- 53/ 63

愛知杯はハンデ戦ということで、斥量データから見ていこうと思います。今回斥量増となった馬(ノームコア、レイホーロマンス)は過去6年で連帯したことがありません。やはり普通に考えて斥量が重くなった馬というのは好走率が下がってしまいますよね。ここでは前走から増減なしもしくは今回減った馬というのを重視するべきでしょう。

前走クラス

前走クラス 着別度数
1000万下 2- 2- 0- 7/ 11
1600万下 1- 2- 3- 20/ 26
OPEN特別 0- 1- 1- 16/ 18
G3 2- 0- 1- 10/ 13
G2 0- 0- 0- 5/ 5
G1 1- 1- 1- 28/ 31

前走オープン特別だった馬(エテルナミノル)というのは過去6年で勝ったことがありません。愛知杯は前走1000万条件を走っていたような馬も出走してくるので、前走オープンを走っていた馬というのは能力の割に、斥量が重めになってしまう傾向にあります。まぁそれに前走オープン特別だった馬というのはローテーション的にも微妙。間隔が詰まりすぎているか、空きすぎているかのどちらかです。色々な側面から前走オープン特別だった馬というのは割引が必要だと思います。逆に前走1000万条件だった馬というのはハンデに恵まれる傾向にあるのか、穴をあけるシーンが多々あるので注意が必要です。

前走着順

前確定着順 着別度数
前走1着 2- 2- 0- 6/10
前走2着 0- 0- 0- 0/ 0
前走3着 0- 0- 0- 0/ 0
前走4着 0- 0- 0- 0/ 0
前走5着 0- 0- 0- 0/ 0
前走6~9着 0- 0- 0- 1/ 1

集計範囲:前走1000万条件

いくら前走1000万条件組がいいとはいえ、前走1000万条件で負けてしまった馬(ウスベニノキミ)というのは過去6年で馬券絡みしたことがありません。いくら愛知杯がハンデ戦だとはいえ、1000万条件もクリアできないような馬がここで好走するのは難しいですよね。

前走着差

前走着差 着別度数
負0.1~0.2 1- 2- 0- 0/ 3
負0.3~0.5 0- 0- 0- 8/ 8
負0.6~0.9 0- 0- 0- 4/ 4

集計範囲:前走1600万条件

前走1600万条件で0.3秒以上負けてしまった馬(スカーレットカラー、ティーエスクライなど)というのは過去6年で馬券絡みしたことがありません。こちらも先程の1000万条件組と同じようなことがいえるのですが、前走1600万条件で0.3秒以上負けてしまった馬というのは能力的に厳しいです。

前走着差 着別度数
負0.1~0.2 1- 0- 0- 4/ 5
負0.3~0.5 0- 1- 1- 6/ 8
負0.6~0.9 0- 0- 0- 8/ 8
負1.0~1.9 0- 0- 0- 8/ 8
負2.0~2.9 0- 0- 0- 1/ 1

集計範囲:前走G1

さらに、前走G1で0.3秒以上負けてしまった馬(レッドジェノヴァ、コルコバードなど)というのは過去6年で勝ったことがありません。こちらはG1に出るほどの馬なので能力的に云々ということはありませんが、前走G1組ということで斥量的に見込まれる傾向にあります。前走G1組がここで好走するにはG1でも勝ち負けになるくらいの能力が要求されるということでしょう。実績上位を取捨する上で、これは一つの大きな基準になると思います。

まとめ

ここまで紹介したデータから、最も好走率が高いのはどの馬なのか。

この馬→人気ブログランキングにて公開中

今回の消去法データで残ったのは5頭。その中から荒れる傾向にある、差し・追い込み馬の活躍、前走1000万条件組が頑張っているということで、この馬を選ばせてもらいました。この馬はとにかく末脚堅実な馬で、どんな舞台でもある程度の上りでまとめてくれます。このメンバーでも上位の上りが使えるはずです。さらに注目したいのがこの馬の4走前。今回と同じ中京2000メートルで行われた一戦だったのですが、これが1000万条件にしてはなかなかのハイレベルメンバーだったんですよね。今回の斥量を考えると4走前くらい走れば、十分に上位争いになると思います。今年の穴で注目したいのはこの馬ですね。

おすすめ馬以外に消去法データに当てはまらなかった馬
・ウラヌスチャーム、キンショーユキヒメ、モーヴサファイア、ランドネ

アギョウ
最後までお付き合いいただきありがとうございました。ツイッターのフォローもお待ちしています!ツイッター→https://twitter.com/agyo_keiba

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.