【天皇賞春2019】予想と追い切り診断

競馬予想

今回は天皇賞春予想となります。

天皇賞春 予想

枠順の確認→過去データ分析→追い切り診断→そして最終予想という流れで、今回の天皇賞春を見ていきますね。

枠順

まずは、天皇賞春の枠順を見てきましょうか。

 1- 1チェスナットコート
 2- 2エタリオウ
 3- 3リッジマン
 4- 4ヴォージュ
 4- 5メイショウテッコン
 5- 6カフジプリンス
 5- 7グローリーヴェイズ
 6- 8パフォーマプロミス
 6- 9ユーキャンスマイル
 7-10フィエールマン
 7-11ケントオー
 8-12クリンチャー
 8-13ロードヴァンドール

有力馬は2枠2番エタリオウ、6枠9番ユーキャンスマイル、7枠10番フィエールマンといったところ。有力馬は内枠に集中するような形になりましたね。天皇賞春は内枠有利と見ているだけに、これはどうでしょうか。

枠番 着別度数
1枠 5- 1- 1-13/20
2枠 1- 2- 2-15/20
3枠 1- 1- 1-17/20
4枠 1- 0- 2-17/20
5枠 0- 0- 0-20/20
6枠 2- 2- 2-14/20
7枠 0- 2- 1-24/27
8枠 0- 2- 1-27/30

次の項では枠順データの他にも、天皇賞春の過去データを見ていこうかなと思います。

過去データ分析

天皇賞春の過去データ分析は、こちらからどうぞ!

404 NOT FOUND | アギョウトレセン~アギョウの競馬予想ブログ~
プロ馬券師アギョウの競馬予想ブログ

追い切り診断

僕の追い切り診断では調教タイムのほかにも、追い切り診断コメントと追い切りランクを設けています。追い切りランクはS、A、B、C、Dの5段階評価としています。しかし、これらはあくまで個人的な見解となりますので、ご参考程度によろしくお願いします。さて説明はこれくらいにして、本題へ入っていきましょうか。

有力馬

エタリオウ【
栗東 坂路 良 4月24日(水)
55.4-40.3-26.1-12.7 一杯
今回からブリンカー着用で2着止まりに終止符を打とうと陣営はしているようですが、その効果は芳しくないように思えます。調教ではこれまでと変わったところは見られませんでした。相変わらずムチへの反応は薄めで、ズブイところを見せています。レースに行ってどうかというところはありますが、調教で見せる動きからは効果なしと判断するのが妥当でしょうね。むしろ古馬になって、さらにズブくなっているようにすら見えます。ダービーや神戸新聞杯のころはもっと調教でも動いていたんですよね。実際に、前走の日経新春杯の走りを見ても、嫌な感じがします。持っている能力は間違いなく上位なのですが、この気性難をMデムーロ騎手がどこまで宥めることができるか。そこにすべてが掛かっていると思います。個人的には人気では買いたいと思える馬ではありません。

ユーキャンスマイル【
栗東 坂路 良 4月24日(水)
54.7-39.8-25.6-12.6 終い強め
1週前に好時計をマーク。最終追い切りでも悪くない動きを見せていたことから、休み明けは気にする必要はないと思います。仕上がり万全でしょう。あとはこのメンバーに入っての力関係だけでしょうね。この馬の武器は末脚。長距離路線に変更してからの近3走はすべて上り最速で、最後の直線でどこまで追い込むことができるかにかかっていると言っても過言ではない馬です。データ分析動画でも言いましたが、この天皇賞春は4角である程度の位置にいなければ、勝ち切れないレース。近5年で唯一、差して勝ったのが昨年のレインボーラインなのですが、この馬はレース直後に故障してしまいました。それほどに差し追い込みで勝つというのは、馬にとって無理難題で負担がかかるものなのです。ここでは差し一辺倒の脚質がネックになってきそうです。

フィエールマン【
美浦 南W 良 4月24日(水)
82.1-66.6-51.5-38.1-12.6 馬なり
調教で好時計を連発。調子の良さも去ることながら、ここに来ての成長というのも感じさせます。ここまで5戦という浅すぎるキャリアを考えても、ここに来ての成長というのがあっても何ら不思議はない馬です。ここはこれまで以上のパフォーマンスに期待できる場面だと思います。ルメール騎手に替わってからの近2走は、ある程度のポジションを確保することができていますし、ユーキャンスマイルほど差し一辺倒という感じでもないはず。しかしやはり気になるのは距離適性ですよね。ここに来て、調教で好時計を出せるようになったというのは素晴らしいことですが、それだけ適正がスピードにシフトしているとも取ることができます。良くも悪くも菊花賞の時とは馬が違うように見えたので、今のこの馬に3200メートルはどうなのかなというのが本音です。実際にこの馬の兄弟は2000メートルぐらいがベストの馬が多いですし、今のこの馬は2000メートルくらいで見てみたいなと思いますね。

最終予想

本命と対抗を紹介していますので良かったらぜひ!

[st-kaiwa1]◎以外の印や買い目などは中央競馬プレミアムからどうぞ![/st-kaiwa1]

血統傾向についても、こちらで記事にしましたのでぜひご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました