【シンザン記念2019】予想と追い切り診断

競馬予想

今回はシンザン記念予想となります。

今週末は京都競馬場にてシンザン記念が行われます。前日段階で1番人気に支持されているのはアントリューズ。マイルに替わってから負けなしという馬。マイルの近2走は先行して上り最速。いずれも完勝といっていい内容でした。まだマイルでは底を見せていないという点で、1番人気に支持されるのも納得ですね。2番人気はヴァルディゼ―ル。前走が完勝。こちらもまだ底を見せていません。その他ではハッピーアワーに、ミッキーブリランテなど。来年のクラシックを占うにふさわしい好メンバーが揃ったと思います。今から非常に楽しみな一戦です!というわけでシンザン記念の予想となります。

シンザン記念 予想

枠順の確認→過去データ分析→追い切り診断→そして最終予想という流れで、今回のシンザン記念を見ていきますね。

枠順

まずは、シンザン記念の枠順を見てきましょうか。

 1- 1マイネルフラップ
 2- 2ヴァルディゼ―ル
 3- 3ハッピーアワー
 4- 4ゴータイミング
 5- 5アントリューズ
 5- 6ドナウデルタ
 6- 7二ホンピロヘンソン
 6- 8ミヤケ
 7- 9パッシングスルー
 7-10ミッキーブリランテ
 8-11シャドウエンペラー
 8-12コパノマーティン

有力馬は2枠2番ヴァルディゼ―ル、3枠3番ハッピーアワー、5枠5番アントリューズといったところ。有力馬は内枠に集中する形になりましたね。シンザン記念は内枠有利と見ているだけに、これはどうでしょうか。

枠番 着別度数
1枠 2- 2- 1- 9/14
2枠 1- 1- 2-12/16
3枠 2- 1- 2-12/17
4枠 2- 2- 1-13/18
5枠 1- 0- 0-18/19
6枠 0- 2- 1-17/20
7枠 1- 0- 1-19/21
8枠 1- 2- 2-16/21

次の項では枠順データを他にも、シンザン記念の過去データを見ていこうかなと思います。

過去データ

今回の過去データ分析では、過去10年から要注目のデータをいくつか参照しておきます。

人気

人気 着別度数
1番人気 3- 0- 1- 6/ 10
2番人気 3- 2- 0- 5/ 10
3番人気 0- 1- 2- 7/ 10
4番人気 1- 1- 1- 7/ 10
5番人気 0- 0- 1- 9/ 10

1番人気が過去10年で3勝、複勝率は40%です。並みの重賞程度の水準にはありますが、2歳戦としてはやや物足りない印象でしょうか。何より素質が物を言う2歳戦において、1番人気がこの程度というのは低水準だと思います。その他の人気どころに目を向けても、微妙な成績がずらりという感じです。昨年はアーモンドアイが1番人気で勝利しましたが、なんとこの時は単勝オッズ2.9倍で買えました。今では考えられないですよねwそれだけこの時期の評価というのが難しいということでしょう。シンザン記念の人気は、そこまで信頼できるものではありません

脚質

脚質 着別度数
逃げ 2- 1- 2- 5/ 10
先行 5- 4- 3- 27/ 39
中団 1- 3- 4- 43/ 51
後方 2- 2- 1- 41/ 46

逃げ馬は複勝率50%超え。先行馬は過去10年5勝。シンザン記念は前有利のレースと見ていいのではないでしょうか。先程の枠順データでは内枠有利という話しをしましたが、この週の京都はとにかく内の馬場がいいんですよね。なのでここでも内側につけられる可能性の高い、逃げ先行馬が好成績を残しているという感じです。

キャリア

キャリア 着別度数
1戦 0- 2- 1- 8/ 11
2戦 3- 2- 2- 21/ 28
3戦 1- 1- 2- 20/ 24
4戦 2- 2- 0- 16/ 20
5戦 4- 1- 4- 23/ 32
6戦 0- 2- 1- 15/ 18
7戦 0- 0- 0- 7/ 7
8戦 0- 0- 0- 1/ 1
9戦 0- 0- 0- 5/ 5
10戦 0- 0- 0- 0/ 0

キャリア6戦以上という馬は過去10年では苦戦を強いられています。この時期で使い込まれている馬というのは将来性に乏しく、クラシックの活躍かもしれないような馬たちと一緒に走るのは厳しいのでしょうね。さらにキャリア1戦の馬も過去10年で勝ったことがありません。これは新馬戦のぬるま湯レースから、一気に重賞の厳しい戦いとなると、活躍は難しくなってくるのではないでしょうか。

調教・追い切り診断

僕の追い切り診断では調教タイムのほかにも、追い切り診断コメントと追い切りランクを設けています。追い切りランクはS、A、B、C、Dの5段階評価としています。しかし、これらはあくまで個人的な見解となりますので、ご参考程度によろしくお願いします。さて説明はこれくらいにして、本題へ入っていきましょうか。

有力馬

ヴァルディゼ―ル【
栗東 坂路 良 1月3日(木)
52.7-38.2-25.0-12.4 一杯
時計や動きなどを見た感じ、仕上がりは前走同様といったところ。今回がデビュー2戦目となりますが、大幅な上積みまではどうかなというのが率直な感想ですね。動きなどもそこまで目立ったものはなく、素質的にもそこまでの器には見えませんでした。相手関係が一気に強化されるここでどうかというところですね。ただ正月明けの影響はそこまでなさそうですし、仕上がり自体は悪くないと思います。

ハッピーアワー【
栗東 CW 良 1月3日(木)
86.3-70.4-54.9-40.6-12.7 馬なり
時計は目立ったものがありませんが、動きは素軽いです。好調キープという感じでしょうか。いかにも長くいい脚を使うハービンジャー産駒らしい走りを見せていました。前走は完全な前残り展開の中を、この馬だけがよく追い込んできていた感じですし、素質的にも十分に足りていると思います。ただ先程も話した通り、強烈な決め手があるタイプではなく、あくまで長くいい脚を使うタイプ。調教の動きはまさにそれです。勝ち味に薄い典型的なタイプで、勝ち切るまではどうかというのが個人的な感想ですね。

アントリューズ【
美浦 坂路 良 1月2日(水)
54.7-40.5-26.5-12.9 馬なり
速い時計が一本もないものの、この馬の水準としては悪くない水準です。順調な仕上がりといったいいでしょう。ただこの馬で気になるのは調教過程。今回は最終追いですが、好走した近2走は最終南W追いだったんですよね。最終坂路というのは新馬戦の時のパターンなのですが、この時は惨敗しているんですよね。距離が原因だったと言われれば、そうかもしれませんが、調教パターンの時には嫌な感じなんですよね…。特に目立った感じもありませんし、いい調教だったとは言えないかもしれません。

以上、シンザン記念の追い切り診断でした。

一番よく見えた好調馬を追い切りからの推奨馬とさせてもらいます。

推奨馬はこちら→人気ブログランキング

最終予想

今回の予想では◎~◯の、ご紹介とさせてもらいます。

人気ブログランキングにて公開中
今の京都は内枠有利が顕著。ペースが極端にならなければ基本的には前残りの決着になります。ここも抜けた馬が不在ですし、ある程度のポジションにつけられそうな馬、もしくは内枠の馬が有利になってくると予想しました。そこで本命はこの馬。おそらくこのメンバーならハナを主張していけると判断しました。前走は大敗してしまいましたが、当日のイレコミがきつかったとのこと。普通に能力を出し切ってくれれば、ここでも能力は上位だと思います。前々走で完勝した相手が朝日杯フューチュリティステークスで5着ですからね。前走の大敗のおかげで人気落ちもしており、ここは積極的に狙ったみたいと思います。

◯ゴータイミング
新馬戦で接戦を演じた相手が強敵揃い。サトノルークスやマイネルウィルトスは500万条件でもすでに勝ち負けになっている馬です。2馬身以上ちぎったブリッツアウェイも、すでに未勝利を勝ち上がっていますしね。前走の大敗は引っかかってしまい、かなりの早仕掛けになってしまった形ですし、度外視可能な内容だったと思います。この枠順なら前に馬を置くことができるはずですし、折り合いもある程度はマシになるはずです。ここでの巻き返しは十分に考えられると思います。

その他の印馬や展開予想図、予想に使っている指数などは中央競馬プレミアムにて公開中です。こちらの中央競馬プレミアムでは、平場のオススメ予想や最終レースの予想も公開しているので下記のボタンからぜひご一読くださいませ。

昨日は、こんな感じの結果。新年一発目は大勝利で飾ることができました!

タイトルとURLをコピーしました