【天皇賞春2018】予想と馬場傾向【最終予想】

競馬予想

今回は天皇賞春予想となります。

どうも、競馬生活者アギョウです。

青葉賞を始めとしたレース、お疲れ様でした。
みなさん、土曜の競馬はいかがでしたでしょうか。

個人的には平場イマイチでしたが、久々の重賞勝利!
穴推奨ゴーフォザサミット激走、本命スーパーフェザー3着確保。
万馬券をゲットすることができました。(スーパーフェザーが2着なら馬単もあったんだけどな…)

長かったスランプ(4着病)も抜けて、復活の兆しが見えました。
ここは天皇賞春もバシッと的中させ、完全復活を目指したいと思います!

というわけで、本題に入っていきましょうか。
今回は「馬場傾向最終予想」という流れで、マイラーズカップを見ていきますね。

天皇賞春 土曜の馬場傾向

今回、馬場傾向を読む上で参考にしたのは、
本日行われました、京都9,10Rとなります。

どちらも、天皇賞春とは違う距離ですが、
最も近い条件がこれらだったので、こちらを参考にします。

では、さっそく馬場傾向の探していきましょうか。

まずは、京都10Rから見ていきましょう。

これは4コーナーを周った時の、各馬の位置となります。
赤い丸が1着、青が2着、緑が3着馬という感じになっています。

うーん、こちらの場合は難しい感じになっていますね…。
先頭馬が目まぐるしく変わった展開を考慮すると、前の馬が良く粘っていた印象です。

あれだけの乱ペースになると、普通は後方からの差しが決まるはずなのです。
現に、このレースでも、最後方から大外一気の馬が3着まで食い込んでいますからね。

馬場傾向としては、前が止まらない馬場だったといえるではないでしょうか。

では、次に京都9Rの方も確認してみましょうか。

こちらの場合は、明らかな前残り展開でしたね。
4コーナー先頭だった馬が、そのまま後続を突き放しての楽勝。
勝った馬は8番人気。決して強い馬だったではありません。

勝ち馬が、あれだけのパフォーマンスを発揮できたのは、
前残り傾向によるバイアスが強かったからなのではないでしょうか。

というわけで、土曜馬場の分析は、この辺で終わらせてもらいます。
ここからは、天皇賞春最終予想へとは入っていきたいと思います。

天皇賞春 最終予想

今回の予想では、◎のみのご紹介とさせていただきます。

人気ブログランキングにて公開中

その他の印馬、印馬解説、買い目につきましては、
中央競馬プレミアムにて、公開とさせてもらいます。

こちらでは、「土、日のおすすめ予想」「最終レース予想」なども、お届けしております。

昨日の青葉賞は本命スーパーフェザー、穴推奨(対抗)ゴーフォザサミット万馬券的中でした!


(こちらが実際に提供させてもらった買い目です)

印馬すべてに、印を打った理由も事細かに記載させてもらっています。

ご興味のある方は、こちらからお願いします!

タイトルとURLをコピーしました