【アンタレスS2018】過去10年間のデータ・傾向

競馬予想

今回はアンタレスステークス過去データ分析となります。

どうも、競馬生活者アギョウです。

ダートでは負けなし。あのクリソライトやテイエムジンソクを下した実力馬。
グレイトパールが、約1年の休養を経て、ついに復活となりました。

約1年ぶりのレースとなりますが、グレイトパールが一体どんなレースをするのか。
ここで順調なレースを見せるようであれば、ダート界に一矢報いる存在になるのではないでしょうか。

おそらく、ここでは1番人気に推されると思いますが、
この馬がどんなレースを見せてくれるのか。今からワクワクがとまりません!

というわけで、今回のアンタレスステークス過去データ分析では、

今回の出走メンバーの中で、過去データ的に有利なのはどの馬なのか。
過去データから浮き上がってくる、意外な穴馬はいないのか。

そこら辺を、中心に見ていこうかなと思います。

それでは、アンタレスステークス過去データ分析に入っていきましょうか。

アンタレスステークス 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・年齢・斥量。最後には気になるデータを紹介していこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらが、アンタレスステークス過去10年人気別データ」となります。

1番人気の複勝率が70%と、トップの値を示していますが、
2番人気、3番人気とはあまり差がなく、人気上位三頭は横一線という感じ。
しかし、回収値を考慮すると、一番いいのは3番人気ということになるでしょう。

単勝回収値、複勝回収値がともに100オーバー。
これは、1番人気や2番人気にはない、大きなポイントです。
3番人気が、人気以上の活躍をしていることが見て取れます。

さて、それでは人気別データを、さらに細かく分析していくために、
今度は「単勝オッズ別データ」の方を確認していきましょうか。

単勝オッズ別データからは、10.0~19.9倍でしょうか。
こちらも回収率の観点からいうと、非常に優秀な値を示しています。
ここまでの人気で、過去10年3勝というのは、なかなかありません。

また、1.5~3.9倍までも、馬券になる確率が高いです。
ここまでの複勝率は高く、2回に1回以上は馬券に絡んできます。
回収率の観点からは微妙ですが、これらの人気も買い目には欠かせないはずです。

枠順別データ

次に、アンタレスステークス過去10年枠順別データ」となります。

ダートといえば、外枠有利というのが通説ですが、
このデータを見る限り、アンタレスステークスでは内枠も来ています

1,2枠。ともに複勝値が100を超えていますからね。
これはこの枠順に入った馬が、人気以上の好走を見せているということです。
ダートは外枠有利という通説があるだけに、内枠の馬が人気的に美味しくなりやすいのです。

これは、アンタレスステークスを攻略する上では、欠かせないファクターになると思います。

脚質別データ

こちらは、アンタレスステークス過去10年脚質別データ」となります。

こちらはダート戦らしく、逃げ先行馬が有利だと思います。

中でも、いいのが先行馬なのではないでしょうか。
連帯率は逃げ馬から順ですが、勝率と複勝率は先行→逃げの順。
過去10年5勝はトップ。単勝回収値も100を超えていますからね。

では、この裏付けを取るために「上り3ハロン別データ」を見ていきましょう。

上り最速の馬も来ていますが、目立つのは2,3位の馬なのではないしょうか。

単勝回収値200超えというのは、驚異ともいっていい数字。
逆に、上り最速の馬は単勝回収値が100を下回ってますから、こちらは微妙です。

先程の脚質別データと、この上り3ハロン別データを総合すると、
ある程度の先行力と、そこそこの上りを使える馬がいいのではないでしょうか。

年齢別データ

次に、アンタレスステークス過去10年年齢別データ」となります。

アンタレスステークスは、若ければ若いほど好走する傾向にあるようです。
複勝率は4歳から順に、高い数値になっていますからね。

競馬の基本通り、若い馬を中心視するべきなのではないしょうか。

過去10年では、牝馬のサンプル数が少なかったので、
性別別データは、参考程度の掲載とさせていただきます。

斥量別データ

そして、アンタレスステークス過去10年斥量別データ」となります。

重い斥量を背負った馬も来ているには来ていますが、
58,59キロの馬が、一度も勝っていないというのは気になります。
ここで重い斥量に見込まれる馬というのは、実力馬のはずですからね。

やはり、通常よりも1,2キロ重い斥量に泣かされ、
いまいち勝ち切れていないということなのではないでしょうか。

斥量別データのほかに「所属別データ」についても、ここで確認させてください。

過去10年では、栗東所属(関西)馬が有利みていいのではないでしょうか。

過去10年の勝ち馬は、すべて関西馬。
馬券になったのも、多くは関西馬ですからね。

アンタレスステークスは、関西馬を中心視するべきでしょう。

気になるデータ

最後に、過去10年気になったデータを紹介させてもらいます。

アンタレスステークスで、気になったのは「前走の人気」についてのデータです。

このレースで気になったのは、前走1番人気の馬が良績を残しているということです。
上の画像を見てもらえばわかりますが、過去10年8勝というのは圧倒的だと思います。
単勝回収値100超えは唯一無二ですし、複勝率に至ってもトップの値を残しています。

アンタレスステークスでは、前走1番人気だった馬に要注目です。

アンタレスステークス 過去データまとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・3番人気の好走。オッズ的には10.0~19.9倍
・ダート戦だが内枠でも大丈夫。オッズ的には美味しくなる傾向まである
・ある程度の先行力と、そこそこの上りを使える馬
・若ければ若いほど、好走率が上がる傾向にある
・58,59キロは勝ちきれない。所属は栗東所属が良い感じ
・前走で1番人気に推されていた馬が好走する傾向にある

以上の、6点があげられるかと思います。

まだ、枠順が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、5点に絞られてきます。

となると、現状で過去データ的に有利となるのは、
10.0~19.9倍の若い先行型の関西馬。58,59キロ以外で前走は1番人気。

では、この条件に多く当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回はその馬を、過去データからの「推奨馬」として紹介させてもらいます。
こちらは、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

この度「アギョウの競馬予想ブログ 中央競馬プレミアム」というブログを開設しました。
こちらでは、「土、日のおすすめ予想」「最終レース予想」などを、お届けしております。

最終レースは「馬単23980円、ワイド4420円」などの実績があります!

その他にも「次走の狙い目」や「重賞予想の解説」などのコンテンツを公開しております。

ご興味のある方は、こちらからお願いします!

;

タイトルとURLをコピーしました