【ダービー卿CT2018】過去10年間のデータ・傾向

競馬予想

今回はダービー卿チャレンジトロフィー過去データ分析となります。

こんにちは。競馬生活者アギョウです。

グレーターロンドンに、レッドアンシェル。
大阪杯を回避した、マルターズアポジーまで参戦してきた、
今回の、ダービー卿チャレンジトロフィー。

実力拮抗のメンバーの上に、ハンデ戦ときたならば、
これは、混戦といって間違いないのではないでしょうか。

グレーターロンドンが、思いのほか軽ハンデということで、
人気を集めるとは思いますが、果たしてどうなのでしょうか。

グレーターロンドンは、過去データ的にどうなのか。
過去データ的に有利なのはどの馬なのか。意外な穴馬はいないのか。

今回の過去データ分析では、この辺を中心に見ていこうかなと思います。

それでは、ダービー卿チャレンジトロフィー過去データ分析に入っていきましょうか。

ダービー卿チャレンジトロフィー 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・年齢・斥量。大きく分けてこの5つのデータを見ていこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

ダービー卿チャレンジトロフィー過去10年「人気別データ」となります。

目につくのは、4,5番人気の好走ではないでしょうか。

これらの人気の勝率、連帯率、複勝率などを見てみると、
1番人気と同等、もしくはそれ以上の数値を残しています。
もちろん、回収率100オーバー。素晴らしい一言です。

これは、逆に考えてみると、1番人気が不甲斐ないということ。
2、3番人気も、微妙な結果に終わってますし、同様のことが言えます。

つまり、ダービー卿チャレンジトロフィー中荒れが目立つレースなのではないでしょうか。

さて、それでは人気別データを、さらに細かく分析していくために、
今度は「単勝オッズ別データ」の方を確認していきましょうか。

単勝オッズ別データでは、5.0~29.9倍でしょう。

ここら辺の人気の、単勝回収値は100付近をマークしています。
勝率などの数値を見てみても、文句なしなのではないでしょうか。

これは人気決着というデータにも合致しますし、間違いないデータになるでしょう。

枠順別データ

ダービー卿チャレンジトロフィー過去10年「枠順別データ」となります。

パッと見た感じでは、それらしい傾向は見えてきませんが、
これは、外枠不利ということでいいのではないでしょうか。

6~8枠の複勝率は15%以下。他枠の半分ほどしかありません。

中山競馬場といえば、外枠不利が有名ですが、
ダービー卿チャレンジトロフィーも、例外ではないということでしょう。

ただ、注意が必要なのが最内枠(1枠)の扱いです。

こちらも、外枠同様に成績が振るいません。
過去10年で、馬券になったのは1頭だけでした。

中山開催も、後半戦に差し掛かり、
そろそろ、馬場の内側が痛む頃合いなのかもしれません。

脚質別データ

ダービー卿チャレンジトロフィー過去10年「脚質別データ」となります。

小回り中山コースらしく、逃げ先行馬の好走が目立ちます。

前に行ける順番に、勝率などの数値が高い傾向にあります。
特に、逃げ馬の勝率30%は、脅威ともいっていいと思います。

ダービー卿チャレンジトロフィーは、前に行ける馬。

では、この裏付けを取るために、
今度は「上り3ハロン別データ」を見ていきましょう。

やはり、速い上りを使えていない馬も好走していますね。

もちろん、速い上りを使った馬も悪くないですが、
そんなのは当たり前。どのレースでも同じことが言えます。

それよりも、注目すべきは6位~です。
6位~以降が、過去10年5勝というのは珍しいことです。

これは、前に出ることができれば、
そこまでの、速い上りを必要としないことがわかります。

ダービー卿チャレンジトロフィーは、前に行ける馬で間違いなさそうですね。

年齢別データ

ダービー卿チャレンジトロフィー過去10年「年齢別データ」となります。

4~5歳の好走、6~8歳の苦戦というのが、このデータの傾向でしょう。

4~5歳の中でも、特に好走が目立つのが5歳
過去10年6勝を始めとして、回収値に至るまで優秀です。

逆に6~8歳は、複勝率10%程度。
4~5歳に比べると、半分ほどの値しかありません。

ダービー卿チャレンジトロフィーは、4~5歳を中心視するべきだと思います。

年齢別データのほかに「性別別データ」も、ここで確認させてください。

過去10年間では、牝馬の出走が少なかったため、
そこまで信頼することができるデータではありませんが、
このデータでは、牡・セ馬有利なのではないでしょうか。

過去10年で、牝馬は12頭しか出走がありませんでしたが、
その内で、馬券になったのは1頭のみ。複勝率は10%以下ですからね。

斥量別データ

ダービー卿チャレンジトロフィー過去10年「斥量別データ」となります。

重い斥量の馬も来ていますが、54~56キロが安定しています。

58~59キロの馬は、合わせて10頭いましたが、
その中で馬券になったのは、一頭だけでした。

重いハンデを背負う馬というのは、もれなく実力馬ですから、
それを考えてしまうと、この数値は物足りないのではないでしょうか。

最後の仕上げとして「所属別データ」を確認してきましょう。

美浦所属(関東)馬が、圧倒的な良績を残しています。

ダービー卿チャレンジトロフィーは、中山競馬場での一戦。
やはり、輸送の分だけ関東馬の方が、有利なのでしょう。

ダービー卿チャレンジトロフィーでは、関東馬に要注目です。

ダービー卿チャレンジトロフィー 過去データまとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・4,5番人気の好走。オッズ的には5.0~29.9倍
・外枠不利。最内枠も厳しいデータになっています
・とにかく、前に行ける馬が有利
・4~5歳の好走、6~8歳の苦戦。牡・セ馬がいい
・54~56キロ。関東馬の良績が目立つ

以上の、5点があげられるかと思います。

まだ枠順が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、4点に絞られてきます。

となると、過去データ的に有利となるのは、
5.0~29.9倍の4~5歳関東馬。牡馬の54~56キロだとなおよし。
と、いうことになると思います。

では、この条件に多く当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回はその馬を、過去データからの「推奨馬」として紹介させてもらいます。
また、過去データからは危険だと思われる「危険な有力馬」も発表させてもらいます。
それら二頭は、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

この度「アギョウの競馬予想ブログ 中央競馬プレミアム」というブログを開設しました。
こちらでは、「土、日のおすすめ予想」「最終レース予想」などを、お届けしております。

最終レースは「馬単23980円、ワイド4420円」などの実績、先週は両日的中でした!
おすすめ予想も6戦5的中と、堅実に馬券を取れました!

その他にも「次走の狙い目」や「重賞予想の解説」などのコンテンツを公開しております。
先週は、次走の狙い目で取り上げた馬が、しっかり1着になりました。

ご興味のある方は、こちらからお願いします!

タイトルとURLをコピーしました