【大阪杯2018】過去10年間のデータ・傾向

競馬予想

今回は大阪杯過去データ分析となります。

こんにちは。競馬生活者アギョウです。

今年、一発目の中距離G1、大阪杯が開催されますね。

昨年の勝ち馬は、現役最強の名を欲しいままにした、キタサンブラック。
そのキタサンブラックの引退により、今の中距離路線は王者不在です。

現役最強の名を狙って、キタサンブラックの後釜を狙って、
中距離路線の実力馬たちが、一同に介したのではないでしょうか。

キタサンブラックのライバルと言われた、サトノダイヤモンド。
昨年末、キタサンブラックと激闘を演じた、シュヴァルグラン。
強い4歳世代の代表格、スワーヴリチャード、アルアイン。
ミッキースワローにダンビュライト、ペルシアンナイトも控えています。

ここにきて、頭角を現してきたウインブライトやトリオンフ。
古豪ゴールドアクターや、ヤマカツエースなども侮れません。

いやはや、出走各馬の名前を挙げると、わくわくしてきますね!
僕と同じく、このレースを心待ちにしていた人は多いのではないでしょうか。
今年の競馬界を占う上では、非常に大事な一戦となってきますからね。

というわけで、今回の大阪杯過去データ分析では、

この豪華メンバーの中、過去データ的に有利なのはどの馬なのか。
過去データから浮き上がってくる、意外な穴馬はいないのか。

そこら辺を、中心に見ていこうかなと思います。

それでは、大阪杯過去データ分析に入っていきましょうか。

大阪杯 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・年齢・所属。大きく分けてこの5つのデータを見ていこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらが、大阪杯過去10年「人気別データ」となります。

目につくのは、なんといっても1番人気の好走でしょう。

過去10年4勝というのも、もちろんなのですが、
特筆すべきは、複勝率90%という驚きの数字です。

10回走ってたら、9回も馬券になるわけですから、
これは、1番人気はしっかり押さえておくべきでしょう。

もう一つ、上げさせてもらいたいのは4番人気です。

勝利数こそ少ないものの、こちらも複勝率が高水準。
回収値に目を向けてみても、100超えをマークしています。

これらから、大阪杯人気決着の目立つレースと言えそうです。

さて、それでは人気別データを、さらに細かく分析していくために、
今度は「単勝オッズ別データ」の方を確認していきましょうか。

単勝オッズ別データからは、1.0~2.9倍でしょう。

ここまでの人気で、延べ9頭の出走があったわけですが、
そのすべてが、馬券になっています。複勝率は堂々の100%です。

これは人気決着というデータにも合致しますし、間違いないデータになるでしょう。

枠順別データ

こちらは、大阪杯過去10年「枠順別データ」となります。

これは、最内枠(1枠)不利ということでいいのではないでしょうか。

横並びのデータが目立つ中で、最内枠だけは異彩を放っています。
過去10年で馬券圏内なし。これは唯一無二のデータです。

阪神開催も、後半に差し掛かり、
だんだん、内側の馬場が悪くなってきている。

このデータには、こんな背景があるのかもしれません。

脚質別データ

次に、大阪杯過去10年「脚質別データ」となります。

逃げ先行馬が有利ということでいいと思います。

阪神2000メートルという舞台は、スタート直後に坂があります。
そのため、あまりペースが速くならず、落ち着く傾向にあるのです。
おそらく、これが逃げ先行馬の好走に影響しているのでしょう。

では、この裏付けを取るために、
今度は「上り3ハロン別データ」を見ていきましょう。

やはり、速い上りを使えていない馬でも台頭していますね。

もちろん、速い上りを使った馬も好走していますが、
そんなのは当たり前。どのレースでも同じことが言えます。

それよりも、注目すべきは~5位です。
これだけ、~5位が良績を残すというのは珍しいことです。

これは、前に出ることができれば、
そこまでの、速い上りは要求されないことがわかります。

ただ、流石に6位~以降は厳しいようなので、
ある程度の先行力と、そこそこの瞬発力を兼ね添えた馬。

脚質別データからは、こんな馬が有利になると判断しました。

年齢別データ

続いて、大阪杯過去10年「年齢別データ」となります。

年齢が、若ければ若いほど好走する傾向にあるようです。

競馬というのは、基本的に若い方が有利ですから、
大阪杯も例にもれず、4~6歳までが好走してきているようです。

逆に、高齢馬に位置づけられる7~8歳は、厳しいようですね。

年齢別データのほかに「性別別データ」も、ここで確認させてください。

過去10年間では、牝馬の出走が少なかったため、
そこまで信頼することができるデータではありませんが、
このデータでは、牡馬と牝馬に差はないと見ていいはずです。

過去10年で、牝馬は9頭しか出走がありませんでしたが、
その中で4頭は、しっかりと馬券になっているわけですからね。

所属別データ

最後に、大阪杯過去10年「所属別データ」となります。

栗東所属(関西)馬が、圧倒的な良績を残しています。

過去10年の勝ち馬は、いずれも関西馬でしたし、
馬券になるのも、大半は関西馬となっています。

大阪杯は、関西馬を中心視するべきなのではないでしょうか。

大阪杯 過去データまとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・1番人気、4番人気の好走。オッズ的には1.0~2.9倍
・最内枠(1枠)が不利。過去10年で一度も馬券になっていない
・ある程度の先行力と、そこそこの瞬発力を兼ね添えた馬
・年齢は若ければ若いだけ有利。牡馬と牝馬の差はない
・栗東所属(関西)馬が、圧倒的な結果を残している

以上の、5点があげられるかと思います。

まだ枠順が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、4点に絞られてきます。

となると、過去データ的に有利となるのは、
1.0~2.9倍の4歳関西馬。先行して上りも使える馬。
と、いうことになると思います。

では、この条件に多く当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回はその馬を、過去データからの「推奨馬」として紹介させてもらいます。
また、過去データからは危険だと思われる「危険な有力馬」も発表させてもらいます。
それら二頭は、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

この度「アギョウの競馬予想ブログ 中央競馬プレミアム」というブログを開設しました。
こちらでは、「土、日のおすすめ予想」「最終レース予想」などを、お届けしております。

最終レースは「馬単23980円、ワイド4420円」などの実績、先週は両日的中でした!
おすすめ予想も6戦5的中と、堅実に馬券を取れました!

その他にも「次走の狙い目」や「重賞予想の解説」などのコンテンツを公開しております。
先週は、次走の狙い目で取り上げた馬が、しっかり1着になりました。

ご興味のある方は、こちらからお願いします!

タイトルとURLをコピーしました