【日経賞2018】追い切り診断

競馬予想

今回は日経賞2018追い切り診断となります。

日経賞2018混戦

昨年の菊花賞馬、キセキ。
実力的には、この馬が抜けていると思いますが、
いかんせん休み明け。状態面が不安です。

その対抗として、筆頭なのがトーセンバジル。
キセキが皮膚病を患っていたとはいえ、香港では大きく先着。
始動戦からMデムーロ騎手を配し、今年にかける想いが伝わってきます。

そのほかにも、8戦連続馬券圏内のゼーヴィント。
才能が開花したガンコ。中山巧者サクラアンプルール。
地味でも実力は負けていない、ロードヴァンドールにソールインパクト。

いいメンバーが揃った感じで、個人的には非常に楽しみな一戦です。
このメンバーなら、どの馬が勝ってもおかしくないのではないでしょうか。

そんな話しを過去データ分析などでしてきました。

なので、今回の追い切り診断では、

この混戦ムードの中、抜けてきそうな好調の馬はどの馬なのか。
キセキは大丈夫なのか。追い切りから浮き上がってくる、意外な穴馬をいないのか。

この辺を中心に見ていきたいと思います。

というわけで、日経賞2018追い切り診断に入っていきましょうか。

日経賞2018 追い切り診断

僕の追い切り診断では調教タイムのほかにも、
追い切り診断コメントと追い切りランクを設けています。

追い切りランクはS、A、B、C、Dの5段階評価としています。

しかし、これらはあくまで個人的な見解となりますので、ご参考程度によろしくお願いします。

説明はこれくらいにして、本題へ入っていきましょうか。

日経賞2018 有力5頭

キセキ【
栗東 P 良 3月21日(水)
83.3-67.2-52.7-38.8-11.5
軽快な動きで、リズムのいい脚運び。
休み明け、海外帰りなどを考えれば、上々の仕上がり。
ただ、絶好調ということはなさそうで、出来は7割くらいか。
叩き台としては、及第点の仕上がりでしょう。

トーセンバジル【
栗東 CW 不良 3月21日(水)
84.5-67.5-52.4-37.6-12.1 馬なり
素軽い走りに、直線では緩やかな伸び。
休み明けにしては、よく動けている印象です。
不良馬場なので、あまり参考にはなりませんが、
時計も、前走ぐらいは出ていますしね。
初戦から、キッチリと動けるでしょう。

ゼーヴィント【
美浦 南W 良 3月21日(水)
53.6-38.5-12.0 直線仕掛け
追われてからの反応がよく、鋭い伸びを見せていた。
休み明けでも、しっかり仕上がっている印象です。
過去調教タイムと重ねても、遜色ない仕上がりだと思います。
ここでも、これまで通りの競馬ができるでしょう。

ロードヴァンドール【
栗東 坂路 不良 3月21日(水)
53.5-38.6-25.6-13.1 馬なり
不良馬場を物ともせず、力強い踏み込み。
時計は目立ちませんが、前向きさが感じられました。
前走同様の、好調維持といったところでしょうか。
ここでも、しっかりと力は出せるはずです。

ガンコ【
栗東 坂路 不良 3月21日(水)
54.2-39.3-25.2-12.5 馬なり
スピード、踏み込みともに高水準。
前走から引き続きの、好気配といって良さそう。
前走、前々走のような走りに期待することができそうです。
ここでも、期待が持てるのではないでしょうか。

日経賞2018 全頭

アクションスター【D】
栗東 坂路 不良 3月21日(水)
54.9-40.8-27.4-14.3 馬なり
終いにバテているような仕草。
使い詰めの影響が、多少は出てきているか。
年齢も年齢ですし、上積みもなさそう。
ここでの一変に期待するのは、難しそうです。

アルター【
美浦 南W 良 3月21日(水)
66.3-516-38.9-13.4 馬なり
長期休養明けの割には動けている。
ただ、追っつけれての反応が微妙など、
休み明け特有の、ズブさは見られた。
本領発揮は、一叩きしてからではないでしょうか。

サイモントルナーレ【
美浦 坂路 良 3月21日(水)
57.1-42.0-27.6-13.6 馬なり
あまり、目立たない動きですが、
決して悪い動きではありません。
この馬なりに力は出せる仕上がりだと思います。
ただ、一変に期待するのは厳しいか。

サクラアンプルール【
美浦 坂路 良 3月21日(水)
54.2-39.0-25.6-12.5 やや強め
キビキビとした動きで、元気いっぱい。
ただ、終いの伸びは欠いていたように見えます。
馬なりの併せ馬に、先着を許していたのもいただけません。
前走から良くても、平行線といったところでしょうか。

ショウナンバッハ【
美浦 坂路 良 3月21日(水)
54.1-38.8-25.2-12.4 馬なり
力強い踏み込みで、前向きさが感じられた。
相変わらず、調教では良い動きを見せてくれます。
ただ、近走はこれが結果につながっていません。
状態は悪くないはずですから、あとは展開次第でしょうか。

ソールインパクト【
美浦 南W 良 3月21日(水)
84.0-68.3-53.8-39.7-13.2 馬なり
直線では、ジリジリと伸びていましたし、
追っつけれても、しっかり加速していました。
この馬なりに、動けているといっていいでしょう。
時計的にも、良好な仕上がりが伺えます。

チェスナットコート【
栗東 坂路 不良 3月21日(水)
55.2-41.1-26.7-13.3
不良馬場で、あまり時計は参考にできない。
動きは素軽く、しっかりと走れている。
前走から、好調維持といったところでしょうか。
ここでも、この馬の力は出せると思います。

ナスノセイカン【
美浦 南W 良 3月21日(水)
53.2-38.5-12.9 やや強め
長期休養明けの割には動けている。
追っつけれてからの反応がよく、直線で鋭い伸びを見せていた。
併せ馬に先着していたというのも評価がおける。
時計平凡ですが、初戦から走れる状態だと思います。

ピンポン【
美浦 南W 良 3月21日(水)
68.5-53.9-39.9-12.9 馬なり
スムーズな脚運びが、調子の良さを表している。
この馬なりに悪くない仕上がりで、力は出せそう。
あとは、相手関係がどうかといったところでしょうか。

日経賞2018 追い切り診断まとめ

以上が、日経賞2018追い切り診断でした。

今回の日経賞混戦だと見ていましたが、
追い切り的にも、混戦ムードが漂ってきている感じがします。

注目のキセキは、及第点といった仕上がり。
それに対して、その他の有力は良好な状態といってよさそう。
人気薄の各馬も、しっかりと仕上がっていました。
これは、レースの展開次第では、波乱があってもいいと思います。

というわけで、日経賞2018追い切り診断からは、

最も好仕上がりに見えた馬を「推奨馬」とさせていただきます。
また、推奨馬と合わせて「危険な人気馬」というのも紹介しようと思います。
どちらも、人気ブログランキングの方で公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

この度「アギョウの競馬予想ブログ 中央競馬プレミアム」というブログを開設しました。
こちらでは、「土、日のおすすめ予想」「最終レース予想」などを、お届けしております。

先週の最終レースは「馬単23980円、ワイド4420円」の的中がありました。

その他にも「次走の狙い目」や「今週のイチオシ新馬」などのコンテンツを公開しております。
先週は、イチオシ新馬に指定した馬が1着。しっかり馬券になってくれました!

ご興味のある方は、こちらからお願いします!

タイトルとURLをコピーしました