【ファルコンステークス2018】過去10年間のデータ・傾向

競馬予想

今回はファルコンステークス過去データ分析となります。

今回の出走メンバーを、ざっと見たところ、
ファルコンステークス2018上位拮抗なのではないでしょうか。

朝日杯FSで5着だった、ダノンスマッシュを始めとして、
テンクウ、フロンティア、アサクサゲンキ。2歳時から活躍した馬たちが揃いました。
このレースは、クラッシック戦線には直結するものではありませんが、
それでも、今後の短距離路線を占う上では、欠かせない一戦になると思います。

というわけで、今回のファルコンステークス過去データ分析では、

そんな上位拮抗ムードの中、過去データ的に有利な馬はどの馬なのか。
本当に上位拮抗なのか。過去データから浮き上がってくる、意外な穴馬をいないのか。

そこら辺を、中心に見ていこうかなと思います。

というわけで、ファルコンステークス過去データ分析に入っていきましょうか。

ファルコンステークス 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・斥量・性別。大きく分けてこの4つのデータを見ていこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらが、ファルコンステークス過去10年「人気別データ」となります。

このデータで目につくのは、1~5番人気の好走でしょうか。
過去10年で8勝。単複回収値は100付近を記録していますからね。

また、4番人気の台頭も目立ちます。
1~5番人気ではトップの勝率。単勝回収値は300です。

ファルコンステークス人気決着が目立つレースなのではないでしょうか。

さて、それでは人気別データを、さらに細かく分析していくために、
今度は「単勝オッズ別データ」の方を確認していきましょうか。

単勝オッズ別データでは、7.0~14.9倍までが良い感じですね。
それぞれ複勝率40%をマークしていますし、複勝回収値も100を超えています。

また、3.0~3.9倍にも要注目でしょう。
過去10年で2勝ですが、勝率は40%オーバーです。
複勝率も60%と、文句なしの高水準になっています。

これは、人気決着という傾向にも合致しますし、間違いないデータだと思います。

枠順別データ

こちらは、ファルコンステークス過去10年「枠順別データ」となります。

これは、判断に難しいデータになっていますね…。
色々と迷いましたが、内枠有利なのではないでしょうか。

1~3枠で、過去10年3勝など目立った良績はありませんが、
回収値の方に目を向けると、とても優秀な数値を残しています。

外枠の方が勝ち数は多いですが、
回収値が100を超えているものはありません。
これは、たまたま強い馬が外枠だったというだけだと思います。

逆に、勝ち数が少なくても、
回収値が優秀な内枠は、穴馬がよく来ている。
それは、枠の利があったからなのではないでしょうか。

ファルコンステークスは、内枠有利。
これは、しっかりと覚えておいた方がいいと思います。

脚質別データ

次に、ファルコンステークス過去10年「脚質別データ」となります。

こちらは、差し追い込みが有利といっていいのではないでしょうか。

差し追い込みで、過去10年9勝。
2着8回、3着5回。よく馬券になっていることがわかります。

回収値が冴えないのは、差し追い込みの中には勝負にならない馬、
馬群のスピードにすら、ついていけない馬も含まれるからです。
ですので、回収値の低さには目をつむることができます。

差し追い込みが、有利だということに関して、
もう一つ、ヒントになるのは、過去10年で逃げ馬の馬券圏内なし。
前に行った馬が、いかに厳しい戦いを強いられるかを表しています。

では、この裏付けを取るために、
今度は「上り3ハロン別データ」を見ていきましょう。

やはり、速い上りを使った馬が好走していますね。
上り1~2位の回収値は、文句なしの数字といっていいと思います。
これは差し追い込みが、よく決まるといっていいはず。

上り3位も、勝ちこそありませんが、複勝回収値は100超え。
こちらもまた、差し追い込み有利を証明していくれているでしょう。

ファルコンステークス速い上りを使える差し追い込み馬

脚質別データからは、そんな傾向が見られたのではないでしょうか。

斥量別データ

続いて、ファルコンステークス過去10年「斥量別データ」となります。

このデータを見る限り、しっかりと重い斥量を背負った馬たちも来ています。
ですが、ファルコンステークスの主役は、斥量56キロであることが多いです。

過去10年で9勝。単勝回収値も100を超えています。
実績を残して、55キロ、57キロに見込まれた馬たちを差し置いて、
また、主だった実績のない56キロの馬たちが頑張っています。

クラッシック路線を、すでに手中に入れた実績馬たちは、ここを叩き台に。
また、賞金が足りない馬たちは、ここでなんとしても賞金加算を。

56キロの好走背景には、こういった事情があるのかもしれません。

性別別データ

最後に、ファルコンステークス過去10年「性別別データ」となります。

過去10年では、牡・セ馬有利ということでいいと思います。

過去10年の勝ち馬は、すべて牡・セ馬でした。
さらに、単勝回収値が100を超えていますから、
牡・セ馬だけを買っていれば、儲かっていた計算になります。

これを、牡・セ馬有利と言わずして、なんというのでしょうか。

仕上げとして、最後に「所属別データ」の方を確認していきましょう。

ほぼ、五分五分といったところでしょうか。
ですが、強いて優劣をつけるなら栗東所属(関西)馬に軍配が挙がります。

勝率、連帯率、複勝率。勝ち数なども栗東が上。
すべての数字が、関西馬の活躍を示しています。

ですので、所属別データからは、
多少は、栗東所属馬をプラス評価するべきだと思います。

ファルコンステークス 過去データまとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・1~5番人気の好走。単勝オッズ的には7.0~14.9倍
・内枠有利。内枠がよく穴を開けてくれる
・速い上りを使える、差し追い込み馬
・56キロの馬が、このレースの主役になることが多い
・牡・セ馬有利。所属は栗東に軍配

以上の、5点があげられるかと思います。

まだ枠順が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、4点に絞られてきます。

となると、過去データ的に有利となるのは、
7.0~14.9倍の差し追い込み牡馬。56キロで栗東所属。
と、いうことになると思います。

では、この条件に多く当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回はその馬を、過去データからの「推奨馬」として紹介させてもらいます。
また、過去データからは危険だと思われる「危険な有力馬」も発表させてもらいます。
それら二頭は、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

最後に、この度「アギョウの競馬予想ブログ 中央競馬プレミアム」というブログを開設しました。
こちらでは、「土、日のおすすめ予想」「最終レース予想」などを、お届けしております。

先週は、おすすめ予想が6戦4的中。最終レースは両日的中となりました!

その他にも「次走の狙い目」や「今週のイチオシ新馬」などのコンテンツを公開しております。
先週は、イチオシ新馬に指定した馬が3着。しっかり馬券になってくれました!

ご興味のある方は、こちらからお願いします!

タイトルとURLをコピーしました