【シルクロードステークス2018】予想と馬場読み【最終予想】

競馬予想

今回はシルクロードステークス2018予想となります。

ここまでシルクロードステークス2018に関しては、

人気馬診断
過去データ分析
追い切り診断
枠順見解

と、多くの予想を行ってきました。

しかし、ついに予想は大詰め。
あとは馬場傾向の分析最終予想を残すのみとなりました。
ですので、今回は馬場傾向最終予想という流れで、進めていきますね。

ということで、シルクロードステークス2018予想へと入っていきましょうか。

シルクロードステークス2018 土曜馬場の傾向

今回、馬場傾向を読む上で参考にしたのは、
本日行われました京都6、10Rとなります。

どちらも京都芝1600メートルのレース。
シルクロードステークス2018とは、距離が異なりますが、
まったくの同条件のレースがなかったため、ご了承ください。
比較的、条件の近いこのレースを参考にさせてもらいます。

では、さっそく馬場傾向を探していきましょうか。

まずは、京都6Rから見ていきましょう。

これは4コーナーを周った時の、各馬の位置です。
赤丸が1着、青が2着、緑が3着馬となります。

判断に難しい感じですが、
中団からの台頭が目立っている感じでしょうか。

うーん、いまいちピンときませんね。
これは馬場傾向と呼んでいいものなのか……。

京都6Rからは確固たるものが得られなかったので、
今度は、京都10Rの方を見ていきましょうか。

先ほどの丸印に加えた、ピンクの丸は4着馬です。

前側、中団、後方。内側、真ん中、外側。
1~4着にまとまった傾向はなく、すべてバラバラです。
やっぱり、こっちの場合でも馬場傾向は掴みづらい。

うーん、これはどうしたものか。
馬場傾向はないのか。フラットなのか。

様々な面を考慮して、馬場傾向を探っていたところ……。

ありました。共通点らしきもの。
つまり、土曜の馬場傾向が!

これら二つの画像で注目してもらいたいのは、
京都6Rは3着馬10Rは2着馬になります。

ポジションはさほど一致しませんが、
この馬たちには、とある共通点がありました。

前走、ダートを使っているということです。

だから、何なの?と思われるかもしれませんが、
今の芝はダートのような、力のいる馬場になっている
ということではないでしょうか。

日本列島を襲った強烈な寒気。
これのせいで芝は固くなり、パワーのいる馬場になった。
そう考えれば、これはただの偶然ではないと思います。

6Rの方は、11番人気の超人気薄馬。
10Rは、5番人気の中穴馬でしたからね。

京都の芝はパワーのいる馬場になっている。
土曜の馬場からは、こんな傾向が見られたのではないでしょうか。

シルクロードステークス2018 土曜馬場の傾向まとめ

というわけで、シルクロードステークス2018は、
力のいる馬場傾向の中で行われることがわかりました。

おそらく、バリバリの芝馬が苦戦を強いられるのは必至で、
パワフルな馬の台頭が目立ってくるのではないでしょうか。

とにかく、パワー型の馬

この馬を買うことが、
シルクロードステークス2018的中につながる。

土曜馬場傾向からは、これだけ覚えてもらえばオッケーです。

では、シルクロードステークス2018で、
最もパワーのありそうな馬は、どの馬なのか。

馬場傾向を味方につけた、馬場傾向からの「推奨馬」とはどの馬なのか。
人気ブログランキングにて発表していますので、ご確認くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

というわけで、土曜馬場の分析は、この辺で終わらせてもらいます。

ここからは、シルクロードステークス2018最終予想へとは入っていきたいと思います。

シルクロードステークス2018 最終予想

今回の予想では◎、〇、▲、△、△、★、そして危険な人気馬の7頭を紹介させてもらいます。

人気ブログランキングにて公開中

人気ブログランキングにて公開中

▲ファインニードル

△ダイアナヘイロー

△アットザシーサイド【←追加】

★アレスバローズ

危険→ナックビーナス【←変更】

買い目につきましては、無料メルマガにて配信予定です。
配信日時は、当日の昼頃を予定していますので、よろしくお願いします。

シルクロードステークス2018 アギョウ新聞

最後に、今回の予想をまとめたものをアギョウ新聞として掲載します。
独自アルゴリズムによる算出した能力指数、過去データ値、推定3ハロン、アギョウ指数
これらも掲載していますので、よろしければ予想の参考にどうぞ。


※指数が高い馬が、必ずしも本命というわけではありませんので、ご注意ください。

ここまでご覧になってくださった皆様、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました