【京都金杯2019】過去10年間のデータ・傾向

競馬予想

今回は京都金杯過去データ分析となります。

今週末は京都競馬場にて京都金杯が行われます。皆さん明けましておめでとうございます。2019年も金杯シリーズ、京都金杯からスタートです! 今年はパクスアメリカーナ、サラキア、カツジなど明け4歳に人気が集中しそうな感じですが、2019年も昨年同様に明け4歳世代が競馬界を席巻するのでしょうか。今年の競馬界を占う一戦、そして僕たちの競馬ライフを占う一戦でもあります。中山金杯と合わせて大的中!気持ちよくスタートを切りたいところですよね。というわけで今回は過去データから京都金杯を攻略してやろうと思います。皆さん今年も一発目から大的中といきましょう!

京都金杯 過去データ・傾向

過去10年間のデータから、今回は人気・性別・枠順・脚質の基本データに加えて、前走距離・年齢・所属のデータを見ていくことで今回の京都金杯で高期待値の馬を導き出します。それでは各データの考察に入っていきましょう。

基本データ

まずは基本データから見ていきましょう。ここでは主に過去データ的に買える馬を見ていこうかなと思います。

人気

人気 着別度数
1番人気 2- 2- 1- 5/ 10
2番人気 0- 1- 2- 7/ 10
3番人気 2- 3- 0- 5/ 10
4番人気 1- 1- 0- 8/ 10
5番人気 2- 0- 2- 6/ 10

1~5番人気で過去10年7勝、2着7回、3着5回。約63%の確率で人気サイドの馬が馬券になります。京都金杯は堅い決着になりやすいレースと見ていいのではないでしょうか。ハンデ戦にも関わらず、人気サイドの決着が多いということは、強い馬はハンデに関係なく突っ込んでくるということでしょう。京都金杯はハンデ戦ではありますが、斥量云々と考えるより、まずは能力。能力を重視した予想をするのがいいのではないでしょうか。

性別

性別 着別度数
牡・セン 9- 10- 8-116/143
1- 0- 2- 15/ 18

勝率などの観点から見ると、牡馬と牝馬の差はないと見ていいでしょう。むしろ回収率に目を向けてみると牝馬は複勝回収率100%超えなんですよね。昨年はアーモンドアイが競馬界を席巻したように、牡馬だから買い、牝馬だから消しみたいなのはもう古いのかもしれません。京都金杯は性別による割引は必要ないでしょう。

枠順

枠番 着別度数
1枠 3- 3- 1-12/19
2枠 2- 1- 1-15/19
3枠 1- 3- 3-12/19
4枠 3- 1- 2-14/20
5枠 0- 0- 2-18/20
6枠 1- 0- 0-18/19
7枠 0- 1- 0-21/22
8枠 0- 1- 1-21/23

内枠が圧倒的に有利です。1~4枠の複勝率は5~8枠の複勝率の倍以上あるというのだから驚異的ですよね。京都開催自体は1か月ぶりくらいですが、京都金杯で使うAコースというのは2か月もの期間が開いています。馬場状態は絶好といっていいコンディションで、内を通るメリットというのは絶大なのです。2018年こそブラックムーンの大外一気が決まりましたが、2017年秋というのは台風の影響で、とんでもなく馬場状態が悪化しましたからね。キセキの勝った泥んこの菊花賞を思い出して見てください。そのせいで馬場が回復しきらずに京都金杯を迎えてしまい、外から大外一気が決まったという感じです。今回の京都金杯は、雨の量も標準的でしたし、例年通りの傾向が出てくるはずです。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 2- 0- 1- 7/ 10
先行 3- 2- 4- 28/ 37
中団 3- 4- 4- 55/ 66
後方 2- 4- 1- 41/ 48

内枠有利が顕著なのはわかってもらえたと思いますが、脚質はそこまで大きなバイアスは働いていません。馬場状態が絶好ということで、もちろん逃げ先行馬の好走は目立つのですが、中団もしくは後方からでも問題なく来ていますからね。京都1600外回りで行われる一戦ということで、最後の直線は長め。インを突くことさえできれば後ろからでも届いてしまいます。内枠有利だから、脚質も前に行ける馬から!と勘違いしないように注意してください。

消去法データ

ここからは消去法データ。今回の京都金杯で過去データ的に厳しい馬を見ていこうと思います。

前走距離

前走距離 着別度数
同距離 6- 4- 4- 56/ 70
今回延長 0- 2- 4- 33/ 39
今回短縮 4- 4- 2- 42/ 52

今回距離延長となった馬(キャンベルジュニア、コウエイタケルなど)は過去10年で勝ったことがありません。馬場状態が良好ということで、スピードに長けている短距離馬が活躍しているのかと思いきや、その逆です。これは脚質データのところでも話しましたが、京都金杯は決して前有利ではないということを如実に表しています。あくまでも内枠有利です。それに今の短距離路線はレベルが微妙というのもあると思います。

年齢

年齢 着別度数
4歳 3- 4- 3- 29/ 39
5歳 2- 1- 2- 25/ 30
6歳 5- 3- 1- 33/ 42
7歳 0- 2- 3- 30/ 35
8歳 0- 0- 1- 5/ 6

これは鉄板とも言っていいネタかもしれませんが、7歳以上の馬(グァンチャーレ、ゴールドサーベラスなど)は過去10年で勝ったことがありません。明け7歳でも勝ち切れていないようですので旧6歳、明け7歳の馬の取り扱いには要注意が必要です。今年はそこそこ人気になりそうな馬も、これに該当しているので、有用なデータの一つになってくると思います。

所属

調教師 着別度数
(栗)大久保龍 2- 1- 0- 0/ 3
(栗)角居勝彦 1- 2- 0- 3/ 6
(栗)白井寿昭 1- 0- 1- 3/ 5
(栗)藤岡健一 1- 0- 0- 3/ 4
(栗)西園正都 1- 0- 0- 6/ 7
(栗)西浦勝一 1- 0- 0- 2/ 3
(栗)笹田和秀 1- 0- 0- 1/ 2
(栗)宮本博 1- 0- 0- 1/ 2
(美)上原博之 1- 0- 0- 1/ 2

こちらは過去10年の勝ち馬の調教師一覧です。栗東の調教師の名前がずらりですよね。逆に考えれば美浦所属の馬(ストーミーシー、ロードクエストなど)というのは、苦戦を強いられているようです。京都金杯は年末年始に行われる一戦。皆さんも体感的にわかっていると思いますが、この時期は道路が混んでいますよね。輸送車も少なからずその影響を受けます。何が言いたいのかというと、輸送をするといつも以上に馬に負担がかかるということです。この週の遠征馬は多少の割引が必要なのではないでしょうか。

まとめ

ここまで紹介した基本データと消去法データ。これらを総合してデータ的に最も好走率が高いのはどの馬なのか。

この馬→人気ブログランキングにて公開中

今回の消去法データで残った馬は数多くいますが、人気サイドで決まるということ。そして距離短縮組が悪くないということで、ここはこの馬の一変に期待したいと思います。以前までのこの馬はスローで逃げて、もう一足を使うというパターンが好走するときの感じだったのですが、近走の競馬を見ると行きっぷりがかなり良くなっており、ハイペースで逃げてもいい粘りを見せているんですよね。今ならマイルの方があっているのではないでしょうか。有力どころに中団~後方の馬が多いので、展開にも恵まれると思います。久々のマイルで人気になっていないここで、積極的に狙ってみたいですね。

おすすめ馬以外に消去法データに当てはまらなかった馬
・アサクサゲンキ、アドマイヤアルバ、カツジ、サラキア、スマートオーディン、トゥラベスーラ、パクスアメリカーナ、ヒーズインラブ、ミエノサクシード、リライアブルエース

[st-kaiwa1]最後までお付き合いいただきありがとうございました。ツイッターのフォローもお待ちしています!ツイッター→https://twitter.com/agyo_keiba[/st-kaiwa1]

中山金杯の過去データ分析も行っています。まだ見てないよって方はぜひ!

404 NOT FOUND | アギョウトレセン~アギョウの競馬予想ブログ~
プロ馬券師アギョウの競馬予想ブログ
タイトルとURLをコピーしました