【京王杯スプリングカップ2019】過去データ・傾向

競馬予想

今回は京王杯スプリングカップ予想となります。

京王杯スプリングカップ 予想

今回は過去10年間のデータから人気・年齢・枠順・脚質の基本データに加えて、前走人気・前走距離・前走騎手データを見ていくことで今回の京王杯スプリングカップで高期待値の馬を導き出します。それでは各データの考察に入っていきましょう。

京王杯スプリングカップ 基本データ

まずは基本データから見ていきましょう。ここでは主に過去データ的に買える馬を見ていこうかなと思います。

人気

人気 着別度数
1番人気 1- 0- 0- 9/ 10
2番人気 1- 2- 4- 3/ 10
3番人気 1- 2- 1- 6/ 10
4番人気 3- 0- 1- 6/ 10
5番人気 1- 2- 0- 7/ 10

1~5番人気で過去10年7勝。一見すると人気サイドで決まっているように見えますが、1番人気の複勝率10%というのはいただけません。ここは能力というよりも何らかのバイアスが強く働いていると考えるのが妥当だと思います。ここは荒れる余地が十分にあると見ていいでしょう。ただ、1~5番人気で過去10年7勝ということから分かるように、大荒れというよりは、中穴が頑張るレース。あくまで1番人気が信頼できないレースということです。じゃあなんで1番人気が駄目なの? 何らかのバイアスって何なのという話しはこの後にしていきます。ここでは1番人気が信頼できないよということでお願いします。

年齢

年齢 着別度数
4歳 2- 0- 4- 40/ 46
5歳 5- 2- 4- 33/ 44
6歳 1- 4- 2- 38/ 45
7歳 1- 3- 0- 14/ 18
8歳 1- 1- 0- 9/ 11

これが荒れる原因、その一でしょうね。普通の芝重賞であれば4歳が有利で、8歳が苦戦みたい感じなのですが、この京王杯スプリングカップはそんなことはありません。どの年齢でも平均的に来ています。むしろ4歳が苦戦しているまであります。これは1400メートルという絶妙な距離が関係しているのだと思います。キャリアの浅い4歳で、非根幹距離である1400メートルの経験が豊富だよなんて馬はいません。ここでは1400メートルへの適正。年齢に関係なく1400メートル巧者というのが活躍するのです。

性別

性別 着別度数
牡・セン 9- 10- 10-122/151
1- 0- 0- 13/ 14

サンプル数こそ少ないものの、牝馬も問題なく馬券になることができています。性別による優劣はつけなくても大丈夫なのではないでしょうか。翌日にヴィクトリアマイルがあるにも関わらず、あえてここを使ってくるような馬は1400メートル巧者であることが多いんですよね。性別はこのレースに与える影響は少ないと思うので、あんまり気にしてなくていいでしょう。

枠順

枠番 着別度数
1枠 0- 1- 2-14/17
2枠 0- 1- 2-16/19
3枠 2- 1- 1-15/19
4枠 0- 0- 3-17/20
5枠 2- 1- 0-17/20
6枠 2- 2- 1-15/20
7枠 4- 2- 1-17/24
8枠 0- 2- 0-24/26

これは内枠不利といっていいのではないでしょうか。例年、今週から東京競馬場はBコース替わりとなるのですが、そのおかげで基本的には内側の馬場が良好です。しかし、それはどの騎手も分かっているので、内側の馬が殺到することになります。その結果として本来は馬場的に不利なはずの、外枠からスムーズに回ってきた馬の台頭というのが目立つんですよね。先週のNHKマイルと同じ感じです。内側の枠順を引いてしまった実力馬が、ごちゃついた直線のせいで能力を出し切ることができずに終了。これが京王杯スプリングカップが荒れる要因の一つだと思っています。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 0- 1- 2- 7/ 10
先行 2- 2- 1- 32/ 37
中団 6- 4- 4- 55/ 69
後方 2- 3- 3- 41/ 49

過去10年で逃げ馬が勝ったことがありません。さらに近5年で見てみると4角先頭馬の馬券絡みというのがないという有様です。1400メートルは短距離にカテゴリーされるレースですが、直線の長い東京1400メートルで逃げ切るのは至難の業です。1400メートルという短い距離でも、東京競馬場のセオリー通りに速い上りを使えそうな馬を重視するのがいいと思います。

[st-kaiwa1]消去法データやデータ推奨馬は中央競馬プレミアムで公開します。続きが気になる方はぜひ![/st-kaiwa1]

血統傾向についても、こちらで記事にしましたのでぜひご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました