【フローラステークス2019】過去データ・傾向

競馬予想

今回はフローラステークス過去データ分析となります。

フローラステークス 過去データ

今回は過去10年間のデータから人気・枠順・脚質の基本データに加えて、前走クラス・前走人気・前走着順・キャリア・前走騎手データを見ていくことで今回のフローラステークスで高期待値の馬を導き出します。それでは各データの考察に入っていきましょう。

フローラステークス 基本データ

まずは基本データから見ていきましょう。ここでは主に過去データ的に買える馬を見ていこうかなと思います。

人気

人気 着別度数
1番人気 4- 1- 0- 5/ 10
2番人気 2- 3- 2- 3/ 10
3番人気 1- 1- 2- 6/ 10
4番人気 1- 1- 1- 7/ 10
5番人気 0- 0- 1- 9/ 10

1~5番人気で過去10年8勝。この時期の世代重賞らしく堅い決着が目立ちます。ここでも人気になるような素質上位の馬が順当に結果を残しているという感じですね。これまでの世代牝馬重賞で最長となる2000メートルの一戦ということで、マイルなどをスピードと持続力だけでなんとか誤魔化していた馬でも、この2000メートルという距離の前では、アッサリ負けてしまいます。スタミナやパワーなどはもちろん、東京競馬場での一戦ということで高いレベルでの瞬発力も要求されるのです。ここでは上位人気に支持されるような素質馬を狙うべきでしょう。

枠順

枠番 着別度数
1枠 2- 1- 1-16/20
2枠 1- 0- 0-19/20
3枠 2- 3- 4-10/19
4枠 1- 1- 0-18/20
5枠 0- 2- 0-18/20
6枠 1- 2- 0-17/20
7枠 0- 0- 3-23/26
8枠 3- 1- 2-22/28

これは内枠有利と見ていいのではないでしょうか。フローラステークスが行われる週は開幕週。内を通るメリットは大きいのではないでしょうか。過去5年で見てみると馬番1~5番が4勝、7番以内で7連対ということですから、近年は特に内枠有利が顕著となっています。綺麗な馬場を作る技術が年々進み、時計の高速化というのが進んでいます。アーモンドアイの超レコードなんかは近代の日本の馬場育成技術を高さを証明した一戦だったと思います。もっと最近では高松宮記念でしょうか。スタートした瞬間から0.1秒ぐらいは損している外枠というのは、進みすぎた今の馬場育成技術の中では大きな不利となってしまいます。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 0- 1- 0- 9/ 10
先行 3- 5- 5- 20/ 33
中団 4- 4- 5- 64/ 77
後方 3- 0- 0- 50/ 53

フローラステークスはこれまでの世代牝馬重賞では最長距離。どの馬もそろりそろりというレース運びになり、スローペースになることは必至です。近5年では前後半3ハロンの平均は36.7秒-35.0秒という感じになっています。じゃあ前有利かと言われればそうではなく、東京競馬場の特有のスローからの瞬発力勝負となります。後方からでも速い上りさえ使えば問題なく馬券になってくれます。昨年や一昨年は前で粘る先行馬たちをギリギリのところで、速い上りを使った差し馬が差し切るというレースになっています。ここでは基本的には前に行ける馬を重視しつつも、中心視するべきはメンバーの中で最も速い上りが使えそうな馬といったところでしょうか

[st-kaiwa1]消去法データやデータ推奨馬は中央競馬プレミアムで公開します。続きが気になる方はぜひ![/st-kaiwa1]

タイトルとURLをコピーしました