【アルテミスステークス2018】予想と追い切り診断

競馬予想

今回はアルミテスステークス予想追い切り診断となります。

阪神ジュベナイルフィリーズの前哨戦として位置づけられるアルテミスステークスが今週末に行われます。昨年のラッキーライラックなどを始めとして、ここをステップに勝ち上がった馬は翌年のクラシック戦線でも主役級の活躍を見せてくれます。今年の主役候補として挙げられるのが、まずエールヴォア。前走の勝ち時計が素晴らしく、今も活躍しているリスグラシューぐらいの水準にある勝ち時計を叩き出しました。前走をフロック視する声もチラホラ聞こえてきますが、これは本物なのか。次点で挙げられるのがグレイシア。全2走の勝ちっぷりがいずれも鮮烈。ただならぬ素質を感じさせる当馬ですが、こちらが本物なのか。果たして来年のクラシックを賑わせてくれる本物の素質馬をどの馬なのか。今からとても楽しみな一戦です!というわけでアルミテスステークス予想追い切り診断に入っていきましょうか。

アルミテスステークス2018 追い切り診断

僕の追い切り診断では調教タイムのほかにも、追い切り診断コメントと追い切りランクを設けています。追い切りランクはS、A、B、C、Dの5段階評価としています。しかし、これらはあくまで個人的な見解となりますので、ご参考程度によろしくお願いします。さて説明はこれくらいにして、本題へ入っていきましょうか。

アルテミスステークス2018 有力馬

グレイシア
美浦 南W 稍重 10月24日(水)
54.6-39.5-12.7 馬なり
最終と中間を合わせて2本のみの追い切り。一週間前追い切りも行っておらず大丈夫なの?と思われる方もいるかもしれませんが、前走もこれで結果を出していた。今回もノーザンファーム天栄帰りということで外厩仕上げでしょうね。動きに素軽さもありましたし心配は必要ないでしょう。前走から引き続きの好調キープといった感じでいいと思います。ただあくまで好調キープ。前走からの大幅な上積みに期待するのは厳しそうで、前走同様でどこまでやれるかといった感じ。

エールヴォア
栗東 CW 良 10月24日(水)
82.6-64.7-49.5-36.5-12.1 馬なり
こちらは使う度に馬が良くなっている印象。新馬戦→未勝利戦のパフォーマンスの上げ方にも驚きましたが、高パフォーマンスを発揮した前走よりもさらに良くなっているように、追い切りからは見えました。ただ気になるのは調教過程です。一週前追い切りを金曜に行い、火曜に時計を出して、水曜に最終追い切り。急仕上げではないかなと思います。こちらは外厩仕上げというわけではないですし、なぜこんな調教過程なのか疑問ですね。輸送を見据えてにしても良いとは言えないと思います。馬自体の時計や動きに文句はありませんが、陣営の調教意図がわかりません。

ミディオーサ
美浦 南W 稍重 10月24日(水)
54.1-38.7-12.9 強め
併せ馬に最先着こそしましたが、動きがまだまだ幼い。他の有力馬と比べてしまうと発展途上な感じが否めませんね。最終追い切りではモレイラ騎手が騎乗していたのですが、モレイラ騎手が追っつけに追っつけてようやく併せ馬に最先着という感じでした。騎手が騎乗したにも関わらず時計も詰めてきませんでしたし、追い切りからは微妙と言わざるを得ませんね。当日はモレイラ人気するのでしょうが、このメンバーでは厳しそうだなというのが個人的な見解です。

シェーングランツ
美浦 南W 稍重 10月24日(水)
52.9-38.8-12.8 馬なり
乗り込み量が豊富。かなり熱心に乗り込まれている印象です。馬なりオンリーの調教で藤沢厩舎らしい調教ですね。前走、前々走が北海道だったので調教比較が難しいところですが、好調キープではないでしょうか。ここでも前走ぐらいの力は出してくれると思います。ただこの馬の追い切りを見た感じでは、そこまで切れる脚はないと思いました。ジリジリと伸びてくるいかにもB級ディープという感じの走りでした。近2走は北海道の競馬でしたが、東京に代わってどうかという部分はありますね。

ビーチサンバ
栗東 坂路 良 10月24日(水)
56.1-41.2-27.0-12.8 終いやや強め
追われてからの反応はまずまず。この時期の2歳馬としては及第点の水準にはあると思います。前走の最終追い切りが芝だったことを考えると、今回の方がしっかり作られている印象です。時計や動きなどを見ると前走以上が確実かなと思います。この馬の全兄であるフサイチリシャールは早熟傾向にあった馬ですし、ここでの好走は十分にあり得ると思います。前走で切れる脚があるところも見せてくれましたし、ここでは相手関係一つかなと思います。

以上が、アルテミスステークスの追い切り診断でした。

追い切りで一番よく見えた好調馬を今回の推奨馬とさせてもらいます。

推奨馬はこちら→人気ブログランキング

というわけで、ここからはアルテミスステークスの予想に入っていきましょうか。

アルテミスステークス2018 予想

今回の予想では◎~◯のみの、ご紹介とさせてもらいます。

人気ブログランキングにて公開中
前走は中山での好走でしたが、やはりこの馬のベストは左回りの広いコース。新潟での新馬戦でのパフォーマンスが素晴らしく、2着馬に1秒以上の圧勝でした。新馬戦3着馬が500万条件でも3着、4着も500万条件3着とレベルは決して低くなかったと思います。中山の前走は出遅れたこともそうですが、右回りやゴール前の急坂のせいでパフォーマンスを少し下げたと見ています。東京1600メートルというのはベストなはずですし、スタートだけポンと出てくれれば大丈夫かなと思います。過去データ、追い切りともに問題ありませんしね。

◯ビーチサンバ
追い切りから前走以上の気配が伺えましたし、前走の末脚を見ると東京コースも歓迎のはず。早熟血統で完成度も申し分ないですし、輸送さえクリアできれば台頭の余地も十分にあるでしょう。あまり揉まれる心配のない外枠というのも魅力です。

その他の印馬や馬キャラ、予想に使っている指数などは中央競馬プレミアムにて公開中です。こちらの中央競馬プレミアムでは、アルテミスステークスの外厩情報を無料で公開しているので下記のボタンからぜひご一読くださいませ。

また、アルテミスステークスは過去データ分析も行っています。ご覧になっていないようならぜひ!

404 NOT FOUND | アギョウトレセン~アギョウの競馬予想ブログ~
プロ馬券師アギョウの競馬予想ブログ
タイトルとURLをコピーしました