【青葉賞2019】過去データ・傾向

競馬予想

今回は青葉賞過去データ分析となります。

青葉賞 過去データ分析

今回は過去10年間のデータから人気・枠順・脚質の基本データに加えて、前走人気・前走上り・キャリア・種牡馬データを見ていくことで今回の天皇賞春で高期待値の馬を導き出します。それでは各データの考察に入っていきましょう。

青葉賞 基本データ

まずは基本データから見ていきましょう。ここでは主に過去データ的に買える馬を見ていこうかなと思います。

人気

人気 着別度数
1番人気 5- 1- 3- 1/ 10
2番人気 0- 1- 1- 8/ 10
3番人気 0- 0- 1- 9/ 10
4番人気 1- 3- 1- 5/ 10
5番人気 0- 1- 1- 8/ 10

1番人気が過去10年5勝、複勝率90%と圧倒的な数字を残しています。この青葉賞はダービーと同舞台で行われる一戦。日本で最も紛れの少ないコースと言っても過言ではなく、たとえスローペースでも長い直線を使って、速い上りさえ使えれば差し馬も十分に間に合う舞台設定となっています。スピード、パワー、スタミナ、瞬発力、持続力。どれが欠けても勝つことができない、馬の競争能力が反映されるコースなのです。1番人気が強いのは当然といえば当然なのかもしれません。ただ、2番人気や3番人気は苦戦しており、これまで短い距離でだましだましにやってきた実績馬が、ここに来て化けの皮が剥がれるような感じになるのだと思います。

枠順

枠番 着別度数
1枠 1- 2- 0-15/18
2枠 1- 2- 0-15/18
3枠 1- 1- 1-15/18
4枠 2- 1- 1-15/19
5枠 2- 0- 4-14/20
6枠 1- 2- 0-17/20
7枠 1- 2- 1-23/27
8枠 1- 0- 3-24/28

これは大きな枠順傾向はないと見ていいでしょう。1~8枠、すべてにおいて勝利があるレースというのも珍しいくらいです。先程も言ったように東京2400メートルは日本一紛れが少ないと言っても過言ではないコース。枠順云々というよりも、馬の能力を素直に評価するべきでしょう。内枠だから~外枠だから~というのは、あまり考える必要はありません。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 0- 1- 0- 9/ 10
先行 1- 2- 0- 28/ 31
中団 6- 5- 9- 57/ 77
後方 2- 2- 1- 43/ 48
マクリ 1- 0- 0- 1/ 2

近5年の前後半3ハロンの平均は35.9秒-34.9秒。この距離が初となる馬が大半ですから、どの馬もそろりそろりといった競馬になります。ダービーへの前哨戦としての意味合いも強く、ペースは速くなりようがありません。今年もスローペースを想定した予想が基本となるでしょう。しかしその割には逃げ切り勝ちというのはなく、差し馬の台頭が目立ちます。やはり東京2400メートルということは展開による紛れが起きづらいという考えでいいでしょうね。もちろん能力上位であれば前残りも可能ですが、基本的には速い上りを使える馬というのを重視するべきだと思います。

[st-kaiwa1]消去法データやデータ推奨馬は中央競馬プレミアムで公開します。続きが気になる方はぜひ![/st-kaiwa1]

血統傾向についても、こちらで記事にしましたのでぜひご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました