【愛知杯2019】予想と追い切り診断

競馬予想

今回は愛知杯予想となります。

今週末は中京競馬場にて愛知杯が行われます。前評判段階での1番人気はノームコア。この馬は2走前に見せた勝ちっぷりが素晴らしく、春クラシックで活躍していたマウレア、ここにも出てくるランドネを突き放しての快勝でした。前走こそあまり良いところがありませんでしたが、+10キロの馬体重を考えれば太目残りの調整ミスだったという可能性もあります。今回もルメール騎手を配してきましたし、ここも勝負気配は高いと見ていいはず。対抗筆頭がレッドジェノヴァ。長らく条件で苦しんできた当馬ですが、オープンに上がってもその実力は通用するぞというところを前走、前々走で見せてくれました。前走でノームコア、前々走でシュヴァルグランを倒してきた実績もあります。こちらもMデムーロ騎手を配してきて、初の重賞制覇を狙っているのではないでしょうか。デムルメ対決が濃厚な一戦ではありますが、愛知杯はハンデ戦。何が起きるか分かりません。さあ今年初の古馬の牝馬限定重賞を制するのはどの馬なのか。今から非常に楽しみですね!というわけで愛知杯予想となります。

愛知杯 予想

枠順の確認→過去データ分析→追い切り診断→そして最終予想という流れで、今回の愛知杯を見ていきますね。

枠順

まずは、愛知杯の枠順を見てきましょうか。

 1- 1レッドジェノヴァ
 2- 2レイホーロマンス
 3- 3ティーエスクライ
 3- 4コルコバード
 4- 5ワンブレスアウェイ
 4- 6レイズアベール
 5- 7スカーレットカラー
 5- 8ランドネ
 6- 9ウラヌスチャーム
 6-10ヤマニンエルフィン
 7-11ノームコア
 7-12エテルナミノル
 8-13ウスベニノキミ
 8-14キンショーユキヒメ

有力馬は1枠1番レッドジェノヴァ、6枠9番ウラヌスチャーム、7枠11番ノームコアといったところ。有力馬は内と外に綺麗に分かれるような形になりましたね。愛知杯大きな枠順傾向はないと見ているだけに、これはどうでしょうか。

枠番 着別度数
1枠 0- 1- 1- 9/11
2枠 1- 0- 0-11/12
3枠 1- 1- 0-10/12
4枠 0- 2- 2- 8/12
5枠 1- 0- 0-11/12
6枠 2- 0- 0-10/12
7枠 1- 1- 1-14/17
8枠 0- 1- 2-14/17

次の項では枠順データの他にも、愛知杯の過去データを見ていこうかなと思います。

過去データ

今回の過去データ分析では、過去10年から要注目のデータをいくつか参照しておきます。

人気

人気 着別度数
1番人気 2- 0- 1- 3/ 6
2番人気 0- 1- 1- 4/ 6
3番人気 0- 0- 0- 6/ 6
4番人気 0- 0- 1- 5/ 6
5番人気 0- 1- 0- 5/ 6

1~5番人気で過去6年2勝。勝ち馬の半分以上は6番人気以降の馬であることを考えると、愛知杯は波乱の余地もあるレースだと思います。能力比較の難しい牝馬限定戦の上に、ハンデ戦。荒れる要素がたっぷり詰めこまれたレースなのです。近3年では3連単10万越えが連続しているような有様です。今年も難解なメンバーが揃っただけに、ここも波乱の決着に要注意という感じですかね。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 1- 0- 0- 6/ 7
先行 1- 2- 2- 15/ 20
中団 1- 4- 3- 43/ 51
後方 3- 0- 1- 23/ 27

これはハッキリとした傾向が出ていますね。後方からの馬の過去6年3勝、中団の2着4回。後ろからの馬たちが良績を残しています。向こう正面の上り坂などもあって、スローペースになりやすい傾向にあるのですが、それでも差し・追い込み有利となっています。たとえスローペースになったとしても、最後の長い直線で速い上りさえ使えれば、十分に届いてしまいます。愛知杯では速い上りを使えそうな差し・追い込み馬を買うというのが、一つのポイントになってくるでしょう。

斥量

前走斤量 着別度数
増減無し 2- 2- 3- 23/ 30
今回増 0- 0- 1- 11/ 12
今回減 4- 4- 2- 53/ 63

愛知杯はハンデ戦ということで、斥量データを見ていこうと思います。今回斥量増となった馬は過去6年で連帯したことがありません。やはり普通に考えて斥量が重くなった馬というのは好走率が下がってしまいますよね。ここでは前走から増減なしもしくは今回減った馬というのを重視するべきでしょう。

追い切り診断

僕の追い切り診断では調教タイムのほかにも、追い切り診断コメントと追い切りランクを設けています。追い切りランクはS、A、B、C、Dの5段階評価としています。しかし、これらはあくまで個人的な見解となりますので、ご参考程度によろしくお願いします。さて説明はこれくらいにして、本題へ入っていきましょうか。

有力馬

ノームコア【
美浦 南W 良
計測不能 終い強め
火曜日の追い切りだったということで時計がありません。時計が計測不能だったのでハッキリとした調教比較ではできないのですが、調教過程の話しを少ししておきましょうか。コースオンリーという調整はいつものことなのですが、半マイル追いオンリーというのは始めてのこと。エリ女の時は1週前に、紫苑Sの時は2週前に長めの距離で追われています。デビューからここまで半マイルオンリーというのはありませんでした。これがどう出るかといったところでしょうか。ちなみに火曜日に最終追い切りを行うというのは、紫苑ステークスと同じなので大丈夫でしょう。心配材料は半マイル追いだけですかね。

レッドジェノヴァ【
美浦 坂路 良 1月23日(水)
53.4-39.4-26.1-12.6 終い強め
前走、前々走は栗東での調整だったので比較不可能。その前は北海道での調整ですし、正確に比較できるのは6走前になってしまいます。その時との比較では時計面の大きく変わりないかなと。馬が成長しているとか、その時と比べて良いとは思いませんでした。6走前と同じくらいといったところでしょうか。ただ気になるのは最終が坂路追いということ。栗東、北海道などの違いはあれど、近8走はすべて最終コース追いだったんですよね。それでしっかり結果を残していただけに、今回わざわざ最終坂路追いに切り替えてきたというのは嫌ですよね。まだ万全とは言えない状態なのではないでしょうか。

ウラヌスチャーム【
美浦 南W 良 1月23日(水)
86.0-70.6-55.4-40.9-13.2 終い強め
中2週で2本の追い切り。順調に来ていると見ていいでしょう。時計、動きともに悪くありません。前走は最終追い切りをダートコースで行ったことで、レース当日は馬体重+10キロでやや太目でした。今回はしっかりコースで追っていますから、前走からの上積みがあってもいいのではないでしょうか。

最終予想

今回の予想では◎のみの、ご紹介とさせてもらいます。

人気ブログランキングにて公開中
難解なレースですが、ここはこの馬から入ってみようと思います。先週の日曜に行われた金山特別。こちらを見てみると例年より速めの時計が出ています。土曜の庄内川特別も例年より速い時計で決着していますから、今の中京競馬場は冬場でもソコソコ時計の出る馬場だと思います。レッドジェノヴァは時計に限界がありそうなタイプ。ノームコアは紫苑ステークスの内容が強すぎるので中山巧者の節があります。そこでここは速い上りが使え、時計対応の不安がないこの馬から。昨年の春からこの馬は馬が変わったかのように強い内容が続いています。3走前こそ馬券を外していますが、イン前の決着の中で大外一気。僕は着順以上に強い内容だったかなと思います。東京や新潟での実績もあることから中京も問題ないでしょう。僕はこの馬が最も信頼がおけるのではないかと思いますね。

その他の印馬や展開予想図、予想に使っている指数などは中央競馬プレミアムにて公開中です。こちらの中央競馬プレミアムでは、平場のオススメ予想や最終レースの予想も公開しているので下記のボタンからぜひご一読くださいませ。

タイトルとURLをコピーしました