【有馬記念2017】キタサンブラックの弱点を教えます

*

【有馬記念2017】キタサンブラックの弱点を教えます

今回は有馬記念2017の予想記事となります。

今回の有馬記念2017が引退レースとなるキタサンブラック。
G1を6勝の実績は間違いなく、現役最強馬を示すものでしょう。

しかし、そんなキタサンブラックにも弱点というものは存在するのです。

そして、今回の有馬記念2017はキタサンブラックの弱点が露呈する結果となるでしょう。
なぜなら、キタサンブラックの弱点となる条件にぴったりと当てはまってしまうからです。

当日、1番人気で推されるであろうキタサンブラック。
何も考えず、弱点も知らず、有馬記念2017でキタサンブラックを買うのは馬鹿のすることです。
弱点をしっかりと知った上で、それでも買うならば止めはしません。養分になってください。

少々、挑発的な文面になってしまいました。

ただ、僕に悪気はありません。
僕はみなさんに有馬記念で勝ってもらいたいだけです。
だから、キタサンブラックを買うことに対して、警報を鳴らせてもらっただけです。

さて、そろそろ本題に入っていきましょうか。
今回はキタサンブラックの弱点を、みなさんにお届けしようと思います。

スポンサーリンク

 

キタサンブラックは内枠専用機?

まずは分かりやすそうな枠順から。

これはキタサンブラックの枠ごとの成績です。

良績が内枠が集中していることがわかりますよね。
内枠であれば、あるほどいい成績を残しています。
ですが、外枠でのデータが少なすぎるので、これはあまりアテにならないのではないでしょうか。

むしろ、キタサンブラックの自在脚質を考えると、外枠は苦手にしているとは考えづらいです。
もちろん内枠がいいに越したことはありませんが、外枠でも問題ないではないかと思っています。

では、外枠での凡走は理由とは何なのか。

それを次項からお教えしたいと思います。

スポンサーリンク

 

キタサンブラックの弱点① 休み明け3戦目以降

僕がキタサンブラックの弱点だと考えているのは、休み明け3戦目以降です。

こちらがキタサンブラックが敗れた全レースと、その時が休み明け何戦目だったかを示したものです。

産経大阪杯、ジャパンカップを除くと、すべて休み明け3戦目以降に敗れています
産経大阪杯は勝ち馬がアンビシャスと強かったですし、それでもクビ差まで迫ったということですから、度外視。
ジャパンカップはご存知の通り、前走が極悪馬場での競馬でしたし、落鉄もしていました。これも度外視でいいはずです。

さらに強烈的なのは、休み明け3戦目以降で勝ったのは1度だけということです。
その一度も、3歳時のスプリングステークスで、メンツ的にもあまりレベルは高くありませんでした。

これは最強馬キタサンブラックも疲労には勝てないということなのではないでしょうか。

 

キタサンブラックの弱点② 坂のあるコース

坂のないコースでの競馬は少ないですが、差は一目瞭然ではないでしょうか。

キタサンブラックは坂のあるコースを苦手としている

毎年、キタサンブラックが宝塚記念や有馬記念を苦戦しているのは偶然ではないんです。
キタサンブラックは坂のあるコースを苦手にしているから、この二つのレースでは勝ちきれないのです。

さらに注目するべきは、キタサンブラックが古馬になった2016年以降の成績です。
2016年以降、坂のあるコースで勝ったのは3度だけ
勝率は42%と現役最強馬にしては、いまいち物足りない数字です。

3歳時は、その若さで坂を駆け上がっていたが、古馬になってからは苦しくなった。
そう考えると古馬になってから、成績が落ちたのも納得できますね。

スポンサーリンク

 

結論

ここまでキタサンブラックの弱点を上げてきました。

ダービーと宝塚記念2017での凡走は、これらの弱点から出てきてしまった結果だと思います。

ここで思い出してください。

今回の有馬記念2017は休み明け3走目で、坂のあるコースで行われます。

さらに今回の場合は、前走が落鉄しながらの奮闘。前々走は極悪馬場での激闘。
いつも以上に、疲労は溜まっているはずです。
これはダービー15着や宝塚記念9着のような大崩れも十分にあり得るでしょうね。

あなたはこれでも買いたいを思うでしょうか。
人気薄ならまだしも、当日は単勝1倍台にもなり得るキタサンブラックを。

僕は買いたいとは思いません。それでも買うのは馬鹿だとさえ思います

さて、あなたはどうしますか。
これらの弱点を考慮して、キタサンブラックの取捨をしてみてください。

 

最後に
この記事がいいと思ったら、人気ブログランキングで応援してください。
この記事は少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っていますので。クリックしてもらえると助かります。

フォローよろしく!

   
【飛燕賞】2月18日の地方競馬予想【桂浜花海道特別】

今回は飛燕賞、桂浜花海道特別を始めとした地方競馬予想となります。

【大和S】日曜のおすすめ予想【ヒヤシンスS】

今回は大和ステークス、ヒヤシンスステークスを始めとした日曜日のおすすめ

【小倉大賞典2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は小倉大賞典2018の予想となります。 ここまで小倉大賞典2

【フェブラリーS2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回はフェブラリーステークス2018の予想となります。 ここまで

【フェブラリーステークス2018】予想と枠順見解

今回はフェブラリーステークス2018の予想となります。 フェブラ

→もっと見る

  • スポンサーリンク