【阪神カップ2017】予想オッズと有力馬診断

*

【阪神カップ2017】予想オッズと有力馬診断

今回は阪神カップ2017の予想記事となります。

阪神カップは1年に1度の大祭り、有馬記念の前日に行われます。
そのせいかイマイチ印象に欠けますが、個人的には有馬記念にも負けない好メンバーが揃ったと思います。

長年にわたって、短距離路線を賑わせてくれたイスラボニータ。
3歳牡馬ペルシアンナイトとともに、一線級の古馬と互角に渡り合ったサングレーザー。
突如として現れた短距離界の新星、モズアスコット。
今年の桜花賞馬、短距離なら古馬にも負けないレーヌミノル。

これは短距離の有馬記念といっても、過言ではないのではないでしょうか。

さて、古豪イスラボニータと3歳馬という対立図になりそうですが、どうなのでしょうか。
では、そこら辺を見ていきましょうか。

スポンサーリンク

 

阪神カップ2017 予想オッズ

こちらが阪神カップ2017の予想オッズと出走予定馬です。

現状ではイスラボニータが一番人気という予想オッズになりますね。
それに勢いのあるサングレーザー、モズアスコット、レーヌミノルが続くという感じです。
予想オッズが示す通り、この4頭の実力が抜けているかなと思います。
この4頭なら誰が勝ってもおかしくないと思っており、上位拮抗なのではないでしょうか。

では、その実力拮抗の中から、どの馬に1番チャンスがありそうか。
そこら辺を有力馬診断として、見ていきましょうか。

スポンサーリンク

 

阪神カップ2017 有力馬診断(5頭)

・イスラボニータ

言わずとしれた短距離界の古豪です。
2歳時から今までずっと一線級で戦ってきたわけですから、競馬界への貢献度は計り知れません。
そんな馬なのですが、このレースを最後に引退するそうです。なんだか感慨深いですね。
ここで有終の美を飾れるかどうかですが、前走の走りをみると、どうかなと思ってしまいます。
前走は絶好のポジションにいながら、伸びあぐねていたわけですからね。年齢よる劣化は多少なりともあると思います。
実力実績ともに申し分ない馬ですが、勢いのある3歳馬
相手では、厳しいのではないでしょうか。

・サングレーザー

今年の春先から馬券圏内を死守しているわけですから、この馬の実力は間違いないでしょう。
前走は展開が向いたといえ、G1級の古馬相手によく追い込んできていました。
個人的に1600mよりも1400mの方が向いていると考えており、前走からの距離短縮はプラスのはず。
ただ、春先からずっと使い詰めで、どれくらいの余力があるのかは気になるところでしょう。
前走がG1で、前々走が極悪馬場での競馬というのも、馬には堪えるはずです。
僕は中心視するつもりはありませんが、軽視するのは危険だと思っています。

・モズアスコット

元々は1800mや2000mを使っていた馬だったのですが、短距離路線に変更して、一気に才能が開花しました。
というのも、この馬は新馬戦でも1番人気に推されるような、素質の評価された期待馬だったのですが、気性に難あり。
レース中に集中力を欠き、レースをやめてしまうシーンもあるほどでした。
しかし、距離を短縮して、集中力が続くようになると、本来持っていた能力を爆発。
あれよあれよ4連勝で、一気にここまで勝ち上がってきました。
前走の楽勝ぶりを見ていると、ここでも十分すぎる能力を持っていると思います。
これまでのレースから、1400mがベストだとみていますし、当然ここでも買ってみたいと思っている馬です。

・レーヌミノル

桜花賞を勝った後、3歳牝馬のクラシック路線を進んでいましたが、この馬の適距離はマイルぐらい。
当然、1400mは守備範囲内だと思いますし、ソウルスターリングを下していますから、能力も申し分ありません。
ただ、この馬は馬場が渋ったときに、パフォーマンスを上げる傾向にあるのではとみています。
天候に恵まれれば、もちろん問題ないですが、良馬場だった時にどうなのでしょうか。
それでも前走は差し展開の中、よく粘っていましたし、当然この馬にもチャンスはあるとみています。

・ダンスディレクター

予想オッズでは5番人気に推されていますが、ここではどうか。
上位4頭の壁が厚く、近走の成績を見ていると、厳しい戦いになりそうです。
年齢も7歳と成長も期待できないでしょうし、4強の牙城を崩すことは難しいでしょう。

 

まとめ

以上が、阪神カップ2017の予想オッズと有力馬診断でした。

4強ムードが漂う阪神カップ。個人的には有馬記念よりも激戦なるのではないかとみています。
今でもどの馬が勝ってもおかしくないとみていますし、他馬が4強に割り込むのは難しいと思います。

そこで、今回は4強の中でどの馬に一番チャンスがありそうかということでしたが、

僕の中では一択でしたね

では、僕が4強の中から選んだ、迷いのない一択とはどの馬だったのか。

それは…この馬です!→人気ブログランキングにて公開中

ここ最近の競馬パフォーマンスを見ていると、ここでも即通用の逸材でしょう。
個人的には芝1400mにおいては、今の競馬界の中でも最強クラスのレベルにあると思います。
今回は騎手に外国人騎手を配して、年内に重賞を取っておこうという、陣営の勝負気配も伺えます。
ここで勝って賞金加算、来年からはG1で戦っていく腹積もりでしょうね。ここでは他馬と本気度が違います。
実力拮抗の勝負ならば、一番本気度が高い馬が勝つ。僕はそう考えて、この馬を推奨しました。

~追記~
最終予想を公開しました。

フォローよろしく!

   
【阪急杯2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は阪急杯2018の予想となります。 ここまで阪急杯2018に

【中山記念2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は中山記念2018の予想となります。 ここまで中山記念201

【嘉瀬川賞】2月24日の地方競馬予想【春うらら賞】

今回は嘉瀬川賞、アメジスト賞を始めとした地方競馬予想となります。

【仁川S】土曜日のおすすめ予想【アクアマリンS】

今回は仁川ステークス、アクアマリンステークスを始めとした土曜日のおすす

【阪急杯2018】予想と枠順見解

今回は阪急杯2018の予想となります。 阪急杯2018は二強。

→もっと見る

  • スポンサーリンク