【ターコイズステークス2017】予想と枠順見解【最終予想】

*

【ターコイズステークス2017】予想と枠順見解【最終予想】

今回はターコイズステークス2017の予想記事となります。

今回のターコイズステークスは100万円馬券の獲得を目指して、予想してきました。
有力馬診断で軸馬を選定して、過去データ分析、追い切り診断で穴馬を見つけることができたと思います。
あとは枠順見解を残すのみとなり、予想も大詰めです。

この記事では枠順の見解をお話しして、その後で最終予想を発表したいと思います。

その前に有力馬診断、過去データ分析、追い切り診断の各記事を見ておくことをオススメします。
なぜ、最終予想がこのようになったか、より理解が深まると思いますので。

有力馬診断→こちら

過去データ分析→こちら

追い切り診断→こちら

すべて、このブログ内の別記事へと飛ぶようになっています。

さて、ここで長々と前置きばかりしていても、仕方ないので本題へと入っていきたいと思います。

でも、その前にこれだけは最後に言わせてください。
今回の予想は100万円馬券も十分にあり得る予想となったと思います。
なので、ぜひとも最後までお付き合いくださいませ。

スポンサーリンク

 

ターコイズステークス2017 枠順確定後の有力馬見解

こちらがターコイズステークス2017の枠順となっています。

1枠2番ワンブレスアウェイ
4枠7番フロンティアクイーン
4枠8番ミスパンテール
6枠11番エテルナミノル
6枠12番ラビットラン

この5頭が人気を集めそうな有力馬たちですね。

全体的に有力馬たちは外よりの枠配置となったでしょうか。
過去データでは真ん中より外がいいと結論づけていましたから、いい枠順配置なのではないでしょうか。
それでは有力馬たちを個別にみていきましょうか。

・ワンブレスアウェイ
過去のデータ的には外枠がいいといっていましたが、この馬の内枠はプラスだと思います。
前にポジションを取る馬ですから、すんなりと前に出られる内枠はいいはずです。
この馬の戦績を振り返っても、内目の枠での好走が目立ちますし、枠には恵まれましたね。
しっかりインの好位を確保し、ロスの少ない競馬をすれば、自ずと勝機はやってくるのではないでしょうか。

・フロンティアクイーン
この馬はスタートが一息なところがあるので、もう少し外がよかったかなといった感じです。
この枠ですとイン差しをするにしても、大外一気をするにしても、微妙なような気がします。
前の馬を見ながら進路を取ることができると考えればプラスですが、その分の鞍上の判断に委ねられると思います。
鞍上がうまく乗ってくれればいいのですが、進路に迷って中途半端に乗ってしまうと悲惨な結果ということも……。
枠順的にはプラスに働くとは思えず、若干の割引をしようかなと思っています。

・ミスパンテール
気性面に難があるこの馬にとって、中枠は良くないのではないでしょうか。
この枠ですと馬群で揉まれてしまい、馬が走る気をなくすということも十分に考えられます。
気性面での成長が見られれば別ですが、枠順的には割引が必要だと思います。

・エテルナミノル
前にポジションを取りたいこの馬にとって、外枠はマイナスだと思います。
この馬の戦績を見てみると、やはり内枠の方がいい成績を残していますね。
外枠でも好走がないわけではないですが、この相手関係では厳しいはずです。
この馬も枠順的には割引が必要で、評価を落とさなければならないと思います。

・ラビットラン
この馬は外枠の方がいいと思います。
外枠でならやることははっきりしていて、大外一気に賭けることができるでしょう。
それでこそ、この馬の持ち味は生きると思いますし、しっかり自分の競馬ができると思います。
枠順的には割り引く必要はなく、あとはこの馬の末脚を信じるだけです。

以上、有力馬たちの枠順見解になります。

枠順からの推奨馬はワンブレスアウェイとさせてもらいます。

過去データ的には外枠有利傾向がありますが、この馬なら内枠の方がいいと思います。
折り合いのつく馬ですし、立ち回りも器用な馬ですから、ロスの少ない競馬ができるでしょうね。
インの好位のポジションをしっかりとって、脚を溜めることができれば、上位争いは必至なのではないでしょうか。

さて、これで枠順見解が終わりました。
では、今までの予想を考慮した最終予想へと入っていきましょうか。

 

ターコイズステークス2017 最終予想

今回の最終予想では◎、〇、▲、△、★、危険な人気馬の6頭を紹介させてもらいます。

人気ブログランキングにて公開中
このメンバーなら力は上位のはずで、今回は斥量にも恵まれた。
追い切りでも、しっかりと動いていて、前走からの上積みを感じた。
過去データ的にも申し分なく、枠順も絶好枠を引いた。
現状では死角が見えず、鞍上も乗りなれた騎手に戻る。
これだけの要素が揃っていれば、まず上位争いになるはず。
この馬は自信の本命といっていいだろう。

○オートクレール
前走は17着と大敗したものの、マイルでの実力はある馬。
前走は流れが向かなかったとみているし、上位馬が強すぎた。
このメンバーならやれるはずだし、今回は斥量にも恵まれ、絶好枠を引いた。
追い切りでもいい動きを見せていたし、過去データ的にも問題ない。
それなのにも関わらず、人気は全くといっていいほどなくて、非常に美味しい馬のように思える。
ここは積極的に狙ってみてもいいはずの馬で、対抗という重い印をうった。

▲ラビットラン
能力は高く評価している馬なのだが、ここでは単穴どまりとした。
この馬の末脚は素晴らしいものなのだが、ここで好走するには展開の助けが必要不可欠だとみている。
というのも、まず斥量55kgというのはかなり見込まれたと思っていて、追い切りでの動きも一息のようにみえた。
調子はあまり良くないだろうし、ハンデもきつい。これらのことから展開の助けが必要なはずだとみた。
ただし能力は確かなので、ここでの軽視は危険で、買い目には入れておくべきだろう。

△ディープジュエリー
本当はもっと重い印を打とうと思っていたのだが、外枠を引いてしまった。
前々で競馬をするこの馬にとって、それは大きくマイナスのはず。
けれども、今回のメンバーの中で一番斥量に恵まれたのは、この馬だろう。
前走はフロンティアクイーンとタイム差なしの競馬だったのだが、その時は同斥。
今回はフロンティアクイーンと2キロ差なのだから、斥量に恵まれたのは明白といいはず。
過去のデータ的にも好走条件にぴったりと当てはまるし、ここでの軽視は危険なはずでしょう。

★ペイシャフェリス
ここで一発あってもおかしくないと思っている。
今回が久々の競馬となるのだが、追い切りで抜群の動きを見せていた。
休養前と同じ馬だと思わないほうがいいはずで、ここでの一変もあり得る。
過去のデータ的にも流れが向くはずだし、この馬が突っ込んでくる可能性は十分にある。

危険→人気ブログランキングにて公開中
そこそこ人気しているのだが、この馬の買い要素というのが見当たらない。
G1で1着と2着の経験があることからか、いつも人気になるのだが、その度に凡走している。
ここでもそのG1での好走経験が買われて人気になってるのだろうが、ここでも買うのは危険だろう。
今回は55kgというトップハンデを背負わされているし、追い切りもいつも通りのもの。
ここで一変に賭けるというのは危険のはずで、人気にもなっていることから、消しにしておくのが妥当だろう。

 

まとめ

以上で、ターコイズステークス2017の予想とさせていただきます。

今回のターコイズステークス2017は100万円馬券を目指すということで、ここまで予想してきましたが、

十分に100万円馬券を狙える予想となったのではないでしょうか。

○と★は超人気薄ですし、△も人気薄です。
この印馬のうち、2頭が馬券に絡んでくれれば、あとは着順次第で100万円馬券は十分にあり得るでしょう。

いやー、今から明日が楽しみで仕方ありませんね。

さて、今回の記事はここら辺で締めさせてもらおうと思います。
みなさん、明日の競馬も頑張っていきましょうね! ありがとうございました~。

 

フォローよろしく!

   
【飛燕賞】2月18日の地方競馬予想【桂浜花海道特別】

今回は飛燕賞、桂浜花海道特別を始めとした地方競馬予想となります。

【大和S】日曜のおすすめ予想【ヒヤシンスS】

今回は大和ステークス、ヒヤシンスステークスを始めとした日曜日のおすすめ

【小倉大賞典2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は小倉大賞典2018の予想となります。 ここまで小倉大賞典2

【フェブラリーS2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回はフェブラリーステークス2018の予想となります。 ここまで

【フェブラリーステークス2018】予想と枠順見解

今回はフェブラリーステークス2018の予想となります。 フェブラ

→もっと見る

  • スポンサーリンク