【チャンピオンズカップ2017】一週間前追い切り

*

【チャンピオンズカップ2017】一週間前追い切り

今回はチャンピオンズカップ2017の追い切り分析記事になります。

タイムの掲載をもちろん、動きに関する個人的な見解も紹介していきます。
調教タイムや追い切りの動きなどから、各馬の調子などをお伝えしようと思っておりますので、よろしくお願いします。

それでは早速、各馬の調教タイムを見ていきましょう。

チャンピオンズカップ1週間前追い切り診断 前半8頭

アウォーディー
栗東 CW 良 11月22日(水)
81.6-66.4-52.0-37.7-12.6
外ラチに添って馬なり単走。外々を回ってきての馬なり単走なら悪くない時計だと思います。
ただし動きは平凡で、後方からきた馬にあっさりとかわされてしまっていた。
前走からの上積みに期待していたのだが、もしかしたらあまり上積みはないのかも。
最終追い切りで、どこまで状態を上げてこられるか。

アポロケンタッキー

栗東 坂路 良 11月22日(水)
52.2-37.9-25.1-12.9
坂路をムチを入れて、強め~一杯の強さで追われていました。
強め、一杯にしては平凡な時計に見えるかもしれないが、終い3Fは12.8-12.2-12.9のラップを刻んでいます。
走りにも力強さが感じられ、馬体もガッチリとしているように見えました。
最終追い切り次第ではありますが、上々の出来ではないでしょうか。

カフジテイク

栗東 坂路 良 11月22日(水)
56.5-41.9-27.1-13.2
坂路を馬なりで駆け上がっていました。
時計は平凡。動きも平凡でしたが、この馬の調整過程はいつもこんなもの。
この馬なりに順調といったところで、最終追い切り次第という感じではあります。

グレンツェント

美浦 南W 良 11月22日
84.8-69.4-53.7-39.4-13.7
外側を周っての2頭併せ。強さは馬なり~微強といったでしょうか。
外を周ったとはいえ時計、動きともに平凡。内の馬の方がいい動きをしていました。
一週間前時点では上積みは感じられませんでした。最終追い切りに期待したいところですね。

ケイティブレイブ

栗東 坂路 良 11月22日(水)
53.4-39-25.2-12.5
坂路を馬なりで二頭併せ馬。
併せ馬でこそあったものの、一週間前の馬なりでこの時計はいいのではないでしょうか。
動きに関してもウッドチップの蹴り上げが目立っており、力強い走りでした。
最終追い切り次第ではありますが、上積みを期待できるのではないでしょうか。

ゴールドドリーム

栗東 坂路 良 11月22日(水)
53.1-38.7-24.8-12.3
坂路を馬なり~微強で単走。
800mが53.1秒と平凡に映るかもしれませんが、14.4-13.9-12.5-12.3と加速ラップを刻んでおり、いい伸びを見せています。
現状ではそこそこ良い状態にあるのではないでしょうか。

コパノリッキー

栗東 CW 良 11月22日(水)
85.6-68.9-53.0-38.5-12.4
外側を周っての馬なり単走。単走にしては悪くない時計です。
気合充分の走りで、直線に入ってからスイスイと加速していました。
一週間前時点では、好状態ですね。

サウンドトゥルー

美浦 坂路 良 11月22日(水)
53.7-39.2-25.9-12.9
坂路を馬なり~微強で単走。
力強い走りを見せており、終いも緩やかに加速しています。悪くない状態だと思います。
ただ、前走がこれ以上にない出来であったため、よくても並行線でしょう。

スポンサーリンク

 

チャンピオンズカップ1週間前追い切り診断 後半8頭

スリータイタン

栗東 坂路 良 11月22日(水)
56.0-40.9-26.6-13.0
坂路を馬なりで単走。口向きが悪いのか少し右側を向いて走っていました。
タイムは遅めで動きも平凡。最終追い切りでどこまで変わってくるかといったところでしょうか。

テイエムジンソク

栗東 CW 良 11月22日(水)
80,2-64.7-51.3-39.0-13.4
外ラチに添って馬なり単走。
全身を使ってのいい走りをしており、特に首の使い方がいい。
一完歩ごとにスイスイと加速しているように見え、目に止まるものがありました。
一週間前時点では、好状態といっていいでしょう。

トップディーヴォ

栗東 坂路 良 11月22日(水)
89.1-72.2-56.0-40.2-12.0
馬なりでゆったりとコースを周回。
直線に入ると一気の伸び足を使って、鋭い加速を見せておりました。
この馬も好状態にあるのでしょう。

ミツバ

栗東 坂路 重 11月23日(木)
55.4-40.0-25.9-12.7
坂路を馬なり~微強で単走。
重馬場なので時計面があまり良くないのは、仕方がない。
動き自体は悪くなく、少し促されただけで伸びていました。

メイショウスミトモ

栗東 CW 良 11月22日(水)
82.3-67.2-52.8-39.3-13.0
外側を周っての二頭併せ馬。強さは馬なり~微強。
直線に入ってから内側の馬をあっさりとかわしていました。
けれども、終いにムチを入れられてからの反応が悪いように見え、もっさりとした印象を受けました。
最終追い切りに期待といった評価でしょうか。

モルトベーネ

栗東 坂路 重 11月23日(木)
52.2-37.4-24.4-12.4
坂路を馬なり~微強で単走。
いい時計をマークしており、終いに見せムチをすると、それに反応して伸びていました。
現時点では好状態にあると思います。

ローズプリンスダム

美浦 坂路 良 11月22日(水)
53.5-39.8-26.6-13.8
坂路は馬なり~微強で単走。
タイムも平凡で、動きもあまり良く見えませんでした。
最終追い切りでどこまで状態を上げてくるか。

ロンドンタウン

栗東 CW 良 11月22日(水)
80.2-64.8-50.6-37.8-12.5
外ラチに添っての馬なり単走。
好時計をマーク。動きも首を使ってのいい走りをしていました。
遠征帰りの疲れはあまり見受けられず、いい状態にあるのではないかと思います。

まとめ

以上、チャンピオンズカップ出走予定馬の追い切りを見ていきました。
一週間前追い切りということもあり、明らかに調整的な走りをしている馬もいましたが、全体的にいい状態にあると感じました。

そんな中でも一頭だけ抜群の追い切りを見せる馬がいました。

その馬はこちら人気ブログランキングへ

いつも追い切りでよく見せる馬ではあるのですが、今回はその中でも一番なのではないでしょうか。
今回が初のG1挑戦になりますが、追い切りだけならG1馬の中でもピカイチでした。
ローテーションからもここに照準をあわせてきているのは間違いなく、当日もいい状態で走ってくれることでしょう。
最終追い切りも期待しております。

フォローよろしく!

   
【飛燕賞】2月18日の地方競馬予想【桂浜花海道特別】

今回は飛燕賞、桂浜花海道特別を始めとした地方競馬予想となります。

【大和S】日曜のおすすめ予想【ヒヤシンスS】

今回は大和ステークス、ヒヤシンスステークスを始めとした日曜日のおすすめ

【小倉大賞典2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は小倉大賞典2018の予想となります。 ここまで小倉大賞典2

【フェブラリーS2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回はフェブラリーステークス2018の予想となります。 ここまで

【フェブラリーステークス2018】予想と枠順見解

今回はフェブラリーステークス2018の予想となります。 フェブラ

→もっと見る

  • スポンサーリンク