【ターコイズステークス2017】過去データ分析と過去10年の傾向

*

【ターコイズステークス2017】過去データ分析と過去10年の傾向

今回はターコイズステークス2017の過去データ分析記事となります。

有力馬診断ではターコイズステークスは荒れるレースだと言いました。
100万円馬券が飛び出すこともザラで、そうでなくてもそれなりの高配当になってくれます。

そこで有力馬診断では高配当を掴むために、最適な軸馬を紹介しました。
今でもその馬は軸としては間違いないと思っており、人気もそれなりで配当冥利はたっぷりでしょう。

しかしそれだけでは、まだ100万円馬券には届かない

そこで今回は過去のデータを見ていき、そこから導き出される穴馬を紹介していきたいと思います。
そうすれば目標の100万円馬券にもぐっと近づいていくはずですし、そこまで行かなくとも高配当につながるはずです。

そんなわけで過去データから穴を開けそうな馬を探していきましょうか。

スポンサーリンク

 

ターコイズステークス 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探ろうと思います。
人気・年齢・枠順・脚質の基本となる4つ。ハンデ戦ということで斥量のデータも見てきます。

 

人気別データ


事前に申しあげていましたように、人気薄の台頭が目立ちます。
10番人気以下の単複回収値が100超えていますね。
人気別のデータだけでみると、軸として最適そうなのは3番人気でしょうか
連帯率、複勝率は悪くないですし、回収値はどっちも100超えですからね。

続いて、単勝オッズ別に詳しくみていきましょうか。
こちらが単勝オッズ別のデータとなります。
単勝オッズ20倍以上で複勝率10%超えが目立ちますね。
やはり、単勝オッズ20倍以上の穴馬でも馬券に絡む可能性は十分にありますね。

年齢別データ


こちらは年齢別のデータとなります。

4,5歳馬は好走しているんじゃないでしょうか。
勝率、連帯率、複勝率、回収値。すべてで高い数値を示していますからね。

逆に3歳馬は悪い意味で気になります。
6.7歳馬は微妙なのはわかりますが、3歳馬が苦戦しているというのは意外ですね。
クラッシック路線などで活躍した馬は、斥量的に見込まれやすいということなのでしょうか。
これまでの世代重賞での戦いで疲弊しているということも考えられますね。

まあ、とにかく3歳馬は苦戦して、4,5歳馬が好走しているということは覚えていた方がいいでしょう。

枠順別データ


あまり強い傾向は見えてこないですね。

強いていうなら、真ん中より外がいいといった感じでしょうか。

6枠を除けば、4枠から外はすべて複勝回収値が100を超えていますからね。
穴馬が潜んでいるとすれば、真ん中より外なのでしょうか。

脚質別データ


これは明確な傾向が見えますね。圧倒的に逃げ先行馬が有利
すべての数値が高い数値を示しており、有利傾向は明白だと思います。

一応、上り3F順位ごとのデータも見ておきましょうか。


やはり、そこまで速い上りは必要とされていませんね。
6位以下でも十分な勝率がありますし回収値をみると、むしろ穴を開けているというのがわかるかと思います。

このレースは、速い上りよりも前目のポジション取りが要求されるレースといっていいでしょう。

斥量別データ


てっきり軽ハンデの馬が有利だと思ってたのですが、そんなことはありませんでしたね。
軽ハンデ、重ハンデ、ともに偏りなく来ているのかなという感じです。

ただ、穴を開けているのは軽ハンデの馬です。
50kg、51kgの単複回収値が高い数値を示しており、穴馬が来ているということがわかります。

 

結論

ここまでのデータをまとめますと、

・やはり人気薄の台頭が目立つ
・3歳馬は苦戦して、4,5歳馬は好走している
・枠順は真ん中より外がいい
・速い上りよりも前目のポジション取りが要求される
・穴を開けているのは軽ハンデの馬

以上の、5点があげられるかと思います。

当日に人気に推されるであろうラビットランは苦しい戦いになるのではないでしょうか。
逃げ先行馬ではありませんし、3歳馬は苦戦する。かといって軽ハンデでもない。
ラビットランはデータに全然当てはまりませんね。もしかしたら、これは……。

ラビットランが馬券に絡まないとなると、配当は跳ねること必至。
今回のデータ分析から、より100万円馬券が近づいてきたのではないでしょうか。

さて、現実味が帯びてきた100万円馬券。
100万円馬券を獲得するために押さえておきたい馬はどれなんでしょうか。

この馬です→人気ブログランキング

若駒のころは差す競馬をしていましたが、ここ最近で前に行く競馬が板についてきました。
おそらくここでも前に行くとみていて、年齢も5歳と好走条件に当てはまる。
斥量が51kgというのもパターンに入っており、過去のデータ的にはこの馬しかいないだろう。
現在の予想オッズが20倍ぐらいと人気的にも申し分ない。この馬は買い目に入れるべきだろう。

 

フォローよろしく!

   
【飛燕賞】2月18日の地方競馬予想【桂浜花海道特別】

今回は飛燕賞、桂浜花海道特別を始めとした地方競馬予想となります。

【大和S】日曜のおすすめ予想【ヒヤシンスS】

今回は大和ステークス、ヒヤシンスステークスを始めとした日曜日のおすすめ

【小倉大賞典2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は小倉大賞典2018の予想となります。 ここまで小倉大賞典2

【フェブラリーS2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回はフェブラリーステークス2018の予想となります。 ここまで

【フェブラリーステークス2018】予想と枠順見解

今回はフェブラリーステークス2018の予想となります。 フェブラ

→もっと見る

  • スポンサーリンク