【チャンピオンズカップ2017】予想オッズと出走有力馬診断

*

【チャンピオンズカップ2017】予想オッズと出走有力馬診断

今回はチャンピオンズカップ2017の予想記事となります。
日本のダート界でも屈指のメンバーが集まり、ハイレベルな戦いになると思われる一戦です。
現状、飛び抜けて強い馬もいない。そのため、人気上位でのオッズも割れ加減になり、高配当も期待できます。
ダート界最強を決める面白い一戦であり、馬券妙味もたっぷり。
競馬ファンとしては、ここはぜひとも当てたいところ。というわけで予想の方へ入っていきますね。

予想オッズ

1 サウンドトゥルー  5.6
2 アウォーディー   5.7
3 ケイティブレイブ  6.0
4 テイエムジンソク  6.0
5 コパノリッキー   8.8
6 カフジテイク    13.4
7 ロンドンタウン   14.8
8 アポロケンタッキー 15.6
9 ゴールドドリーム  16.2

ここまでが一桁人気の支持を受けそうな馬たちです。
やはりオッズは割れ加減となっています。個人的にはテイエムジンソクがやや過剰人気かなという気がします。
そんなわけで上位から順番に出走有力馬診断していきますね。

スポンサーリンク

出走有力馬診断

サウンドトゥルー
前走のJBCクラシックの勝ちっぷりは素晴らしいものだった。
だが、日本テレビ盃を叩いてからJBCに臨んだことで、馬の調子は最高潮のように思えた。
前走以上ということはないはずで、よくて調子は並行線といったところだろう。
それにこの馬の好走条件としては展開がハマることが絶対条件であるため、軸として絶対の信頼はおけないといった印象。

アウォーディー
前走、2走前と馬券圏外ではあるものの、それまでの成績は安定している。
それに2走前はドバイ帰り、前走は休み明けということを考えれば、悪くないとも思える。
しかし、個人的に前走と2走前の凡走はそれだけではないように見えた。
というのも、前走は格好のポジションで直線を迎え、ここから伸びるかと思われた。
しかし、結果的に直線では伸び足を欠き、後ろの馬たちにあっさりとかわされてしまっていた。
全盛期の力は鳴りを潜めたように見え、年齢的に厳しいのではないかと考察する。

ケイティブレイブ
逃げ一辺倒だった昨年とは違い、今年は帝王賞を出遅れからの差し切り勝ち。JBCは中団からの競馬で2着と脚質に自在性がでてきた。
近走は非常に安定した競馬を見せており、4歳になって本格化してきたなというふうに思わせる。
しかし、この馬もまた日本テレビ盃→JBCのローテで、あまり上積みには期待できない。

テイエムジンソク
今夏の上がり馬で、近5走はどれも強いなと思わせる競馬を見せてくれた。
しかし、この馬は初の中京競馬場に、初の左回りコース。初のG1と初めて尽くし。
それに近5走はどれもメンバーに恵まれていたのではないかと考えている。相手関係が一気に厳しくなる今回はどうなのかと疑問がよぎる。
さらには、今回は強力な先行馬が多いことからも、あまり重視はできない。

コパノリッキー
この馬に関しては自分の競馬ができれば強い。それに尽きる。
地方交流重賞などではあまり頭数が多くないことや、有力馬の数が絞られてくることから自分の競馬をしやすい。
だが、中央での重賞となるとどの馬も強く、頭数も多い。中々、自分の競馬に徹することが難しいのではないか。
自分の競馬ができれば強いが、今回はそれが難しいではないかと考察する。あまり重視はできない。

カフジテイク
この馬の持ち味は鬼脚とも言われる末脚。この末脚は非常に魅力的。
だが、今回は距離が長い。この馬の適距離は1400mで、長くてもマイルまで。
1800m戦となる今回は正直、軽視しても大丈夫ではないかと思っている。

まとめ

以上、上位人気に押されそうな馬たちの考察でした。
診断でも書いているのですが、どの人気たちも多少の不安要素は抱えています。
追い切りや馬体を見て、各馬の疲労や上昇具合を見極めたいと思っていますが、おそらくオッズが示す通りの難解な一戦になるでしょう。

しかし、人気馬たちが不安要素を抱えている時、オッズが割れている時こそ、穴をあける馬というのは出てくるのです。

そんなわけで、現時点で最も狙ってみたい馬はコチラです。

この馬人気ブログランキングへ

近走成績はパッとしなかったものの、前走からこの馬の復活は近いように見えました。
上位を占めた馬たちは、前にいた馬たちというなかで、この馬は末脚を炸裂させて掲示板を確保。
その前走がおよそ9ヶ月ぶりの実践だったわけですから、今回は上積みしかないといっていいでしょう。

昨年の成績を見てもらえばわかるのですが、この馬の能力は元々G1級。
去勢の結果、闘争心を失ってしまったというのが大方の見方でしたが、前走の走りからもその闘争心が戻ってきているように見えた。
気持ちさえ大丈夫なら、この馬はG1でも十分に通用する器なのです。

距離の不安もなく、大幅な上積みにも期待できて、能力も申し分ない。
復活の時は、もうすぐそこまできているのです。

フォローよろしく!

   
【阪急杯2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は阪急杯2018の予想となります。 ここまで阪急杯2018に

【中山記念2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は中山記念2018の予想となります。 ここまで中山記念201

【嘉瀬川賞】2月24日の地方競馬予想【春うらら賞】

今回は嘉瀬川賞、アメジスト賞を始めとした地方競馬予想となります。

【仁川S】土曜日のおすすめ予想【アクアマリンS】

今回は仁川ステークス、アクアマリンステークスを始めとした土曜日のおすす

【阪急杯2018】予想と枠順見解

今回は阪急杯2018の予想となります。 阪急杯2018は二強。

→もっと見る

  • スポンサーリンク