競馬 重賞予想

【朝日杯フューチュリティステークス2017】一週間前追い切り診断

更新日:

今回は朝日杯フューチュリティステークス2017追い切り診断記事となります。

先週の阪神ジュベナイルフィリーズに続いての、2歳G1戦となる朝日フューチュリティステークス。
阪神ジュベナイルフィリーズでは、一番人気に推されていましたロックディスタウンが、着外という結果になりましたね。

個人的には、やはりそうなったかという印象でした。
といいますのも、ロックディスタウンはあまり追い切りがよくありませんでした。
最終追い切り診断でA評価の好調維持としましたが、それはあくまで好調維持。
好調維持というのは、良くも悪くも維持でしかないのです。
それに引き換え、ラッキーライラックはS評価で上積み十分と判断していました。
ラッキーライラックは追い切りの動き通りの競馬をしてくれて、見事に1着になりましたよね。

このことから、やはり2歳戦は追い切りが重要なファクターになる。
僕は、改めてそう実感させられました。

さて、そんなわけで朝日フューチュリティステークスの追い切り診断に入っていきましょうか。
上で述べた通り、2歳戦は追い切りが重要なファクターになり得るので、いつも以上に気合をいれていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

一週間前追い切り診断(有力5頭)

僕の追い切り診断では、時計と個人的な見解。それらを踏まえた追い切りランクを紹介させせてもらいます。
追い切りランクはS、A、B、C,Dまでの5段階評価となっておりますが、これらもあくまで個人的な見解です。
ご参考程度によろしくお願いします。

ダノンプレミアム
栗東 CW 良 12月7日(木)
84.4-67.7-51.9-37.7-11.2
前方に2頭の馬を置いて追走。
道中はゆっくりと来ていたが、直線に入ると一気に伸びていた。
少し押っ付けただけで鋭い伸びをみせ、見せムチにも反応し、さらに加速をみせた。
一気の伸びで差を広げると、他馬に影すら踏ませない完勝。文句のつけようがありませんでした。
ラスト1Fの時計を見てもらえばわかると思うが、この馬からは非凡な能力が伺える追い切りだった。
この追い切りで調子が悪いということは考えにくく、現状では人気でも逆らずらい一頭でしょう。

タワーオブロンドン【
美浦 南W 良 12月6日(水)
69.8-53.6-39.1-13.3
馬場の外側を通っての単層。強さは馬なり。
軽快かつ力強い走りで、元気よく走っていた。
時計はあまり目立たないが、好調のようにみえた。

ステルヴィオ【
美浦 南W 良 12月6日(水)
83.0-68.6-54.2-39.6-12.7
真ん中を通っての馬なり三頭併せ。
道中は併せ馬に前を許していたが、直線に入ると鋭い伸びを見せ、あっさりと躱していた。
追っつけられてからの反応もよく、時計動きともに悪くない。
この馬なりに好調にあるではないだろうか。

ダノンスマッシュ【
栗東 CW 良 12月6日(水)
78.9-63.8-49.8-36.8-11.7
内側を通っての馬なり二頭併せ。
直線に入ると徐々に加速していき、ゴール付近ではトップスピードに。
終始、馬なりだったのだが、馬なりであれだけのスピードは大したものだろう。
とてもスピード感に溢れた走りで、ラスト1F11秒台を馬なりで出したのは立派。
いい状態にあるとみていて、好気配といっていいはずだろう。

フロンティア【
栗東 CW 良 12月7日(木)
85.3-68.8-52.9-38.8-11.8
真ん中を通っての三頭併せ。道中を馬なりで、終いにムチをいれていた。
ダノンプレミアムと併せていたのだが、直線で大きく突き放されてしまった。
ラスト1Fを11秒台で走っていることから、この馬の調子自体は悪くないはず。
しかし、ダノンプレミアムをまったく追えてなかったことを考えると、能力的にはどうか。

 

全頭追い切り診断

ここからは時計と追い切りランク、一言コメントのみの掲載となります。
また、一週間前追い切りが公開されていない馬もおり、それらの記載はありませんのでご了承ください。

アサクサゲンキ【
栗東 坂路 良 12月6日(水)
52.0-38.1-25.4-13.2
力強い走り。だが、若干スピード感に欠けるのはどうか。

イシマツ【
栗東 坂路 良 12月7日(木)
51.4-37.9-25.1-12.5
動き自体は悪くない。ただ、頭が高い幼さの残る走りはどうか。

ケイアイノーテック【
栗東 坂路 良 12月6日(水)
55.1-40.3-25.7-12.6
力強い走りでスピード感も悪くない。ただ、左右のフラフラする幼さはどうか。

ダブルシャープ【
栗東 CW 良 12月6日(水)
82.3-67.1-51.6-37.7-12.4
全体的に目立たない動き。だが直線に入ってからの伸び脚は悪くなかった。

ナムラアッパレ【
栗東 坂路 良 12月6日(水)
58.7-43.8-28.8-14.1
力強い走りで動きは悪くない。だが時計が平凡なのはどうか。

ファストアプローチ【
美浦 坂路 やや重 12月6日(水)
54.8-40.1-26.1-12.9
時計は悪くない。だがスピード感に欠ける走りで、伸びもイマイチ。

ムスコローソ【
美浦 南W 良 12月6日(水)
67.2-52.8-39.4-13.1
スピード感のある走りで、動きは軽快。悪くない出来だろう。

 

まとめ

以上が、朝日フューチュリティステークスの出走予定各馬の追い切り診断でした。

有力馬とそうでない馬で、追い切りの評価がくっきり分かれましたね。
追い切りという観点からみてときに、波乱の展開というのは考えにくいですかね。

うーん。あまり面白くないですね……。
僕は、競馬は荒れてナンボだと思っている性質ですので。

ということで、ここはダノンプレミアムに勝つとしたら、どの馬なのか

そこに焦点をあてて、推奨馬を紹介しようと思います。
では、追い切りから見たときに、ダノンプレミアムに勝てそうなのは……

この馬です→ダノンスマッシュ

追い切りから見える能力と素質。これはダノンプレミアムにも引けを取らないでしょう。
スピード感のある動きには、とても好感が持てるし、見ていて惚れ惚れする走りだった。
これまでの追い切りの中で1番に見えましたし、陣営はここに照準を合わせてきているのではないでしょうか。
調子の良さそうなのは間違いなく、ダノンプレミアムに勝てるとすれば、この馬だと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-競馬, 重賞予想
-, , , ,

Copyright© アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~ , 2018 All Rights Reserved.