勝ち組への道

【持ち物】競馬場への持ち物はこれ!勝ちたいなら持っていくべきアイテム

更新日:

今回は競馬場への持ち物紹介記事となります。

どうも、競馬生活者アギョウです。

突然ですが、皆さんは競馬場に行きますでしょうか?おそらく、この記事を読んでいる皆さんは普段から競馬を嗜んでいると思いますが、そういう方々でもウインズとかネットで買ってる人は多いはず。もしかしたら競馬をするけど競馬場へは一度も行ったことがないという人も珍しくないのではないでしょうか。

そこで今回は競馬場へ行ったことがない人、競馬場初心者へ何を持っていけばいいのか。またはこれはぜひ競馬場へ持っていくべき!。そんなところに焦点を当てた記事を書いてみたいと思います。「あーこれは持っていくべきだったなー」「これ、必要なかったなー」という僕の失敗を基にして、厳選に厳選を重ねた必須アイテムたちを紹介していきます。

また後半では中~上級者へ向けて、競馬で勝ちたいなら持っていくべきものたちも紹介していきます。「それ必要?」と思われるものも出てくると思いますが、僕は間違いなく必要なものだと思っています(もちろん、それを持っていくだけでは勝てませんがw)

競馬場への持ち物リスト 基本編

まずは、初心者へ向けて基本的な持ち物から紹介していきます。

競馬新聞&赤ペン

持っていかなくても買えますが、僕は事前に準備しておくことをオススメします。というのも自分で予想して書き込みのされた競馬新聞でないと意味がないからです。当日に新品の競馬新聞を買って、そこから予想したとしても予想できる時間には限りがあります。トラックマンたちの印を参考に馬券を買うことはできるでしょうが、競馬の醍醐味はやはり予想することですよね。ですので、前日もしくは朝から予想して、自分の予想がビッシリと書き込まれた競馬新聞を準備しておく必要があります。お気に入りの赤ペンを準備しておくと書き込むのが、楽しくなるかもしれません。

敷物

競馬場は人が多くて当たり前。G1の時なんかは備え付けの椅子がすぐに埋まります。あらかじめ椅子を確保しておかないと座る場所がないなんてのはザラ。ですので敷物を持って行って地べたに敷いてみるのがオススメです。家族や大人数で行くとピクニック気分で童心に帰れます。恋人とならいい感じになんてことも…。芝コーナーなんかもあり、のんびりとした気分を楽しめます。

折り畳み椅子

上記しましたが競馬場での椅子争奪戦は競争率が高い。そこで折り畳み椅子の登場です。競馬場は広いので設置する場所には困らないでしょう。敷物も悪くないですが折り畳み椅子もなかなかのもの。敷物と違い背もたれもありリラックスできます。敷物と比べて持ち運びに難はありますが最近の折り畳み椅子は軽くて小さいものも多い。僕は一人で行くときは敷物よりも折り畳み椅子派です。

クッション

仮に競馬場の椅子に座れたとしても、競馬場の椅子は硬い。長時間座っているとお尻が痛くなってきます。そんな時に活躍するのが携帯型のクッション。これがあるのとないとのではかなり快適さが変わってきます。やはり競馬は快適に観戦したいところですよね。

ガムテープ

これも意外と重宝します。競馬場は外なので風が強い時は敷物の角を止めたり、ナイロン袋が飛ばないように固定します。ただし競馬場は基本的に場所取りは禁止なので長時間放置は危険です。係員に剥がされて持っていかれてしまう可能性があります。ガムテープもひとつは持っていきたいところですね。

腕時計

案外、盲点なのがコレ。普段はスマホで時間を見るという方も多いかと思います。基本的には僕もその一人ですが、競馬場に行くときは腕時計をしていくようにしています。レースの時間を確認するのはスマホを取り出していてはキリがありません。3場開催の時は10分刻みにレースがありますからね。パッと時間を確認することができる腕時計は、これからも競馬場では必須のアイテムでしょう。

双眼鏡

これも必須アイテムの一つ。競馬場はとてつもなく広い。馬を見るときは双眼鏡がないと見ないことも多々あります。競馬場にはオーロラビジョンもありますがそれすらも遠くでは見えにくいです。レースはもちろん、オッズを確認するときも見えないと困りますよね。ちなみに双眼鏡があれば騎手の表情なんかも見ることができます。

競馬場への持ち物リスト 上級編

ここからは競馬で勝ちたいと思っている皆さん、中~上級者へ向けたアイテムを紹介します。

windowsノートパソコン・タブレット

近年になって競馬も一気にデータ化。今や過去の傾向などを調べるのは基本となりました。競馬新聞などにもある程度の情報は乗っていますが、コンピューターの情報量には敵いません。スマホでも悪くありませんが、使いやすさの面から現状ではWindowsに分がありますね。勝ちたいならば競馬場にはぜひ持って行っていった方がいいでしょう。僕は競馬場に行くときもsurfaceを必ず持っていくようにしています。SIMの契約も忘れずにしておきましょう。SIM非対応のモデルを使っている方はWi-Fiルーターを持ち歩くという手もあります。

初期費用0円!格安スマホ【UQmobile】

月間30GB使えるWiFi【NEXTmoible】

モバイルバッテリーも忘れずにどうぞ!

電子競馬新聞

こちらはノートパソコン・タブレットと合わせてどうぞ。これを持っておけば紙の競馬新聞は必要ありません。僕はどちらかというとデジタル派なので紙の競馬新聞は持ち歩いていません。電子競馬新聞オンリーで競馬場へ行っています。おすすめの電子競馬新聞としてはコンピ指数で有名な日刊スポーツ辺りですかね。コンピ指数の存在はもちろんとして使いやすいのが特徴です。

↓↓↓申し込みはこちら↓↓↓

競馬雑誌

移動中やレース間の暇な時間などは、競馬雑誌を見ておくのがいいでしょう。新聞だけは得られない情報が乗っていますし、予想に役立つこと間違いなしでしょう。スマホやノートパソコンなどを持っていれば楽天マガジンを通して競馬雑誌(サラブレ・Gallop)を見ることができます。楽天マガジンは初月無料で見ることができますし、とりあえず登録してみてはいかがでしょうか。

↓↓↓申し込みはこちら↓↓↓

風速計

競馬場でそんなものどう使うんだと思われるかと思いますが、これが切り札といっていいアイテム。単純に競馬場の風を測ります。風は某有名予想家も予想ファクターに入れているように非常に重要なものです。風の強さを記録しておくと後々の予想につなげることができます。風は競馬場に行ったときにしか測ることができないですから、競馬場へ行った際はぜひとも測ってみましょう。ちなみにゴール前で追い風なら前有利、向かい風なら後方有利というのは覚えておいたほうがいいでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-勝ち組への道
-, , ,

Copyright© アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~ , 2018 All Rights Reserved.