競馬 重賞予想

【カペラステークス2017】過去データ分析と過去9年の傾向

更新日:

今回はカペラステークス2017の過去データをまとめた記事となります。

先日、記事にした有力馬診断でカペラステークスについては予想が固まっていると話しました。
今回はその予想を確固たるものにすべく、過去データの分析を行っていきたいと思います。
本命馬に過去データの分析からの死角はないか、過去データから意外な穴馬は浮き上がってこないか。
そこに重点をおいて考察していきます。

現時点での本命馬は有力馬診断でお話したので、今回は過去データから見えてくる穴馬を紹介させてもらいます。
ですので、結論の項までお付き合いいただければ幸いです。

というわけで、本題へと入っていきましょうか。

スポンサーリンク

 

人気別データ

過去9年で1番人気が0勝ということを考えると、1番人気は信頼できないレースなのではないでしょうか。
3番人気、4番人気の台頭が目立つことから、この辺りの人気の馬を狙ってみるのがいいでしょうね。

 

では、次は単勝オッズ別のデータを見ていきましょうか。

ただし、単勝オッズが15倍以上となると、成績が悪くなる傾向にあることから、
大荒れは期待できないけど、少々の荒れは期待できるレースなのではないでしょうか。

 

枠順別データ

1枠の回収率が高いですね。
しかし、2枠、3枠の成績がいまいちなことから、内枠が有利ということではなさそう。
6枠、8枠も悪くありませんが、1枠には及びませんから、外枠が有利ということもないでしょう。

枠による有利不利はないというのが結論でしょうか。

 

年齢別データ

4歳馬の成績がいいですね。5,6歳馬の好走も目立ちますが、回収値がいまいちです。
ということは、やはり4歳馬が有利ということなのではないでしょうか。

 

脚質別データ

逃げ馬、先行馬がいい成績を残していますね。
やはり短距離のダートらしく、前に行く馬が有利なのではないでしょうか。

 

結論

ここまでのデータをまとめますと、

・1番人気は信頼できない
・枠順は関係ない
・年齢は4歳の好走が目立ち、次点で5,6歳馬がいい。
・逃げ先行馬が有利

以上の、4点があげられるかと思います。

有力なデータであろう4歳馬の好走ですが、今回のメンバーはサイタスリーレッドのみ。
サイタスリーレッドは当日も人気するでしょうから、ここでは5,6歳馬を狙うべきでしょうね。
しかし、5,6歳の馬は10頭もいますから、絞り切れません。
逃げ先行馬が有利といっても、これまた数が多いですから、絞りきることは難しいでしょう。

そこで僕が目を付けたのは、データの盲点です。
データではあまりいい数値は示していないものの、それはサンプル数が少ないからで、正確な数値が出ていない。
それが、データの盲点です。
今回のデータを見たときに、これはデータの盲点なのでは?と感じたものが一つだけありました。

そして、今回そんなデータの盲点にぴったり当てはまりそうな穴馬がコチラです。

この馬→ディオスコリダー

データの盲点、それは年齢にあると推測しました。
4歳馬がよくて、5,6歳と順に成績がいい。7,8歳は厳しい戦いが続いている。
これはわかりますよね。人間でも若い人のほうが運動能力が高いとされていますからね。
ではなぜ、3歳馬の成績が悪いのか。
夏や初秋と比べて、斥量が1kg差に縮まっているということは、もちろんあると思います。
しかし、僕が推奨した馬は、斥量が1kg差になってから古馬相手に勝利をしています。斥量の不安はないはずです。
さらにこの馬の前走は強い勝ち方で、コーナーでワープしたのではと思わせるほど、前との差を一気に詰めていました。
それは並みの馬にできる芸当ではなく、ここでも通用する実力を秘めているのでは。僕はそう判断しました。
若さが有利に働くはずですし、斥量の問題もない。実力も通用しそうなのに人気はない。穴ならこの馬ではないでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-競馬, 重賞予想
-, , , , ,

Copyright© アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~ , 2018 All Rights Reserved.