青葉賞2018

【青葉賞2018】過去10年間のデータ・傾向

投稿日:

今回は青葉賞過去データ分析となります。

どうも、競馬生活者アギョウです。

ダノンプレミアム、ブラストワンピース、キタノコマンドールなど。
ダービーの主役馬たちは固まりつつありますが、青葉賞にも面白いメンバーが揃いました。

まだ底が見えてこないオブセッションを始めとして、高額落札馬スーパーフェザー。
ダービーへの最後の切符をかけて、残された素質馬たちが大激突となりました!
ダービーを勝てないジンクスがある青葉賞ですが、そのジンクスを打ち破る馬が出てきてほしいですね。

というわけで、今回の青葉賞過去データ分析では、

今回の出走メンバーの中で、過去データ的に有利なのはどの馬なのか。
過去データから浮き上がってくる、意外な穴馬はいないのか。

そこら辺を、中心に見ていこうかなと思います。

それでは、青葉賞過去データ分析に入っていきましょうか。

青葉賞 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・所属。最後には気になるデータを紹介していこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらが、青葉賞の過去10年「人気別データ」となります。

このデータを見る限りでは、1番人気の信頼度が高いレースと言えそうです。
過去10年5勝というのは他を圧倒する成績。複勝率80%も驚異的な数字となっています。

その他では、6~10番人気の好走というのも目立ちますね。
人気の割には走っているということが、回収値の観点からわかります。
単勝回収値160超え、複勝回収値110超えというのは、唯一無二の良績です。

青葉賞は、1番人気の信頼度が高いと同時に、中荒れにも期待できるレースなのではないでしょうか。

さて、それでは人気別データを、さらに細かく分析していくために、
今度は単勝オッズ別データの方を確認していきましょうか。

単勝オッズ的には、1.0~2.9倍でしょうか。
ここまでの人気で、延べ7頭の出走がありましたが、その中で馬券圏内を外したのは一頭のみ。
これは確率で言うと、複勝率85%を超えるものとなっています。

1番人気の信頼度が高いというデータと併せて、これくらいの人気は軸としては最適なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

枠順別データ

次に、青葉賞の過去10年「枠順別データ」となります。

うーん、こちらの場合は判断に難しい感じになっていますね…。
色々と迷いましたが、外枠不利ということにさせてもらいます。

勝率、連対率、複勝率、回収値などの各種戦績。
これらを総合的に見た時に、7,8枠は少し物足りないかなという感じがします。
連対率が一桁というのは、これらの枠にしか見られない傾向ですからね。

まだ開幕2週目ということもあり、まだまだ内の馬場がいいということでしょうね。

脚質別データ

続いて、青葉賞の過去10年「脚質別データ」となります。

これは、差し追い込みが有利とみていいのではないでしょうか。
過去10年5勝、2着5回、3着9回。馬券の中心として目立つのが差し馬です。
また、追い込みについても回収値の観点から見て、優秀と言えるのではないでしょうか。

東京コースは幅広で長い直線。瞬発力勝負となることが非常に多いですからね。
これは瞬発力の高い、差し追い込みの末脚が生きてくるのではないでしょうか。

では、この裏付けを取るために上り3ハロン別データを見ていきましょうか。

やはり、速い上がりを使った馬の台頭というのが目立ちますね。
上がり最速馬が、過去10年7勝というのは圧巻といってもいい成績です。
単勝回収値は堂々の500オーバーとなっていますからね。

青葉賞では、とにかく速い上がりを使えそうな馬を重視するべきではないでしょうか。

スポンサーリンク

所属別データ

そして、青葉賞の過去10年「所属別データ」となります。

過去10年では、美浦と栗東にあまり差はないように思えます。
勝ち数などもかなり拮抗しており、これは誤差といっていい範囲かと。
青葉賞は東京競馬場で行われる一戦ですが、輸送などのことはあまり考慮しなくて良さそうです。

気になるデータ

最後に、過去10年で「気になったデータ」を紹介させてもらいます。

青葉賞で気になったのは「前走からの乗り替わり」についてのデータです。

青葉賞はダービーのトライアルということで、前哨戦としての位置づけが強いです。
どの馬もダービーを見据えているわけですから、本番でも乗ってくれる騎手が騎乗することが多め。
つまり、ここで乗り替わりになるような馬は、騎手からはあまり評価されなかった馬たちです。

逆に、ここでも継続騎乗となった馬は、騎手の評価が高かった馬。
騎手が、この馬はダービーを狙えるかもと思っている素質馬であることが多いのではないでしょうか。

それはデータにもしっかり現れており、継続騎乗の馬が優位に立っています。
青葉賞では、継続騎乗となった馬たちに注目してみたいですね。

スポンサーリンク

青葉賞 過去データ分析まとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・1番人気の信頼度が高い。6~10番人気もいい感じ
・外枠不利。まだまだ内側の馬場が良好なのではないしょうか
・差し追い込み。とにかく速い上りが使える馬
・所属については、栗東と美浦であまり差がない
・前走からの乗り替わり。継続騎乗になった馬は評価が高い馬

以上の、5点があげられるかと思います。

まだ、枠順が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、4点に絞られてきます。

となると、現状で過去データ的に有利となるのは、
1番人気もしくは6~10番人気の速い上りが使える馬。継続騎乗ならなおよし。

では、この条件に多く当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回はその馬を、過去データからの「推奨馬」として紹介させてもらいます。
こちらは、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

この度「アギョウの競馬予想ブログ 中央競馬プレミアム」というブログを開設しました。
こちらでは、「土、日のおすすめ予想」「最終レース予想」などを、お届けしております。

最終レースは「馬単23980円、ワイド4420円」などの実績があります!

その他にも「次走の狙い目」や「重賞予想の解説」などのコンテンツを公開しております。

ご興味のある方は、こちらからお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-青葉賞2018
-, ,

Copyright© アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~ , 2018 All Rights Reserved.