フローラS2018

【フローラS2018】過去10年間のデータ・傾向

更新日:

今回はフローラステークス過去データ分析となります。

どうも、競馬生活者アギョウです。

先日に行われた、3歳牝馬クラッシック初戦の桜花賞。
アーモンドアイが圧倒的なパフォーマンスを見せての完勝。
ラッキーライラックとの力差を見せ、一気にオークス有力筆頭馬になりました。

しかし、まだオークスについては一考の余地ありです。
昨年も桜花賞組が有力視されていましたが、その時は伏兵だったモズカッチャンが2着。
そのモズカッチャンは、このフローラステークスは勝って、オークスに臨みました。

もしかしたら、今年のフローラステークスからもオークス馬候補がいるかもしれない。
今週はG1こそありませんが後のG1馬を探すため、今週も全力投球で行きたいと思います!

というわけで、今回のフローラステークス過去データ分析では、

今回の出走メンバーの中で、過去データ的に有利なのはどの馬なのか。
過去データから浮き上がってくる、意外な穴馬はいないのか。

そこら辺を、中心に見ていこうかなと思います。

それでは、フローラステークス過去データ分析に入っていきましょうか。

フローラステークス 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・所属。最後には気になるデータを紹介していこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらが、フローラステークス過去10年人気別データ」となります。

このデータで目につくのは、1番人気と2番人気の好走でしょうか。
1番人気、2番人気ともに複勝率50%超え、単勝回収値100オーバーです。
これは、これらの人気がよく好走しているという証拠なのではないでしょうか。

さて、それでは人気別データを、さらに細かく分析していくために、
今度は「単勝オッズ別データ」の方を確認していきましょうか。

単勝オッズ別データからは、4.0~4.9倍でしょうか。
この人気で複勝率70%超えというのは、驚異ともいっていい数字。
回収値はともに100オーバーで、文句なしのデータといって良さそうです。

フローラステークスの軸としては、これくらいの人気が最適なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

枠順別データ

次に、フローラステークス過去10年枠順別データ」となります。

これは、内枠有利ということでいいのではないでしょうか。
4枠までで過去10年6勝。複勝率も内枠の方が高めとなっています。
回収地に目を向けても、内枠の方が良いですからね。

フローラステークスは、内枠の馬を中心視するべきでしょう。

脚質別データ

続いて、フローラステークス過去10年脚質別データ」となります。

うーん、これは先行・差しが有利といった感じでしょうか。
過去10年の中心は、先行または差し馬ばかりですからね。
逃げ、追い込みの極端な脚質は、あまり馬券には絡めていません。

傾向というには微妙かもしれませんが、先行と差し馬には要注目です。

では、今度は「上り3ハロン別データ」を見ていきましょうか。

速い上りを使った馬たちの台頭が目立つデータとなっていますね。
最速の上りを使った馬が5勝。3位以内まで範囲を広げると9勝です。

フローラステークスでは、とにかく速い上りを使える馬を重視するべきではないでしょうか。

スポンサーリンク

所属別データ

そして、フローラステークス過去10年所属別データ」となります。

過去10年では、美浦と栗東では差はないといった感じでしょう。

フローラステークスは、東京競馬場で行われる一戦ですが、
栗東所属(関西)馬でも問題なく、馬券圏内に来ていますね。

フローラステークスに、所属別データの差はないでしょう。

気になるデータ

最後に、過去10年気になったデータを紹介させてもらいます。

フローラステークスで、気になったのは「前走人気」についてのデータです。

このデータを見る限り、前走1番人気と前走2番人気の馬が中心となっています。
前走1,2番人気で過去10年8勝。単勝回収値もそれぞれ100を超えています。

やはり、前走で1番人気や2番人気に推される素質馬。
これが、よく馬券になっているということでしょうね。

フローラステークスでは、前走で支持を集めた素質馬に要注目です。

スポンサーリンク

フローラステークス 過去データまとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・1,2番人気の好走。オッズ的には4.0~4.9倍
・内枠有利
・先行、差しで速い上りを使える馬がいい
・所属別データについては、そこまでの差はない
・前走1,2番人気に推されていた素質馬が、よく馬券になっている

以上の、5点があげられるかと思います。

まだ、枠順が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、4点に絞られてきます。

となると、現状で過去データ的に有利となるのは、
4.0~4.9倍の速い上りを使える先行または差し馬。前走は1番人気か2番人気。

では、この条件に多く当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回はその馬を、過去データからの「推奨馬」として紹介させてもらいます。
こちらは、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

この度「アギョウの競馬予想ブログ 中央競馬プレミアム」というブログを開設しました。
こちらでは、「土、日のおすすめ予想」「最終レース予想」などを、お届けしております。

最終レースは「馬単23980円、ワイド4420円」などの実績があります!

その他にも「次走の狙い目」や「重賞予想の解説」などのコンテンツを公開しております。

ご興味のある方は、こちらからお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-フローラS2018
-, ,

Copyright© アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~ , 2018 All Rights Reserved.