皐月賞2018

【皐月賞2018】過去10年間のデータ・傾向

投稿日:

今回は皐月賞過去データ分析となります。

どうも、競馬生活者アギョウです。

ダノンプレミアムの回避により、一気に混戦模様となった皐月賞。
ワグネリアンやステルヴィオ。キタノコマンドールにオウケンムーン。
おそらく、このあたりが人気を集めることになるでしょう。

しかし、これらの馬では偏った人気にはならないはず。
どの馬が一番人気になるにしても、オッズは割れると思います。

桜花賞は安い配当に終わってしまい、残念でしたが、
皐月賞にいたっては、おそらく配当にも期待できるレースになるでしょう。
ここは、なんとしても当てておきたいところですよね。

というわけで、今回の皐月賞過去データ分析では、

今回の出走メンバーの中で、過去データ的に有利なのはどの馬なのか。
過去データから浮き上がってくる、意外な穴馬はいないのか。

そこら辺を、中心に見ていこうかなと思います。

それでは、皐月賞過去データ分析に入っていきましょうか。

皐月賞 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・所属。最後には気になるデータを紹介していこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらが、皐月賞過去10年人気別データとなります。

人気上位四頭は、ほぼ横一線の成績となっています。
これを逆に考えれば、1番人気の信頼度が低いといえるのではないでしょうか。

複勝率は60%。トップの値を保っていますが、それでもやっとという感じ。
勝率に至っては、3,4番人気に。連帯率は2番人気に並ばれてしまっています。
回収値の観点から見ても、冴えない数値が残っています。

これは、皐月賞の後にはダービーが控えているというのが影響しているのでしょう。
ここをメイチ。ダービーもメイチというのは、期間的に難しいですからね。
ダービーを見据えた1番人気の馬は、ここで凡走する可能性が高いのではないでしょうか。

さて、それでは人気別データを、さらに細かく分析していくために、
今度は「単勝オッズ別データ」の方を確認していきましょうか。

単勝オッズ別データからは、4.0~4.9倍でしょう。
延べ2頭の出走ですが、その2頭がどちらも馬券になっています。
勝率50%、複勝率に至っては、堂々の100%です。

また、3.0~3.9倍も、よく馬券になっています。
9頭のうち7頭が馬券圏内。複勝回収値は100超えていますね。

皐月賞の軸馬として最適なのは、3.0~4.9倍の馬なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

枠順別データ

次に、皐月賞過去10年枠順別データとなります。

うーん、これは判断に難しいところですね…。
このデータから言えることは、外枠でも好走しているということでしょうか。

中山競馬場といえば、外枠不利というのは有名だと思いますが、
過去10年の皐月賞に至っては、外枠でも問題なく来ていますね。

むしろ、外枠不利というイメージが先行しているおかげか、
外枠の方が回収値が優秀。人気以上に好走してくれています。

ここは、あえて外枠から買うというのはありかもしれません。

脚質別データ

続いて、皐月賞過去10年脚質別データとなります。

過去10年、主役の多くは差し馬となっていますが、
複勝率などに目を向けてみると、逃げ先行馬も悪くありません。
むしろ、複勝回収値を見てみると、逃げ先行の方が好走していることがわかります。

中山競馬場は小回りコース。必然的に前の方が有利なのでしょうね。
今年も有力どころは差し馬が多いですが、穴目の逃げ先行馬には注意が必要です。

では、この裏付けを取るために「上り3ハロン別データ」を見ていきましょう。

速い上りを使った馬も好走していますが、そこそこの上りを使った馬の好走が目立ちます。

それが顕著に出ているのが、上り3位の成績です。
勝率は上り最速馬と同じですが、複勝率ではこちらの方が上。
馬券になる確率なら、こちらの方に分があります。

皐月賞は上りだけで、なんとかなるレースではなく、
ある程度の先行力が必要とされるレースなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

所属別データ

そして、皐月賞過去10年所属別データとなります。

過去10年では、栗東所属(関西)馬が有利なのではないでしょうか。

皐月賞は、中山競馬場で行われる一戦。つまり関東でのレースです。
しかし、このデータを見る限りでは、関西馬の方が台頭している結果になっています。

競馬界では、昔から言われている西高東低。
この影響が、皐月賞にも反映されているのではないでしょうか。

今回は牝馬の出走がないので、こちらは参考程度に掲載しておきます。

気になるデータ

最後に、過去10年気になったデータを紹介させてもらいます。

皐月賞で、気になったのは前走レースについてのデータです。

このデータで気になったのは、共同通信杯組の好走率の高さです。
出走頭数こそ少ない中で、過去10年4勝というのは圧巻といっていいはず。

同じ中山競馬場で行われるスプリングSや、まったく同じ条件の弥生賞。
これらよりも、共同通信杯組の方が良績を残しているというのは驚きです。

皐月賞では、共同通信組に要注目が必要なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

皐月賞 過去データ分析まとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・1番人気の信頼度が低い。オッズ的には3.0~4.9倍がいい
・外枠でも問題なし。外枠で人気落ちするなら狙い目になる
・主役の多くは差し馬。ただ人気薄の逃げ先行馬には注意が必要
・栗東所属(関西)馬が、輸送に関係なく好走している
・弥生やスプリングよりも、共同通信杯組の好走が目立つ

以上の、5点があげられるかと思います。

まだ、枠順が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、5点に絞られてきます。

となると、現状で過去データ的に有利となるのは、
3.0~4.9倍の前に行ける関西馬。前走が共同通信杯。

では、この条件に多く当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回はその馬を、過去データからの「推奨馬」として紹介させてもらいます。
こちらは、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

この度「アギョウの競馬予想ブログ 中央競馬プレミアム」というブログを開設しました。
こちらでは、「土、日のおすすめ予想」「最終レース予想」などを、お届けしております。

最終レースは「馬単23980円、ワイド4420円」などの実績があります!

その他にも「次走の狙い目」や「重賞予想の解説」などのコンテンツを公開しております。

ご興味のある方は、こちらからお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-皐月賞2018
-, ,

Copyright© アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~ , 2018 All Rights Reserved.