阪神牝馬S2018

【阪神牝馬S2018】過去10年間のデータ・傾向

投稿日:

今回は阪神牝馬ステークス過去データ分析となります。

どうも、競馬生活者アギョウです。

桜花賞の前日に行われる、阪神牝馬ステークス。
今年の阪神牝馬ステークスは、思わぬ豪華メンバーとなりました。
これはもうメンバーだけなら、古馬の桜花賞といっても、過言ではありません。

リスグラシュー、ソウルスターリング、ミスパンテールなどの4歳馬。
アドマイヤリード、出走するかはわかりませんがレッツゴードンキを始めとした、5歳以上の馬たち。

新勢力と旧勢力。勝つのは果たしてどちらなのか。
このあたりにも、注目が必要なのではないでしょうか。

というわけで、今回の阪神牝馬ステークス過去データ分析では、

出走メンバーの中で、過去データ的に有利なのはどの馬なのか。
過去データから浮き上がってくる、意外な穴馬はいないのか。

そこら辺を、中心に見ていこうかなと思います。

それでは、阪神牝馬ステークス過去データ分析に入っていきましょうか。

阪神牝馬ステークス 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・年齢・斥量。最後には気になるデータを紹介していこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらが、阪神牝馬ステークス過去10年人気別データとなります。

人気上位の馬は、ほぼ横一線という成績になっています。
人気どころは甲乙つけがたく、なかなか難しいデータですが、
個人的には、6~10番人気に注目してみたいと思います。

6~10番人気は、過去10年2勝。勝利数こそ多くないですが回収値は優秀。
控除率を考慮すると、単勝回収値87というのは悪くない数値です。
さらに、複勝率16%というのも他のレースと比べて、やや高い水準にあります。

阪神牝馬ステークスは、波乱の余地を含んだレースと言えるのではないでしょうか。

さて、それでは人気別データを、さらに細かく分析していくために、
今度は「単勝オッズ別データ」の方を確認していきましょうか。

単勝オッズ別データからも、難しいですね…。
断言することはできませんが、5.0~29.9倍あたりまでが良い感じでしょうか。

ここら辺の人気は、回収値の100オーバーが目立ちます。
これは人気以上に好走している証拠と言えるのではないでしょうか。

やはり、阪神牝馬ステークスは、荒れる余地のあるレースだと思います。

枠順別データ

こちらは、阪神牝馬ステークス過去10年枠順別データとなります。

うーん、こちらの場合もハッキリとした傾向は見えてきませんね…。
阪神芝1600メートルにしては、内枠が不利なのではないでしょうか。


(※こちらは阪神芝1600メートルの、過去1年間の枠順別データです)

上の画像と、阪神牝馬ステークスの枠順別データを比べてもらえば、一目瞭然。
阪神牝馬ステークスの、内枠の凡走率の高さが際立っているのではないでしょうか。

2枠こそ水準以上ですが、1枠と3枠の複勝率は半分ほど。
回収値も冴えないですし、内枠不利の傾向があると言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

脚質別データ

次に、阪神牝馬ステークス過去10年脚質別データとなります。

このデータで目立つのは、なんといっても逃げ馬の好走でしょう。
阪神芝1600メートルで、逃げ馬が過去10年3勝というのは、特筆すべきこと。
この舞台は、とにかく差し馬が有利で知られる舞台ですからね。

その証拠に、差し馬の良績も目立つのですが、
阪神牝馬ステークスに至っては、逃げ馬に軍配が挙がります。

では、この裏付けを取るために「上り3ハロン別データ」を見ていきましょう。

速い上りを使った馬も悪くないですが、上りを使えていないの好走が目立ちます。

上り2位よりも、上り3位の方が成績上位というのが、その証拠です。
阪神牝馬ステークスでは、上り一辺倒ではなく、ある程度の先行力も必要。

上り3ハロン別データからは、こんなことがわかるのではないでしょうか。

年齢別データ

続いて、阪神牝馬ステークス過去10年年齢別データとなります。

4~6歳の好走、7歳の苦戦というのが、このデータの傾向でしょう。

4~6歳の好走が目立つのは、上の画像を見てもらえればわかるはず。
そして、4~6歳の中でも特にいいのが、4歳だということにも気が付くはずです。

過去10年6勝というのは、断トツの数字。単勝回収値も100を超えています。
次点の5,6歳を大きく突き放していますし、阪神牝馬ステークスの主役は4歳といっても過言ではなさそうです。

8歳も、数字だけみれば悪くありませんが、
サンプル数が少ないため、ここでは度外視しておきます。

スポンサーリンク

斥量別データ

そして、阪神牝馬ステークス過去10年斥量別データとなります。

過去10年で56、57キロの馬が勝っていないというのは気になります。

ここで56キロ、57キロに見込まれる馬というのは、実績を残してきた実力馬たち。
しかし、それにしてはイマイチ勝ちきれていないなという感じです。

これは、56、57キロになるような馬は、ここを叩き台にしているからではないでしょうか。
このレースの後には、G1であるヴィクトリアマイルが控えていますからね。

56,57キロになるような馬たちは、ここは叩きであることが多いと予想します。

斥量別データのほかに「所属別データ」についても、ここで確認させてください。

過去10年では、栗東と美浦ではほぼ五分五分と見てよさそうです。

勝ち数こそ、栗東所属(関西)馬の方が多いですが、
勝率などでは、美浦所属(関東)馬に、軍配が挙がります。

ですので、所属別データにはあまり差はないと見ていいでしょう。

気になるデータ

最後に、過去10年気になったデータを紹介させてもらいます。

阪神牝馬ステークスで、気になったのは前走のクラスについてのデータです。

このレースで気になったのは、今回が昇級戦となる馬の好走が目立つということです。
上の画像を見てもらえばわかりますが、昇級戦となる馬の単勝回収値は200オーバーです。
さらに、前走が1600万条件だった馬に対象を絞ると、さらに好走率が上がります。

逆に、本来格上のはずのオープン~G1を使っていた馬たちは、微妙な数値となっています。

これは、斥量別データでも触れましたが、ここに向けてのメイチ度が関係してくるのでしょう。

1600万を勝ったばかりの馬たちは、ヴィクトリアマイル云々など考えることができる立場ではありません。
さらに対して、オープン~G1を使っていた馬たちは、先のヴィクトリアマイルを視野に入れているはずです。

1600万を勝ったばかりの馬たちが、ここでしっかり仕上げてくるのに対し、
オープン~G1を使っていた馬たちは、ヴィクトリアマイルを見据え、7~8割程度の仕上げ。

前走で勝った勢いや、斥量の恩恵なども相まって、
1600万条件を勝ったばかりの馬たちが、好走してくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

阪神牝馬ステークス 過去データまとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・6~10番人気に要注目。単勝オッズ的には5.0~29.9倍
・内枠不利。特に1枠と3枠の凡走率が高い
・逃げ馬の好走。そこまで速い上りは要求されない
・4~6歳の好走、7歳の苦戦。特に4歳の好走が目立つ
・56,57キロは過去10年で勝ちなし。所属は気にしなくていい
・今回が昇級戦となる馬、1600万条件を勝ったばかりの馬がいい

以上の、5点があげられるかと思います。

まだ、枠順が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、5点に絞られてきます。

となると、現状で過去データ的に有利となるのは、
5.0~29.9倍の4歳逃げ馬。56~57キロではなくて1600万条件を勝ったばかりの馬。
と、いうことになると思います。

では、この条件に多く当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回はその馬を、過去データからの「推奨馬」として紹介させてもらいます。
また、過去データからは危険だと思われる「危険な有力馬」も発表させてもらいます。
それら二頭は、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

この度「アギョウの競馬予想ブログ 中央競馬プレミアム」というブログを開設しました。
こちらでは、「土、日のおすすめ予想」「最終レース予想」などを、お届けしております。

最終レースは「馬単23980円、ワイド4420円」などの実績、先週は両日的中でした!

その他にも「次走の狙い目」や「重賞予想の解説」などのコンテンツを公開しております。

ご興味のある方は、こちらからお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-阪神牝馬S2018
-, , ,

Copyright© アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~ , 2018 All Rights Reserved.