【阪神ジュベナイルフィリーズ2017】予想オッズと出走有力馬診断

*

【阪神ジュベナイルフィリーズ2017】予想オッズと出走有力馬診断

今回は阪神ジュベナイルフィリーズ2017の予想記事となります。

みなさん、今週の競馬はどうでしたか?
僕は日曜に爆穴指定レースを的中させることができましたが、チャンピオンズカップは残念な結果に。

スローペースの前残り展開になっては、僕の予想はダメですね。
そもそも予想の根本は、ハイペースになって差し決着ということでしたから。
まだまだ予想が甘い証拠です。精進します。

そんな前残り決着の中を突っ込んできた、ゴールドドリームは強かったですね。
追い切りで見せていた抜群の動きを、しっかりとレース出してきることができたという感じでしょうか。

まあ、そんな感じでチャンピオンズカップは不適中で終わったものの、2日間をプラス収支で終えることができたので、トータルとしては満足でした。

 

長々と前置きをしていても、みなさんにご迷惑をかけるだけですので、それでは本題に入っていきますね。

スポンサーリンク

 

阪神ジュベナイルフィリーズ2017 予想オッズ

1 ロックディスタウン 4.0
2 ラッキーライラック 4.1
3 ベルーガ      5.8
4 マウレア      5.9
5 リリーノブル    6.8
6 コーディエライト  9.9
7 ラテュロス     24.0
8 ソシアルクラブ   40.8
9 モルトアレグロ   50.5

ここまでが人気となりそうな有力馬たちです。
個人的にはここに名前ないのが、不思議な馬がちらほら。
現時点ではオッズも割れ加減ですし、荒れそうなレースかなと思っております。

 

阪神ジュベナイルフィリーズ2017 出走有力馬診断

今回は予想オッズが一桁台の馬たちを取り上げて、診断していこうと思います。

ロックディスタウン
初戦は京都2歳ステークスでダントツの人気を集めたタイムフライヤーに制しての1着。
2走目の札幌2歳ステークスは、中々の好メンバーたちとの戦いになったが、そこでも1着をもぎ取ってきた。
実力は間違いなく、鞍上のルメール騎手の評価も高い一頭で、来年のクラシック路線を沸かせてくれるだろう牝馬。
好位につけてからの上りは決め手は十分で、ここでも上位争いになる可能性は高いと見ている。人気でも逆らいづらい一頭。

ラッキーライラック
ロックディスタウン同様に、来年の3歳戦線を沸かせてくれるだろうと見ている牝馬。
パドックや調教で見せてくれる馬っぷりの良さは、すでに古馬重賞級で、僕の視線をくぎ付けにしたほど。
ただ新馬戦、アルテミスステークスともに展開が向いたという感じがあり、実績をそのまま鵜呑みにするのは危険だと思う。
個人的にロックディスタウンと比べて、一枚落ちる印象があり、この程度のオッズではあまり買いたいとは思わない。

ベルーガ
新馬戦、KBSファンタジーステークスともに他馬とは一線を画す、豪脚を披露してくれた。
この馬の末脚には信頼がおけそうで、前走は大外ぶん回しての差し切り勝ちは、着差以上の価値があると見ていいだろう。
今回が初のマイル戦となるが、前2走の内容を見る限りで大丈夫そうで、むしろプラスに働くのではないだろうか。
展開が向けば、この馬の逆転も十分に考えられると思っている。現時点では高評価の一頭。

マウレア
ここまで2戦2勝。他の有力馬たちに同様の負けなし。
ただ、この馬に関してはどちらもレースレベルが微妙なのではないかと思っている。
一緒に新馬戦を走ったメンバーの中では、この馬以外には勝ち上がった馬はいない。
さらに前走の赤松賞は500万条件でメンバーもレベルもそう高くないはずだが、4着馬までがクビ差という大接戦。
今回は前走、2走前より、数段に相手関係が強化される。今回は厳しい一戦になるのではないだろうか。

リリーノーブル
2回走って、2回ともが1600m戦。
この距離での経験が豊富なのが魅力的で、前走は500万条件だったものの、2着馬を1馬身離しての完勝。
レース内容を見るに、ここでも通用しそう。
ただ、2走とも違う騎手が騎乗しており、今回も想定ではまた乗り替わり。あまり騎手の評価は高くないのかもしれない。
そこだけが不安点だが、馬自体はここで通用しても、なんら驚くことはない。オッズ次第では狙ってみたい馬。

コーディエライト
4回走って、4回とも馬券になっている堅実な馬。
前に行ける脚も魅力的。未勝利戦で見せた二段階ロケットの走りは圧巻の一言だった。
ただ、新潟2歳ステークス、KBSファンタジーステークスはともに、スローペースで展開に恵まれた感はある。
1600mも距離的に微妙なラインだと思っており、この馬のマイペースの逃げで走れることが好走条件となるだろう。
有力馬以外も診断してみて、展開が向きそうと判断した場合は、重視するだろう一頭。

 

まとめ

以上、上位人気に押されそうな有力馬たちの診断でした。

ざっと見た感じ、どの馬にもチャンスがありそうな感じがして、展開一つのように考えられます。
展開次第では、下位人気馬の台頭も考えられるではないでしょうか。

そんな中、現時点で狙ってみたいと思っている馬はこちらになります。

この馬コチラ

予想オッズの欄で申し上げました、ここに名前がないのが不思議な馬の筆頭が、この馬です。
前走は1番人気に押されながらの6着。結果だけ見ると不甲斐ないように見えますが、あれは展開が向きませんでした。
典型的なスローペース前残り決着で、コーナー回ったときに3番手に以内だった馬で決まってしまいました。
それでも終いはいい脚で追い込んできていましたし、勝ち馬とは0.5秒差と迫りました。
この馬が力があるのは、これだけでも明白なのですが、さらに新馬戦の内容がそれを証拠づけます。
新馬戦は上り2位の馬と1秒以上の差をつけての上り最速。これは並みの馬にできることではない。
さらに新馬戦で2着だった馬(ここではAと呼ばせてもらいます)は次走あっさりと勝ち上がりました。
もう一つ言わせてもらうと、Aの勝った未勝利戦の2着馬(これを仮にB)は、次走で5馬身差をつけての圧勝でした。
これらのことをまとめると、未勝利戦の馬たち<<<<<B<A<<<狙ってみたい馬となるのです。
相対的に考えると、狙ってみたい馬がいかに強いかわかってもらえると思います。
そんな馬が人気上位9頭にも名前が上がらない。鞍上も新馬戦の時の騎手に戻り、間違いなくここが買い時でしょう。

 

フォローよろしく!

   
【阪急杯2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は阪急杯2018の予想となります。 ここまで阪急杯2018に

【中山記念2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は中山記念2018の予想となります。 ここまで中山記念201

【嘉瀬川賞】2月24日の地方競馬予想【春うらら賞】

今回は嘉瀬川賞、アメジスト賞を始めとした地方競馬予想となります。

【仁川S】土曜日のおすすめ予想【アクアマリンS】

今回は仁川ステークス、アクアマリンステークスを始めとした土曜日のおすす

【阪急杯2018】予想と枠順見解

今回は阪急杯2018の予想となります。 阪急杯2018は二強。

→もっと見る

  • スポンサーリンク