毎日杯2018

【毎日杯2018】過去10年間のデータ・傾向

投稿日:

今回は毎日杯過去データ分析となります。

今回の出走メンバーを、ざっと見たところ、
毎日杯2018混戦なのではないでしょうか。

唯一、重賞経験のあったファストアプローチが回避。
これにより、出走馬のすべてが重賞初挑戦となりました。

直接対決の経験もなく、キャリアも浅い馬たちばかり。
未知数ばかりで、若駒戦特有の難しさのあるレースだと思います。

というわけで、今回の毎日杯過去データ分析では、

そんな混戦ムードの中、過去データ的に有利な馬はどの馬なのか。
本当に混戦模様なのか。過去データから浮き上がってくる、意外な穴馬をいないのか。

そこら辺を、中心に見ていこうかなと思います。

というわけで、毎日杯過去データ分析に入っていきましょうか。

毎日杯 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・所属。大きく分けてこの4つのデータを見ていこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらが、毎日杯過去10年「人気別データ」となります。

このデータで目につくのは、1~5番人気の好走でしょう。
過去10年8勝、2着8回、3着7回。複勝率は46%となっています。

これは、他の人気を圧倒する数字ですし、
回収値の観点から見ても、よく好走していることがわかります。

毎日杯は、人気決着の目立つレースなのではないでしょうか。

さて、それでは人気別データを、さらに細かく分析していくために、
今度は「単勝オッズ別データ」の方を確認していきましょうか。

単勝オッズ別データでは、1.0~3.9倍が良い感じでしょうか。

これらのオッズの複勝率に注目してみると、
100%、100%、75%、85.7%。かなりの好水準です。

回収値を見ても、100オーバーが目立ち、
これらのオッズが、いかに台頭しているかがわかります。

これは、人気決着という傾向にも合致しますし、間違いないデータなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

枠順別データ

次に、毎日杯過去10年「枠順別データ」となります。

これも、複勝率に注目すると内枠有利だと導くことができます。

複勝率上位は、内目の枠に集中していますし、
そもそも、阪神芝1800メートル自体が内枠有利傾向にあります。


(※過去1年間、阪神芝1800メートルの枠順別データです)

ただ、このデータと比較すると、
最内枠(1枠)が、厳しいということもわかります。

このレースは、3歳限定戦。
まだまだ、キャリアが浅いですから、
馬群に揉まれるのは、良くないということでしょう。

毎日杯は、内枠有利です。
ただ、最内枠には注意が必要なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

脚質別データ

続いて、毎日杯過去10年「脚質別データ」となります。

これはハッキリとした傾向が出ていて、
差し追い込みが有利なのではないでしょうか。

特筆すべきは、追い込み馬の好走で、
追い込みが、これだけ馬券になっているのは珍しい。
競馬というのは、基本的に前有利ですからね。

逃げ馬が、過去10年で馬券になっていないというのも、
差し追い込みが有利であることを、如実に表していると思います。

では、この裏付けを取るために、
今度は「上り3ハロン別データ」を見ていきましょうか。

やはり、速い上りを使った馬が好走していますね。

上り1位の馬の複勝率は、驚異の90%超え。
回収値を見てみても、余裕で100以上をマークしています。

これを、先ほどのデータと照らし合わせてみると、
とにかく速い上りが使える、差し追い込み馬。

脚質別データからは、そんな傾向が見られたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

所属別データ

最後に、毎日杯過去10年「所属別データ」となります。

過去10年では、ほぼ五分五分といった感じでしょうか。
強いて、優劣とすれば美浦所属(関東)馬に軍配が挙がると思います。

関東馬は、出走頭数こそ少ないですが、
栗東よりも、高い確率で馬券になっています。

輸送があっても、ここを使ってくるような馬は、
馬券圏内を狙える馬であることが多いのだと思います。

ここからのデータは、該当する馬がいないので、
今回は役に立たないと思いますが、参考程度に掲載しておきます。

毎日杯 過去データまとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・1~5番人気の好走。オッズ的には1.0~3.9倍
・内枠有利。ただし1枠には注意が必要
・とにかく速い上りが使える馬
・所属は五分。強いていうなら美浦

以上の、4点があげられるかと思います。

まだ枠順が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、3点に絞られてきます。

となると、過去データ的に有利となるのは、
1.0~3.9倍で速い上りを使える関東馬。
と、いうことになると思います。

では、この条件に多く当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回はその馬を、過去データからの「推奨馬」として紹介させてもらいます。
また、過去データからは危険だと思われる「危険な有力馬」も発表させてもらいます。
それら二頭は、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

この度「アギョウの競馬予想ブログ 中央競馬プレミアム」というブログを開設しました。
こちらでは、「土、日のおすすめ予想」「最終レース予想」などを、お届けしております。

先週の最終レースは「馬単23980円、ワイド4420円」の的中がありました。

その他にも「次走の狙い目」や「今週のイチオシ新馬」などのコンテンツを公開しております。
先週は、イチオシ新馬に指定した馬が1着。しっかり馬券になってくれました!

ご興味のある方は、こちらからお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-毎日杯2018
-, ,

Copyright© アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~ , 2018 All Rights Reserved.