【チャンピオンズカップ2017】予想と土曜馬場の傾向【最終予想】

*

【チャンピオンズカップ2017】予想と土曜馬場の傾向【最終予想】

今回はチャンピオンズカップ2017の予想記事となっております。

みなさん、土曜競馬はいかがでしたでしょうか。
個人的には重賞を2つとも的中させることができて、大満足でした。

ステイヤーズステークス
○アルバート→◎フェイムゲーム→△プレストウイックで三連単的中。

チャレンジカップ
△サトノクロニクル→○デニムアンドルビー→◎ブレスジャーニーで◎-○のワイド的中。

お前の的中自慢なんかどうでもいいから、早く予想と馬場傾向を教えろよと思った方、申し訳ありません。

では、チャンピンズカップの予想に入っていきますね。
その前に有力馬診断や過去データ分析、追い切り診断と枠順見解を見ていない方は、目を通させれることを推奨します。

最終予想でなぜこの馬にしたのかが、より伝わりやすいと思いますからね。

有力馬診断→コチラ

過去データ分析→コチラ

追い切り診断→コチラ

枠順見解→コチラ

すべて、このブログ内の別記事へと飛びます。

さて、それでは本題に入っていきましょうか。

スポンサーリンク

 

土曜馬場の傾向

今回、馬場傾向を掴む上で参考にしたのは、本日行われた中京8Rになります。
ダート1800mの同舞台、同条件でのレースになりますので、参考にして問題ないでしょう。

それでは見ていきましょうか。

これは4コーナーを周った時の、各場の位置になります。

赤い丸が1着馬、青が2着馬で、緑が3着馬です。

内側~真ん中ぐらいの馬で決まっているのがわかりますよね。
外側をぶん回した馬たちは厳しい結果となっており、中団から後ろにいた馬も沈みました。
これのレースから、内側かつ前目が有利な馬場なのではないだろうかと推測しました。

しかし、この1レースだけで判断するのは早計。
そこで、もう1レース見ていこうと思います。

 

こちらは中共5Rダート1900mの4コーナー画像です。
ダート1800戦は8レース以外になかったので、近い1900m戦にしました。

よく見てください。
先程の中京8Rと、同じような位置に丸印があると思いませんか?

 

 

どうですか?
丸の色こそ違いますが、位置は近いですよね。

チャンピオンズカップもこの位置取りをした馬が有利なのは間違いないのではないでしょうか。

内側~真ん中辺りにつけている前目にいる馬
このポジションを取るであろう馬を当てることが、チャンピオンズカップでの的中につながるのです

さて、ではどの馬がこの絶好ポジションを確保できそうか。

僕はケイティブレイブではないかと考えます。

近走は控える競馬を覚えて、前に行くことにはこだわっていません。
しかし、今回は内枠を引いたので、前目につけるのではないかと思いました。
内枠から前で競馬をすれば、4コーナーを周ったときには絶好ポジションにいるはずです。

そんなわけで土曜の馬場傾向からはケイティブレイブを押します。

 

チャンピオンズカップ2017 最終予想

今回の最終予想では◎、○、▲、△、★に加えて、危険な人気馬を紹介させてもらいます。

人気ブログランキング
今回はダート1800戦にしては、逃げ先行馬が多い組み合わせとなりました。
さらに有力な先行馬と逃げそう有力馬が、内外に別れる枠順配置となった。
そのため、熾烈なハナ争いが繰り広げられることが想定され、ペースは早くなると予想。
そこでこの馬に展開が向いてくる。
枠順と脚質的にインの中団辺りにつけそうで、前の馬たちを見るような格好で、道中は進めそう。
前の馬が後退してきたところを見計らい、溜めていた脚を爆発させれば、勝機は十分にあるはず。
近走は凡走続きだったものの、前走は前残り展開の中をよく追い込んできており、復活の兆しが見られた。
鞍上も二回目の騎乗となる今回は、近走成績からの不安は必要ないだろう。

○ケイティブレイブ
この馬は先程説明したように、絶好のポジションをとれる可能性が高い。
4歳になって脚質の自在性が出てきたことから、前が早すぎると判断すれば、控えることもできるはず。
展開に左右されない安定した走りができそうで、馬券になる可能性が1番高いのはこの馬ではないだろうか。
ただ、決め手には欠ける印象で、頭まではないと評価しての○印とした。

▲ゴールドドリーム
追い切りで見せた動きから、前走からの大きな上積みが期待できそう。
能力的にもこのメンバーでも通用しそうで、鞍上の乗り替わりもプラスに働くはず。
ただ、この馬は出遅れ癖があり、ここでもその心配は拭えない。
出遅れなければという条件がつくため、ここでは単穴の評価とした。

△カフジテイク
この馬は◎同様に展開が向くだろう。
終いの脚はいつも確実で、ここでもその末脚はトップクラスのはず。
鞍上の乗り替わりもプラスと見ていて、ここまでは不安要素はない。
しかし、枠順が外ということもあり、直線に入ってからの大外ぶんまわしの可能性は消せない。
先程の馬場傾向を見てもらえばわかるのだが、大外をぶん回してでは届かない確率が、非常に高い。
終いの鬼脚を繰り出しても、外側を周ってでは1着はない。そこで連下という評価にした。

★サウンドトゥルー
この馬も展開が向きそうで、台頭は十分に有り得るはず。
しかし、前走が調子のピークだった感は否めず、ここでは良くて平行線のはず。
外という枠順からも大外ぶん回しが濃厚で、カフジテイク同様にそれでは届かないはず。
上積みが見込めないという点から、カフジテイクよりも一つ低い評価である星ということにした。

 

危険→人気ブログランキング
今年の夏から秋にかけて、いつも強い競馬を見せてくれていた。
しかし、それは相手関係に恵まれてものだと考えていて、相手関係が一気に強化されるここではどうか。
また、外枠になったことも前に行きたいこの馬にとっては大きなマイナスのはず。
さらにいつも追い切りをよく見せるこの馬が、今回の追い切りは微妙だった。
展開も向かないはずで、ここでは買い要素があまり見当たらない。危険な人気馬となるだろう。

 

 

ツイッターで当日のパドック気配も呟くからフォローよろしくね。

 

 

フォローよろしく!

   
【阪急杯2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は阪急杯2018の予想となります。 ここまで阪急杯2018に

【中山記念2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は中山記念2018の予想となります。 ここまで中山記念201

【嘉瀬川賞】2月24日の地方競馬予想【春うらら賞】

今回は嘉瀬川賞、アメジスト賞を始めとした地方競馬予想となります。

【仁川S】土曜日のおすすめ予想【アクアマリンS】

今回は仁川ステークス、アクアマリンステークスを始めとした土曜日のおすす

【阪急杯2018】予想と枠順見解

今回は阪急杯2018の予想となります。 阪急杯2018は二強。

→もっと見る

  • スポンサーリンク