金鯱賞2018

【金鯱賞2018】予想と馬場傾向【最終予想】

投稿日:

今回は金鯱賞2018予想となります。

ここまで金鯱賞2018に関しては、

過去データ分析
追い切り診断

と、予想を行ってきました。

しかし、ついに予想は大詰め。
あとは馬場傾向の分析最終予想を残すのみとなりました。
ですので、今回は馬場傾向最終予想という流れで、進めていきますね。

ということで、金鯱賞2018予想へと入っていきましょうか。

金鯱賞2018 土曜の馬場傾向

今回、馬場傾向を読む上で参考にしたのは、
本日行われました、中京7,10Rとなります。

中京7Rは、金鯱賞2018と同舞台同条件。
中京10Rは、最も近い条件となりますので、こちらを参考にしようと思います。

では、さっそく馬場傾向の探していきましょうか。

まずは、中京7から見ていきましょう。

これは4コーナーを周った時の、各馬の位置となります。
赤い丸が1着、青が2着、緑が3着、ピンクが4着馬という感じになっています。

これを見る限りでは、前目の馬たちが有利といっていいと思います。

特に、勝ち馬は8馬身差の圧勝。
前が止まらないという印象を受けました。

長い直線でも、4着馬もしっかり粘りこめていますから、
1着馬が、強かっただけではないと思います。

これは、典型的な前残り傾向だったと言えるでしょう。

では、次に中京10Rを見ていきましょうか。

こちらの場合も、前残り傾向が強かったと思います。

上位を占めたのは、4コーナーを1~4番手で周った馬たちでした。

このレースを見ていると、4コーナーを周ったときに、
ある程度の位置にいないと、勝負にならないという印象でした。

中京10Rも、前残りの競馬だったといえるでしょう。

スポンサーリンク

金鯱賞2018 土曜の馬場傾向まとめ

というわけで、金鯱賞2018は、
前が有利という馬場傾向の中で行われることがわかりました。

おそらく、差し追い込み馬は苦戦を強いられるのは必至で、
逃げ先行馬の台頭が目立ってくるのではないでしょうか。

とにかく、前に行ける馬

逃げ先行馬を買うことが、
金鯱賞2018的中につながる。

土曜馬場傾向からは、これだけ覚えてもらえばオッケーです。

では、金鯱賞2018で、前に行けそうな馬はどの馬なのか。

馬場傾向を味方につけた、馬場傾向からの「推奨馬」とはどの馬なのか。
人気ブログランキングにて発表していますので、ご確認くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

というわけで、土曜馬場の分析は、この辺で終わらせてもらいます。

ここからは、金鯱賞2018最終予想へとは入っていきたいと思います。

スポンサーリンク

金鯱賞2018 最終予想

今回の予想では◎、〇、▲、△、△、★の6頭を紹介させてもらいます。

◎スワーヴリチャード

人気ブログランキングにて公開中

▲サトノダイヤモンド

△ヤマカツエース

△無料メルマガにて配信予定【←穴馬】

人気ブログランキングにて公開中【←穴馬】

印馬の詳しい解説、買い目につきましては、無料メルマガにて配信予定です。
配信日時は、当日の昼頃を予定していますので、よろしくお願いします。

ちなみに「最終レース」の方も、予想しています。昨日も見事的中しました。
「おすすめ予想」3戦2勝という結果。こちらも悪くない滑りだしでした。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-金鯱賞2018
-, ,

Copyright© アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~ , 2018 All Rights Reserved.