金鯱賞2018

【金鯱賞2018】過去10年間のデータ・傾向

更新日:

今回は金鯱賞過去データ分析となります。

今回の出走メンバーを、ざっと見たところ、
金鯱賞2018二強対決なのではないでしょうか。

昨年の有馬記念4着、ダービー2着。
強い4歳世代の代表格「スワーヴリチャード」

一昨年の皐月3着、ダービー2着、菊花賞1着。
キタサンブラックのライバルとも謳われた、
5歳世代の代表格「サトノダイヤモンド」

これまでの実績を考慮すると、この二頭の勝負になりそうです。
この二頭の実力が抜けていて、その他の馬が割り込む余地は少ないはず。

世代最強ともいわれる二頭が、世代の壁を越え、
今後の、競馬界の代表格を決める一戦になると見ています。

なので、今回の金鯱賞過去データ分析では、

この二強ムードの中、過去データ的に有利な馬はどっちの馬なのか。
本当に二強対決なのか。過去データから浮き上がってくる、意外な穴馬をいないのか。

そこら辺を、中心に見ていこうかなと思います。

というわけで、金鯱賞過去データ分析に入っていきましょうか。

金鯱賞 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・年齢・斥量。大きく分けてこの5つのデータを見ていこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらが、金鯱賞過去10年「人気別データ」となります。

このデータで目につくのは、1番人気の好走ですね。
過去10年で5勝。複勝率も60%で、回収値も優秀な値です。
また、1~5番人気も、他のレースと比べて高水準にあります。

これは、金鯱賞が人気決着の目立つレースということなのではないでしょうか。

さて、それでは人気別データを、さらに細かく分析していくために、
今度は「単勝オッズ別データ」の方を確認していきましょうか。

単勝オッズ別データでは、2.0~9.9倍辺りまでが良い感じです。
過去10年の勝ち馬は、すべて単勝オッズ一桁台ですし、回収値も高めです。
特に2.0~2.9倍は、複勝率80%超えという驚異の数値を叩きだしています。

人気決着という傾向にも合致しますし、これは間違いないデータでしょう。

枠順別データ

こちらは、金鯱賞過去10年「枠順別データ」となります。

先ほどとは一転して、こちらのデータは判断に難しいとこですね…。
色々と迷った挙句、最内枠(1枠)不利という結論に達しました。

唯一、過去10年で勝ち馬なし。馬券圏内も一度しかありません。
複勝率6.7%というのは、断トツで低い数値ですし、回収率も然りです。

開幕週で内が良い。外の馬たちが内側を求めて殺到。
外に出ることもできず、道中は窮屈な競馬を強いられる。
その上、直線でも内側を通る馬が多く、前が空かない。

最内枠(1枠)不利には、こういった背景があるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

脚質別データ

次に、金鯱賞過去10年「脚質別データ」となります。

開幕週ということで、逃げ先行馬の好走が目立ちますね。
勝率、連帯率、複勝率は、逃げ馬から順に高い数値になっています。

差し馬も、過去10年で5勝。
なかなか健闘していますが、中京はそもそも差し有利。
最後の直線が、長いことを特徴としていますからね。

そんな中で、逃げ先行馬がこれだけ良績を残している。
金鯱賞は、逃げ先行馬の台頭が目立つレースといっていいはずです。

この裏付けを取るために、今度は「上がり3ハロン別データ」を見ていきましょうか。

やはり、速い上りを使えていない馬も好走しています。
上り6位~が、これだけ良績を残しているというのは、非常に珍しいことです。
現代日本競馬は、上り至上主義という側面がありますからね。

脚質別データをまとまると、とにかく前に行ける馬
これを買うことが、金鯱賞の的中につながるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

年齢別データ

続いて、金鯱賞過去10年「年齢別データ」となります。

4歳の好走、7~8歳の苦戦というのが、このデータを傾向でしょう。

4歳については、勝率から複勝率までトップ成績。
回収値も100付近を記録していますし、これは文句なしのはず。

逆に、7~8歳馬は一桁台の数字ばかりです。
特に8歳馬は、過去10年で馬券圏内なし。用なしレベルかもしれません。

年齢別データのほかに「性別別データ」の方も、ここで確認させてください。

過去10年間では、牝馬の出走が少なかったため、
そこまで信頼することができるデータではありませんが、
このデータでは、牡・セ馬が有利ということでいいと思います。

過去10年で、1,2着は牡・セ馬が独占しているわけですしね。
複勝率も僅かにではありますが、こちらの方が上回っています。

ただ、牝馬だから消しとまではいかないと思います。

斥量別データ

最後に、金鯱賞過去10年「斥量別データ」となります。

このデータを見る限り、しっかり重い斥量を背負った馬も来ています。
むしろ、57キロや58キロの方が来ている傾向にあると思います。

ただ、そこまでの差はありませんから、あまり気にしなくてもいいのではないでしょうか。

仕上げとして、最後に「所属別データ」の方を確認していきましょう。

こちらの場合も、過去10年ではほぼ互角といっていいデータになっています。
ただ、強いて優劣をつけるとするならば、栗東所属(関西)馬に軍配が挙がります。

栗東が、過去10年で9勝。2着8回、3着9回。
各種数字も、そこそこの開きがありますからね。

スポンサーリンク

金鯱賞 過去データまとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・1番人気の好走。オッズ的には2.0~2.9倍が熱い
・最内枠(1枠)が不利。苦戦が続いている
・とにかく前に行ける馬
・4歳の好走、7~8歳の苦戦。性別は牡・セ馬が有利
・57、58キロの台頭。所属は栗東が走っている

以上の、5点があげられるかと思います。

まだ枠順が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、4点に絞られてきます。

となると、過去データ的に有利となるのは、
2.0~2.9倍の先行力のある関西馬。4歳の牡・セ馬で斥量重め
と、いうことになると思います。

では、この条件に多く当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回はその馬を、過去データからの「推奨馬」として紹介させてもらいます。
また、過去データからは危険だと思われる「危険な有力馬」も発表させてもらいます。
それら二頭は、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

ここまでご覧になってくださった皆様、ありがとうございました。

最後に、こちらの方で「次走の狙い目」という記事を公開しました。

こちらの「次走の狙い目」では、走破タイムや着順には表れない、
なんらかの不利があった馬たちをピックアップして、ご紹介させてもらいます。
また、個人的に気になった馬などについても、書かさせてもらおうかなと思います。

ご興味のある方は、こちらからどうぞ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-金鯱賞2018
-, ,

Copyright© アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~ , 2018 All Rights Reserved.