オーシャンステークス2018

【オーシャンステークス2018】過去10年間のデータ・傾向

投稿日:

今回はオーシャンステークス過去データ分析となります。

今回の出走メンバーを、ざっと見たところ、
オーシャンステークス2018混戦なのではないでしょうか。

人気になりそうなところでは、ナックビーナス。
レーヌミノルに、ビックライブリー。ネロなど。
人気薄にも、スノードラゴンやキングハート。
エポワスやジューヌレコール、ラインミーティア。

重賞制覇の経験や、スプリント実績が豊富な馬たちが揃いぶみ。
人気どころから人気薄まで、どの馬が勝ってもおかしくないメンツでしょう。
今後のスプリント路線を占う一戦となるのではないでしょうか。

なので、今回のオーシャンステークス過去データ分析では、

そんな混戦ムードの中、過去データ的に有利な馬はどの馬なのか。
本当に混戦模様なのか。過去データから浮き上がってくる、意外な穴馬をいないのか。

そこら辺を、中心に見ていこうかなと思います。

というわけで、オーシャンステークス過去データ分析に入っていきましょうか。

オーシャンステークス 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・年齢・斥量。大きく分けてこの5つのデータを見ていこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらが、オーシャンステークス過去10年「人気別データ」となります。

このデータで目につくのは、6~10番人気の好走ですね。
過去10年で馬券圏内は10回。毎年、馬券に絡んでくる計算になります。
単勝回収値は100オーバー。複勝回収値もほぼ100という値です。
これは他のレースと比べて、高水準にあるといっていいはずです。

オーシャンステークスはやや荒れる傾向にあるレースなのではないでしょうか。

さて、それでは人気別データを、さらに細かく分析していくために、
今度は「単勝オッズ別データ」の方を確認していきましょうか。

単勝オッズ別データでは、10.0~29.9倍辺りまでが良い感じです。
それぞれ単勝回収値は100超え。複勝回収値は100付近をマークしています。
人気どころも悪くないですが、回収率的にはこれぐらいの人気が狙い目でしょう。

やや荒れるという傾向にも合致しますし、これは間違いないデータのはずです。

枠順別データ

こちらは、オーシャンステークス過去10年「枠順別データ」となります。

こちらのデータは、判断に難しいところですね……。
色々と迷った挙句、極端枠(1枠と8枠)が有利という結論に達しました。

1枠については、勝率と複勝率ともにトップ。
単勝回収値は100超えで、複勝回収値も100くらいとなっています。
こちらについては、何の問題もないのかなと思います。

8枠に関しましては、勝率と複勝率は並ですが、
回収値が100くらいと、総合的には1枠に次ぐものでしょう。

オーシャンステークスは、スプリント戦です。
最内枠は言うまでもないですが、大外枠はスムーズな競馬をできるのがいいのでしょう。
その証拠に、4枠や5枠といった中枠はイマイチな数字ですからね。

オーシャンステークスは、1枠と8枠に要注意です。

スポンサーリンク

脚質別データ

次に、オーシャンステークス過去10年「脚質別データ」となります。

短距離戦らしく、逃げ先行馬が有利なのではないでしょうか。

逃げ馬は勝ちこそないものの、過去10年で2着3回。
連帯率、複勝率ともに30%をマークしており、複勝回収値も190となっています。

先行馬については、過去10年で4勝。勝率はトップです。
連対率と複勝率も、逃げ馬に次ぐものとなっており、単複回収値ともに100超え。

オーシャンステークスは、逃げ先行馬の台頭が目立つレース。

この裏付けを取るために、今度は「上がり3ハロン別データ」を見ていきましょうか。

やはり、速い上がりを使えていない馬も好走していますね。
上がり3ハロン~5位が、ここまで良績が残すというのは中々ないこと。
スプリント戦、特有の傾向といってもいいかもしれません。

逆に上がり1位は、過去10年で1勝のみ。
これは、他の重賞レースと比べたら、著しく低い値です。
後方一気だけでは、好勝負はできないことがわかります。

脚質別データをまとめると、とにかく前に行ける馬
これを買うことが、オーシャンステークスの的中につながるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

年齢別データ

続いて、オーシャンステークス過去10年「年齢別データ」となります。

どの年齢でも、平均的に来ているのではないでしょうか。
4,5歳の好走が目立つというわかでもありませんし、高齢馬も悪くない感じです。
あまり、年齢は気にしなくてもいいのかもしれません。

ただ、一つだけ気になるのは、4歳馬の不振です。
他のレースでは、4歳馬が有利というのが多いだけに、
4歳馬が、これだけ数値が低いというのも珍しいことです。

もしかしたら、オーシャンステークスは、
相対的に、4歳馬が不利なレースなのかもしれません。

年齢別データのほかに「性別別データ」の方も、ここで確認させてください。

過去10年、牡・セ馬と牝馬は五分五分といっていいのではないでしょうか。

勝率、連対率、複勝率、回収値。
すべてにおいて、差はないように見えますからね。

牡馬だから買い、牝馬だから消し。
こういったものは必要ないのではないでしょうか。

斥量別データ

最後に、オーシャンステークス過去10年「斥量別データ」となります。

このデータを見る限り、55キロと57キロは苦戦が続いていますね。
どちらの場合も、過去10年で勝ちはなく、複勝率も低めになっています。

それぞれ、重賞勝ちなどの実績を買われて、
基本となる斥量からプラス1キロという感じなのですが、
斥量に泣かされる結果になることが多いようです。

今回も、該当馬が何頭かいますから、
これは斥量別データとして、しっかりと覚えておいた方がいいでしょう。

仕上げとして、最後に「所属別データ」の方を確認していきましょう。

こちらの場合も、過去10年ではほぼ互角といっていいデータになっています。
ただ、強いて優劣をつけるとするならば、美浦所属(関東)馬に軍配が挙がります。

過去10年では美浦の方が、やや勝ち数が多いですし、
なにより、複勝率にはそこそこの開きがありますからね。

スポンサーリンク

オーシャンステークス 過去データまとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・6~10番人気の好走。オッズ的には10.0~29.9倍が熱い
・極端枠(1枠と8枠)の台頭が目立っている
・とにかく前に行ける逃げ先行馬
・年齢に差はない。相対的に4歳馬が不利。性別は五分
・55キロと57キロは苦戦。美浦所属馬がやや有利

以上の、5点があげられるかと思います。

まだ枠順が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、4点に絞られてきます。

となると、過去データ的に有利となるのは、
10.0~29.9倍の先行力のある関東馬。4歳以外で斥量は定量。
と、いうことになると思います。

では、この条件に多く当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回はその馬を、過去データからの「推奨馬」として紹介させてもらいます。
また、過去データからは危険だと思われる「危険な有力馬」も発表させてもらいます。
それら二頭は、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

ここまでご覧になってくださった皆様、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-オーシャンステークス2018
-, , ,

Copyright© アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~ , 2018 All Rights Reserved.