【チャレンジカップ2017】予想と枠順見解【最終予想】

*

【チャレンジカップ2017】予想と枠順見解【最終予想】

今回はチャンレジカップ2017の予想記事となります。

チャンレンジカップも有力馬診断過去データ分析追い切り診断としてきました。

残すのは枠順見解最終的な予想だけです。

今回はその2つを書いていこうかなと思っています。

有力馬診断、過去データ分析、追い切り診断がまだの方は下のリンクからどうぞ。
最終予想を見る上で、この3つに目を通しておくとわかりやすいかと思いますので。

有力馬診断→コチラ

過去データ分析→コチラ

追い切り診断→コチラ

すべて、このブログ内の別記事へと飛びます。
ぜひ、よろしくお願いします。

さて、自分のブログ記事の宣伝も終えたところで、本題へと入っていきましょうか。

スポンサーリンク

 

チャレンジカップ2017 枠順からの有力馬見解

3枠3番  サトノクロニクル
5枠5番  モンドインテロ
5枠6番  ブレスジャーニー
6枠8番  デニムアンドルビー
8枠11番 ジョルジュサンク

以上、5頭が人気を集めそうな有力馬たちです。

どの馬も悪くない枠順に入ったかなと印象です。
若干、厳しいかなと思うのはジョルジュサンクですかね。
あとは有力馬たちがバラけ加減で、いい感じだと思います。

さて、それでは個別に1頭ずつ見ていきましょうか。

サトノクロニクル
好位~中団につけるこの馬にとって、内枠はプラスだろう。
コースをロスなく周わり、直線を迎えた時に前が開いているようだと勝機は十分ある。
ただ、前が開くことが条件で、前が開くかどうかについては走ってみなければわからない。
人気もしているようだし、あまり重視をしたいと思わない。

モンドインテロ
枠は良くもないし悪くもないといったところ。
ポジション取りのうまいルメール騎手ですから、うまく中団で構えてくれるでしょう。
枠的には何の心配もいらないと思います。

ブレスジャーニー
枠はいいと思います。
6番での好走歴もありますし、揉まれ弱いということはないはずです。
この枠なら前を見て、内につけてもいいし、大外ぶんまわしもできる。
枠順からのマイナス要素はありません。

デニムアンドルビー
直線に入ってからの末脚にかける馬にとって、外目の枠はプラス。
道中は後方で構えて、直線を大外に出すことは容易でしょうからね。
この馬の競馬ができそうな枠順で、割引は必要ありません。

ジョルジュサンク
枠順的に割引が必要なのは、この馬でしょう。
マイネルミラノやプリメラアスールといった同型より外では厳しいはず。
ハナはおそらく取れないでしょうし、道中も外々を回されそう。
枠順的には、最悪といってもいいかもしれません。

 

以上が、有力馬たちの枠順見解となります。

枠順からの推奨馬はデニムアンドルビーでしょうね。

この枠なら前が壁になるという展開は考えにくいですから、末脚にかける競馬ができそう。
プリメラアスールやマイネルミラノ、ジョルジュサンクが外枠に入りましたから、どの馬も気合をつけてポジション取りにいきそう。
そうなると、枠順から考えられる展開予想という面でも、この馬がいいと考えます。

これで枠順見解は終わらせてもらいます。
さて、次はいよいよ今までのことを踏まえた、最終予想に入っていきたいと思います。

 

チャンレジカップ2017 最終予想

今回の最終予想では◎、○、▲、△、★、そして危険人気馬の6頭を紹介させていただきます。

◎人気ブログランキングにて公開中
有力馬診断では3歳馬は過剰人気ぎみと言っていたが、あの追い切りを見せてしまっては逆らいづらい。
前走からの上積みは間違いないでしょうし、勝ってきた3歳馬たちも強敵ばかりだった。
もしかしたら、来年の重賞戦線を沸かせてくれる存在なのではないだろうか。
展開も向くと読んでいて、このメンバーならば突き抜けてもおかしくない。

○デニムアンドルビー
前の争いが激しくなると読んでいるので、末脚確かなこの馬を対抗の評価とした。
いい枠にも入りましたし、道中はじっくり脚をためて、直線で爆発させることができれば、上位争いは必至でしょうね。
鞍上も変わって、ここではチャンスがあると見ています。

▲プリメラアスール
人気の盲点となっているのは、この馬だろう。
前走は前に行った馬には厳しい展開になりましたし、それに勝ち馬と0.4秒差とそこまで負けていない。
今回も前の争いが激しくなると予想しているが、開幕週で前が止まらない展開になれば面白い一頭だろう。

△サトノクロニクル
8走走って、馬券になかったのは2回だけ。
非常に安定しており、ここでも力は上位のはずだろう。
しかし、決め手に欠けるという印象を持っており、頭まではどうかという評価。
単勝もしくは馬単、三連単の頭固定で買うのは危険ではないだろうかと考えている。

★マサハヤドリーム
今回は展開が向きそう。差し展開になれば、この馬の台頭も十分に考えられるでしょう。
鞍上も和田騎手に戻って、見直してみたいなと思っている一頭でございます。

危険→人気ブログランキングにて公開中
今回は展開的に厳しそうで、枠順も悪い。
追い切りもあまり目立つものではなく、除外明けの影響が出ていると見た。
前走はミルコが乗っていたのだが、今回ミルコはサトノクロニクルに乗る。
騎手も、この馬よりサトノクロニクルを評価しているようですし、ここは消しという扱いで問題ないでしょう。

 

まとめ

以上で、チャレンジカップ2017の最終予想とさせてもらいます。

個人的には楽しみな一戦で、◎の馬の走りに注目したいと思っています。
やはり◎は元々、世代でも上位に君臨していた馬ですから、ここからの巻き返しに期待しています。
◎は他の世代有力馬たちともに、今後の競馬界を引っ張っていける存在だと思っていますからね。
ここを通過点として、来年には華々しい活躍を見せてくれることを願っております。

 

ステイヤーズステークスの予想も公開しております。ぜひ、コチラからどうぞ。
パドック気配もお伝えしようと思っていますので、ツイッターもよろしくお願いします。

フォローよろしく!

   
【飛燕賞】2月18日の地方競馬予想【桂浜花海道特別】

今回は飛燕賞、桂浜花海道特別を始めとした地方競馬予想となります。

【大和S】日曜のおすすめ予想【ヒヤシンスS】

今回は大和ステークス、ヒヤシンスステークスを始めとした日曜日のおすすめ

【小倉大賞典2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は小倉大賞典2018の予想となります。 ここまで小倉大賞典2

【フェブラリーS2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回はフェブラリーステークス2018の予想となります。 ここまで

【フェブラリーステークス2018】予想と枠順見解

今回はフェブラリーステークス2018の予想となります。 フェブラ

→もっと見る

  • スポンサーリンク