阪急杯2018

【阪急杯2018】過去10年間のデータ・傾向

投稿日:

今回は阪急杯過去データ分析となります。

阪急杯2018二強ムード
前回の人気馬診断では、そのような結論に至りました。

人気馬たちの中でも、レッドファルクスは抜けた存在ですし、
逆転があるとすれば、モズアスコットが有力のように思えました。

具体的には、こんなことを言っていました。

なので、今回の阪急杯過去データ分析では、

この二強のうち、過去データ的に有利になったのはどっちなのか。
本当に二強なのか。過去データから浮き上がってくる、意外な穴馬はいないのか。

そこら辺を、中心に見ていこうかなと思います。

というわけで、阪急杯過去データ分析に入っていきましょう。

阪急杯2018 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・年齢・斥量。大きく分けてこの5つのデータを見ていこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらが阪急杯過去10年人気別データとなります。

このデータで、目につくのは1~5番人気の好走だと思います。
勝率などが良いのは当たり前として、複勝回収値も一番高いですからね。
これは人気以上に、1~5番人気が好走していることの現れでしょう。

阪急杯は人気決着になる傾向のあるレースなのではないでしょうか。

さて、それでは人気別データを、さらに細かく分析していくために、
今度は「単勝オッズ別データ」の方を確認していきましょうか。

単勝オッズ別データでは、3.0~14.9倍辺りまでが良い感じです。
これくらいの人気は軒並み、回収率が100近い数値を示していますからね。
勝ち数も、この人気で8勝と申し分ない数になっていると思います。

その中でも、特にいいのが5.0~6.9倍だと思います。
複勝率80%は脅威の成績ですし、単複回収値も総合的に1番でしょう。

人気決着という傾向にも合致しますし、これは間違いデータなのではないでしょうか。

枠順別データ

こちらは阪急杯過去10年枠順別データとなります。

これもハッキリとした傾向が出ていて、内枠有利で間違いないはずです。
1~3枠で複勝率トップ3をマーク。勝つ数も6つありました。
回収値に着目してみても、1~3枠については良い数字が並んでいます。

阪急杯は圧倒的な内枠有利傾向にある。これは覚えておくべきでしょう。

脚質別データ

次に、阪急杯過去10年脚質別データとなります。

うーん、こちらの場合は判断に難しいですね……。
色々と迷いましたが、前目に行く馬が有利なのではないでしょうか。

差し全盛の現代競馬で、逃げ馬が3勝。
勝率、連帯率、複勝率など、これだけ高い数値をなかなかお目にかかれません。

ただ、先行馬については微妙で、差し馬とほぼ同等。
先行馬と差し馬で、優劣をつけるのは難しいと思います。

ですので、阪急杯は逃げ馬の台頭が目立つレース。

こういった傾向が見られたのではないでしょうか。

この裏付けを取るために、今度は「上り3ハロン別データ」を見ていきましょうか。

上り1,2位の台頭も目立ちますが、
必ずしも、速い上りを要していないことがわかりますね。

6位以下でも3勝。2、3着が4回というのは、
他のレースでは、あまり見られるデータではありません。

ただ、速い上りを使える馬にも注意が必要なのは、間違いないと思います。

脚質別データをまとめると、とにかく前に行ける馬
ただし、速い上りを使える馬にも注意が必要である。

これを留意して買うことが、阪急杯の的中につながるのかもしれませんね。

年齢別データ

続いて、阪急杯過去10年年齢別データとなります。

4~5歳馬の台頭、6~8歳馬の苦戦というのが、このデータの傾向でしょう。

4~5歳馬の若い馬たちが好走して、6~8歳の年老いた馬たちが厳しい。
これは競馬の常識だと思うのですが、このデータではそれがより顕著に表れています。

4~5歳馬と6~8歳馬では、複勝率に2倍ほどの開きがありますからね。
ここまで差が開くのは、他のレースではなかなかお目にかかることはできません。

ですので、これは阪急杯の一つの傾向だと考えていいと思います。

年齢別データのほかに「性別別データ」の方も、ここで確認させてください。

こちらの場合は、過去10年では五分五分みたいな感じになっていますね。
ただ、強いて優劣をつけるとすれば、牡・セ馬ということになると思います。

複勝率には差はないものの、過去10年の勝ち馬はすべて牡・セ馬だったわけですからね。
まあ、そこまでの差はありませんから、これは頭に留めておく程度でいいでしょう。

斥量別データ

最後に、阪急杯過去10年斥量別データとなります。

このデータを見る限りでは、重い斥量を背負った馬もよく来ていますね。
逆に軽斥量の馬たちは厳しい戦いが続いていて、55キロ以下は勝ち星なしです。

実力のない軽斥量の馬よりも、実力のある重い斥量の馬の方が好走しやすい。
これは斥量別データとして、しっかりと覚えておいた方がいいことでしょう。

仕上げとして、最後に「所属別データ」の方を確認していきましょうか。

こちらの場合も、過去10年では五分五分みたいな感じになっていますね。
強いて、優劣をつけるとすれば、美浦ということになると思いますが、
そこまでの差はありませんから、これは誤差程度に捉えておいて大丈夫でしょう。

阪急杯 過去データまとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・1~5番人気の好走。オッズ的には5.0~6.9倍が熱い
・内枠有利。内枠が圧倒的に良績を残している
・あまり速い上りを必要とせず、とにかく前に行ける馬
・4~5歳の台頭。性別は強いて挙げるなら牡・セ馬
・所属は五分。斥量に関係なく強い馬がきている

以上の、5点があげられるかと思います。

まだ枠順が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、4点に絞られてきます。

となると、過去データ的に有利となるのは、
5.0~6.9倍の若い逃げ馬。牡馬で斥量重め。
と、いうことになると思います。

では、この条件に多く当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回はその馬を、過去データからの「推奨馬」として紹介させてもらいます。
また、過去データからは危険だと思われる「危険な有力馬」も発表させてもらいます。
それら二頭は、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

ここまでご覧になってくださった皆様、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-阪急杯2018
-, ,

Copyright© アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~ , 2018 All Rights Reserved.