【POG】今週の2歳馬追い切り診断(美浦)【20171129】

*

【POG】今週の2歳馬追い切り診断(美浦)【20171129】

今回はPOGの参考になるであろう2歳馬の調教診断をしていきたいと思います。

皆さんはPOGしてますか?
おそらく中級者以上の競馬ファンなら、御用達なのではないでしょうか。

気軽に馬主気分が味わえて、無料で参加できるのが魅力的ですよね。
賞品がきちんと用意されているのも、ゲームとしてはGOOD。
何かご褒美があると、真剣に予想しようという気が俄然湧いてきますからね。

あ、ちなみにPOGのことを知らない人のために一応言っておくと、POGってのはペーパーオーナーゲームの略称です。
FPSゲームの略称とか、小難しい機関の名前とか、某ウイッシュ語ではありません(笑)。
詳しくはググってみてください。グーグル先生が詳しく教えてくれますよ。(まぁ、まずPOGを知らない人がこの記事にはこないと思いますが笑)

さて、話しを戻します。
みなさんはPOGを馬を指名する上で、何を見て決めていますか?

おそらくは大半の人が血統調教なのではないでしょうか。
中には厩舎や馬主まで見る人もいるとは思いますが、まずこの二大要素を加味しないということはないでしょう。

そこで今回はPOG馬を指名する上で参考になるであろう、調教を診断していきたいと思います。

血統に関しましては、血統表を見ればわかることなので、割愛させてもらいます。
一応、言っておきますと短距離芝ならロードカナロア中距離芝ならディープインパクト
ダートならゴールドアリュールか有名海外種牡馬。この辺りを指名しておけば、血統的に間違いないと思います。

またしても、話しが逸れました。
では、各馬の調教診断に入っていきますね。

スポンサーリンク

 

今週の2歳馬調教診断(美浦)

この記事では関東所属の馬のみを紹介していきます。
関西所属馬はコチラを参照ください。僕のブログ内の別記事へと飛びます。

エールブラン
美浦 南W 良 11月29日(水)
55.8-41.1-13.9
外側を通っての三頭併せ馬。強さは強め~一杯。
直線に入ってから追っつけ、終いには複数ムチを入れていた。
併せていた2頭が馬なりの楽な手応えで走る中、この馬はムチをいれて必至の追走。
能力的にこれくらいの時計が限界なのか、それとも反応が悪いのか判断はつかないが、どちらにしても動きは良くない。
時計もあまり目立つものではないし、今週の新馬戦に出るようなら期待はできないだろう。

エリスライト
美浦 南W 良 11月29日(水)
70.2-54.3-39.3-13.2
真ん中での馬なり三頭併せ。
調教映像が直線のわずかな間だけのため、判断は難しいが、悪くないように思えた。
軽快でトビの大きい走りは、いかにもディープインパクト産駒らしい走り。
スピード感も感じられ、仕上がりも上々ではないだろうか。初戦から期待できると思う。

シゲルタケノコ
美浦 南W 良 11月29日(水)
外側を通っての2頭合わせ馬。強さは微強といったところだろうか。
スピード感の走り。鞍上が追っつけると、徐々に伸びていた。
だが、首が高かったり、上に飛びはねるような走りをしているなど、全体的に幼さを感じる。
能力は高そうだが、一度使ってからの馬のように見えた。

スノーキングダム
美浦 南W 良 11月29日(水)
54.2-40.1-12.8
一杯に追われての単走。
トビの大きい走りで足運びもスムーズ。スピード感が感じられた。
初戦から力が出せそうな出来で、仕上がりは上々だろう。

タマノパルフェット
美浦 南W 良 11月29日(水)
53.5-39.4-13.5
内側を通っての2頭併せ馬。強さは馬なり。
踏み込みがよく力強い走りのように見えたが、走りがまだ固い。
使ってからの馬のように見え、初戦からはどうか。

ツィンクルペタル
美浦 坂路 良 11月29日(水)
57.2-41.7-27.1-13.4
三頭併せの真ん中を馬なりで走っていた。
あまり目立つ動きではなかったが、踏み込みからパワフルさが伺えた。
いかにもダート向きの馬で、距離は長い方がよさそう。
現在、ダート1200mに登録しているようだが、距離がどうか。

ニシノアスカ
美浦 坂路 良 11月29日(水)
坂路を馬なりで単走。
首を使っての走り方は好印象。
ただ、まだ足さばきが固く、使ってからといった感じ。
初戦からはどうか。

モンヴァントゥ
美浦 坂路 良 11月29日(水)
56.0-40.4-26.3-13,1
坂路を馬なりで2頭併せ馬。
若干、首が高いように思え、全体的に幼さを感じた。
足さばきも固めで、初戦からはどうか。

レセディラローナ
美浦 南W 良 11月29日(水)
53.9-39.4-13.3
前に馬を置いての追走。道中は馬なりで、直線に向いてからは鞍上が追っつけ気味だった。
直線に入ってから、差を徐々につめて並んでいくと、一気に追い越しての先着。
最後の伸び脚は確かで、能力は高そう。
ただ、足運びにぎこちなさが感じられ、使ってよくなっていくタイプではないだろうか。

まとめ

今、重賞追い切りを見た後に、2歳馬たちの追い切りを見たのですが、やはり初々しいですね。
首が高い馬がいたり、走り方がどこかぎこちなかったりと見ていて、面白いです。
重賞に出走するような馬たちは、基本的にはみんな完璧でみんな素晴らしいんです。

さて、そんなふうに2歳馬たちの追い切りを微笑ましく見つめていたのですが、一頭だけ異彩を放つ馬がいました。
この馬は今度、重賞に出るんですよと言われても、へーそうなんですかと信じてしまいそうなほどの完成度の高い走りです。

そんな2歳の初戦前にして、すでに追い切りは重賞級の馬とはどの馬なのか。

コチラの馬です人気ブログランキングへ

さすがの良血馬というべきで、すでに走りが高い次元にありました。
走り方がお父さんにそっくりで、トビの大きいスピード感のある走り。
今週の芝2000mに登録しているようで、この条件は合いそう。
来年のクラッシック路線を賑やかにしてくれる一頭かもしれません。

フォローよろしく!

   
【阪急杯2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は阪急杯2018の予想となります。 ここまで阪急杯2018に

【中山記念2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は中山記念2018の予想となります。 ここまで中山記念201

【嘉瀬川賞】2月24日の地方競馬予想【春うらら賞】

今回は嘉瀬川賞、アメジスト賞を始めとした地方競馬予想となります。

【仁川S】土曜日のおすすめ予想【アクアマリンS】

今回は仁川ステークス、アクアマリンステークスを始めとした土曜日のおすす

【阪急杯2018】予想と枠順見解

今回は阪急杯2018の予想となります。 阪急杯2018は二強。

→もっと見る

  • スポンサーリンク