【きさらぎ賞2018】予想と馬場傾向【最終予想】

*

【きさらぎ賞2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回はきさらぎ賞2018予想となります。

ここまできさらぎ賞2018に関しては、

人気馬診断
過去データ分析
追い切り診断
枠順見解

と、多くの予想を行ってきました。

しかし、ついに予想は大詰め。
あとは馬場傾向の分析最終予想を残すのみとなりました。
ですので、今回は馬場傾向最終予想という流れで、進めていきますね。

ということで、きさらぎ賞2018予想へと入っていきましょうか。

きさらぎ賞2018 土曜の馬場傾向

今回、馬場傾向を読む上で参考にしたのは、
本日行われました、京都9,10Rとなります。

土曜日は、きさらぎ賞と同条件のレースが行われませんでした。
なので、今回はなるべく条件の近いレースを選んでいます。
そこのところは、ご了承くださいませ。

ということで、さっそく馬場傾向の探していきましょうか。

まずは、京都9Rから見ていきましょう。

これは4コーナーを周った時の、各馬の位置となります。
赤い丸が1着、青が2着、緑が3着馬という感じになっています。

これを見る限りでは、前残り傾向が強いですね。
1~3着馬たちは、コーナーを5番手以内で回ってきた馬たちですからね。
人気どころの決着ではありましたが、前残り傾向で間違いないと思います。

しかし、1レースだけで結論づけてしまうのは早計。
この裏付けを取るために、今度は京都10Rを見てきましょうか。

うーん、こちらの場合は、
中団からの差しが、しっかりと決まっていますね。

早めに抜け出した、実力馬トロワゼトワルが捕まっていただけに、
偶然なんかでは、済まさせる感じではないように思えます。

さてさて。これはどうしたものか。
9Rと10Rで、異なる傾向が出てきました。

様々な面を考慮して、何らかの共通点を探っていたところ……。

ありました。共通点らしきもの。
つまり、土曜の馬場傾向が!

まずは、こちらの画像をご覧ください。


引用元:netkeiba様

こちらは京都9Rの結果です。

「後3F」という部分を見てください。
1~5着馬には、何やら色がつけられていますよね。
これは、速い上りを使ったということを示しているものです。


引用元:netkeiba様

こちらは京都10Rの結果です。
こちらの場合でも、速い上りを使った馬たちが台頭していることがわかりますよね。

ノーブルカリナンは、色こそついていませんが、上り5位でした。
逆に、4着に敗れてしまったトロワゼトワルは、いい上りを使えていません。
京都10Rの明暗を分けたのは、上りの速さだったことがわかると思います。

つまり、今の京都の芝は速い上りを要する馬場になっている。
土曜の馬場からは、こんな傾向が見られたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

きさらぎ賞2018 土曜の馬場傾向まとめ

というわけで、きさらぎ賞2018は、
速い上りを要する馬場傾向の中で行われることがわかりました。

おそらく、ジリ脚タイプの馬は苦戦を強いられるのは必至で、
瞬発力のある馬の台頭が目立ってくるのではないでしょうか。

とにかく、速い上り

速い上りを使える馬を買うことが、
きさらぎ賞2018的中につながる。

土曜馬場傾向からは、これだけ覚えてもらえばオッケーです。

では、きさらぎ賞2018で、
最も速い上りを使えそうな馬は、どの馬なのか。

馬場傾向を味方につけた、馬場傾向からの「推奨馬」とはどの馬なのか。
人気ブログランキングにて発表していますので、ご確認くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

というわけで、土曜馬場の分析は、この辺で終わらせてもらいます。

ここからは、きさらぎ賞2018最終予想へとは入っていきたいと思います。

スポンサーリンク

きさらぎ賞2018 最終予想

今回の予想では◎、〇、▲、△、★、そして危険な人気馬の6頭を紹介させてもらいます。

◎カツジ

○グローリーヴェイズ

▲ダノンマジェスティ

人気ブログランキングにて公開中

人気ブログランキングにて公開中【←穴馬】

危険→レッドレオン

印馬の詳しい解説、買い目につきましては、無料メルマガにて配信予定です。
配信日時は、当日の昼頃を予定していますので、よろしくお願いします。

ちなみに「最終レース」の方も、予想しています。
現在、4日間連続的中! 予想開始から負けなしです!

これは昨日の予想と、払い戻し金になります。

「限定25名」への予想提供となりますので、お申込みはお早めに!

スポンサーリンク

きさらぎ賞 シミュレーションレース

今回は、試験的にシミュレーションレースを掲載してみます。
果たして、シミュレーションでは、どんな結果になるのでしょうか。

きさらぎ賞2018 アギョウ新聞

最後に、今回の予想をまとめたものをアギョウ新聞として掲載します。
独自アルゴリズムによる算出した能力指数、過去データ値、推定3ハロン、アギョウ指数
これらも掲載していますので、よろしければ予想の参考にどうぞ。

※指数が高い馬が、必ずしも本命というわけではありませんので、ご注意ください。

ここまでご覧になってくださった皆様、ありがとうございました。

フォローよろしく!

   
【中山記念2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は中山記念2018の予想となります。 ここまで中山記念201

【嘉瀬川賞】2月24日の地方競馬予想【春うらら賞】

今回は嘉瀬川賞、アメジスト賞を始めとした地方競馬予想となります。

【仁川S】土曜日のおすすめ予想【アクアマリンS】

今回は仁川ステークス、アクアマリンステークスを始めとした土曜日のおすす

【阪急杯2018】予想と枠順見解

今回は阪急杯2018の予想となります。 阪急杯2018は二強。

【中山記念2018】予想と枠順見解

今回は中山記念2018の予想となります。 中山記念2018は混戦

→もっと見る

  • スポンサーリンク