きさらぎ賞2018

【きさらぎ賞2018】過去10年間のデータ・傾向

投稿日:

今回はきさらぎ賞過去データ分析となります。

きさらぎ賞三強ムード
前回のきさらぎ賞では、そのような結論に至りました。

おそらく、勝ち馬はこの三頭の中から出てくるはずで、
個人的にも、この三強の中から、軸馬を選定する予定です。

なので、今回のきさらぎ賞過去データ分析では、
この三強の中から、過去データ的に有利をとる馬はどの馬なのか。

三強ムードで間違いないのか。
過去データから浮き上がってくる、意外な穴馬はいないのか。

そこら辺を、中心に見ていこうかなと思います。

というわけで、きさらぎ賞過去データ分析に入っていきましょうか。

きさらぎ賞2018 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・性別・斥量。大きく分けてこの5つのデータを見ていこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらがきさらぎ賞過去10年人気別データとなります。

過去10年で、1~4番人気が6勝。なんとも掴みどころがない感じです。
適度に荒れて、適度に荒れない。競馬のお手本のような結果が残っています。

過去データ分析で、特徴なしというのは悔しいですが、
これが事実なので、そのままお伝えしようと思います。

では、今度は「単勝オッズ別データ」から、傾向を探っていきましょうか。

単勝オッズ別データでは、人気別データでは見られなかった傾向が見えてきました。
注目してもらいたいのは、7.0~29.9倍までの単勝回収値の数値です。

7.0~29.9倍までの単勝回収値は、すべて100を超えています。
特に、15.0~29.9倍は200オーバー。これはかなり高い水準に位置しています。

単勝オッズ的な狙い目としては、15.0~29.9倍が熱いということでしょう。

枠順別データ

こちらはきさらぎ賞過去10年「枠順データとなります。

うーん、こちらの場合でもあまり顕著な傾向は見えてきませんね……。
強いて上げるとするなら、中枠不利という感じでしょうか。

過去10年、1~3枠で4勝、6~8枠で5勝。
それに対して、4,5枠では1勝しかマークしていませんからね。

そこまで、顕著な枠順傾向はありませんが、
若干、中枠が不利というのは、頭の片隅にはおいておいた方が良さそうです。

スポンサーリンク

脚質別データ

次にきさらぎ賞過去10年「脚質データとなります。

こちらのデータも、判断に難しいところですが、
先行・差し有利ということでいいのではないでしょうか。

過去10年で、先行馬と差し馬が9勝。
勝率も、これらの脚質がトップの数値になっています。

うーんでも、先行・差しが有利というのはパッとしない。
前目有利でも、後方有利ということでもありませんからね。

脚質別データから、もっと有力なデータはないのか……。
そこで僕が目を付けたのは「上り3ハロン別データ」でした。

上り3ハロン別データからは、顕著なデータが出ていますよね。
速い上りを使えば使うだけ、いい成績を残しています。

速い上りを使った順に、高い勝率を残しています。
さらに、上り3ハロン3位以内については、単複回収値が100超え。
他のレースと比べても、これは高い水準にあります。

つまり、脚質別データで出ていた先行・差し有利というのは、
速い上りが使える馬が有利ということの裏返しだったわけですね。

スポンサーリンク

性別別データ

続いて、きさらぎ賞過去10年「性別データとなります。

牝馬のサンプル数が少ないため、あまり参考にならないかもしれませんが、
牡・セ馬と牝馬の差は、そこまでないのかなという感じです。
なので、牝馬から消しみたいなのは、必要ないと思いますね。

次に「斥量別データ」の方も確認しておきましょうか。

牡馬なら、56キロ馬の好走が目立ちますね。
逆に、57キロの馬は苦戦を強いられているというのがわかります。

今回の出走メンバーを見たところ、
57キロの馬はいないので、このデータは参考になりませんでしたね。

先ほど、牡・セ馬と牝馬の差はないと言いましたし、
性別と斥量は、気にしなくても良さそうです。

所属別データ

最後に、きさらぎ賞過去10年所属別データとなります。

こちらの場合も、美浦のサンプル数が少ないため、
あまり参考にすることはできませんが、そこまでの差はないはずです。

過去10年で、栗東が9勝となっていますが、
美浦とは、出走馬の母数が違いますからね。
むしろ、勝率などに注目してみると、美浦の方が数値が高いくらいです。

ですが、やはりサンプル数が少ないため、
ここでは、所属による差はないと結論させてもらいます。

スポンサーリンク

きさらぎ賞2018 データまとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・単勝オッズ的には15.0~29.9倍くらいがいい
・そこまでの枠順的傾向はない。ただ、中枠が少し不利
・速い上りを使える馬が有利。脚質的には先行・差し
・性別と斥量は、あまり気にしなくて大丈夫
・所属別データについても、あまり差はない

以上の、5点があげられるかと思います。

まだ枠順が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、4点に絞られてきます。

となると、過去データ的に有利となるのは、
15.0~29.9倍の速い上りを使える馬
と、いうことになると思います。

では、この条件に多く当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回はその馬を、過去データからの「推奨馬」として紹介させてもらいます。
また、過去データからは危険だと思われる「危険な有力馬」も発表させてもらいます。
それら二頭は、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

ここまでご覧になってくださった皆様、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-きさらぎ賞2018
-, , ,

Copyright© アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~ , 2018 All Rights Reserved.