【東京新聞杯2018】過去10年間のデータ・傾向

*

【東京新聞杯2018】過去10年間のデータ・傾向

今回は東京新聞杯過去データ分析となります。

東京新聞杯意外と混戦模様ではない
前回の人気馬診断では、そのような結論に至りました。

すんなりと、軸馬候補を選ぶことができ、
よほどのことがない限り、この馬で行くとまで言いました。

なので、今回の東京新聞杯過去データ分析では、
現時点での軸馬候補に死角はないのか。過去データ的に問題ないのか。

本当に混戦模様にはならないのか。
過去データから浮き上がってくる、意外な穴馬はいないのか。

そこら辺を、中心に見ていこうかなと思います。

というわけで、東京新聞杯過去データ分析に入っていきましょうか。

東京新聞杯2018 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・年齢・性別。大きく分けてこの5つのデータを見ていこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらが東京新聞杯過去10年「人気別データとなります。

このデータで、目につくのは5~9番人気の好走ですかね。
勝率、連帯率、複勝率、単複回収値。すべての値で1~4番人気を上回っています。
これは、東京新聞杯は荒れる傾向にあるといっていいのではないでしょうか。

東京新聞杯は荒れる傾向にあるといっても、10番人気以下の数値は微妙。
つまり、荒れるには荒れるが、中荒れ程度しか期待できないということだと思います。
東京新聞杯は荒れる傾向にあるといっても、そこのところだけは注意してください。

さらに、人気別データを細かく分析していくために、
今度は「単勝オッズ別データ」の方を見ていきましょうか。

単勝オッズ別では、10倍~14.9倍がいい感じですね。
過去10年で3勝。単複回収値も100オーバーとなっています。
中荒れという傾向にも合致しますし、これは間違いないデータなのではないでしょうか。

ちなみに、5.0~6.9倍も悪くない数値になっていますが、
10~14.9倍と比べてしまうと、やや劣るかなという印象です。

枠順別データ

こちらは東京新聞杯過去10年「枠順別データとなります。

これはハッキリとした内枠有利傾向が出ていると思います。
過去10年で、1~4枠が9勝。5枠より外は1勝しかしていません。
各種数値も内枠の方が高め。これは確信的なデータでしょうね。

さらに、内枠有利傾向の中でも、特にいいのが3,4枠です。
それは上の表を見てもらえば、明らかでしょう。

というわけで、東京新聞杯は内枠有利傾向にある。
その中でも、特にいいのが3,4枠と判断しても大丈夫だと思います。

脚質別データ

次に東京新聞杯過去10年「脚質別データとなります。

これは判断が難しいところですが、逃げ先行馬が有利だと思います。

僕が注目したのは、逃げ馬の好走です。
過去10年で3勝、勝率30%はとても優秀な値だと思います。
差し競馬全盛の昨今で、逃げ馬がこれだけ好走するのは珍しいはずです。

先行馬も悪くない数値で、単複回収値が100を超えているところからも、
これは、逃げ先行馬が有利にあるとみていいのではないでしょうか。

東京新聞杯は、逃げ先行馬が台頭しやすい。

この裏付けに取るために、今度は「上り3ハロン別データ」を見ていきましょうか。

やはり、あまり速い上りじゃない馬も好走していますね。
東京の芝レースで、速い上りを必要しないというのも珍しいことです。
開幕2週目ということと、冬場ということが関係しているのでしょうか。

脚質別データをまとめると、とにかく前に行くことができる馬
これを買うことが、東京新聞杯の的中につながるのかもしれませんね。

年齢別データ

続いて、東京新聞杯過去10年「年齢別データとなります。

4~6歳馬の台頭、7~8歳馬の苦戦というのが、このデータの傾向でしょう。

良績の目立つ4~6歳馬の中でも、特にいいのが4歳馬でしょうか。
勝率でこそ6歳馬に負けていますが、複勝率は大きく差をつけています。

複勝率に注目してみると、4、5,6歳という順番で数値が高いことがわかります。
これはつまり、東京新聞杯は若ければ若いだけ、有利になるということなのではないでしょうか。

性別別データ

最後に、東京新聞杯過去10年「性別別データとなります。

過去10年間で、牝馬の出走が少なかったため、
そこまでの信頼することができるデータではありませんが、
このデータでは、牝馬も悪くない感じになっていると思います。
牝馬だから消し、牡馬だから買いは必要ないのではないでしょうか。

性別別データのついでに、「所属別データ」の方を確認させてください。

過去10年では、五分五分みたいな感じになっていますね。
どちらかに軍配を上げるとするなら、栗東所属(関西)馬だと思いますが、
所属が違うからといって、そこまで評価を変える必要はないのかなと感じています。

東京新聞杯 データまとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・5~9番人気の好走。単勝オッズ的には10~14.9倍
・内枠が有利。特にいい成績なのが3、4枠
・逃げ先行馬が台頭している。上りは要求されない
・4~6歳馬の台頭、7~8歳馬の苦戦。若ければ若いだけ有利
・性別的な傾向はなし。所属についても互角

以上の、5点があげられるかと思います。

まだ枠順が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、4点に絞られてきます。

となると、過去データ的に有利となるのは、
10~14.9倍のできるだけ若い逃げ先行馬。
と、いうことになると思います。

では、この条件に多く当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回はその馬を、過去データからの「推奨馬」として紹介させてもらいます。
また、過去データからは危険だと思われる「危険な有力馬」も発表させてもらいます。
それら二頭は、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

ここまでご覧になってくださった皆様、ありがとうございました。

フォローよろしく!

   
【阪急杯2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は阪急杯2018の予想となります。 ここまで阪急杯2018に

【中山記念2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は中山記念2018の予想となります。 ここまで中山記念201

【嘉瀬川賞】2月24日の地方競馬予想【春うらら賞】

今回は嘉瀬川賞、アメジスト賞を始めとした地方競馬予想となります。

【仁川S】土曜日のおすすめ予想【アクアマリンS】

今回は仁川ステークス、アクアマリンステークスを始めとした土曜日のおすす

【阪急杯2018】予想と枠順見解

今回は阪急杯2018の予想となります。 阪急杯2018は二強。

→もっと見る

  • スポンサーリンク