シルクロードステークス2018

【シルクロードステークス2018】過去10年間のデータ・傾向

投稿日:

今回はシルクロードステークス過去データ分析となります。

シルクロードステークス混戦模様
前回の人気馬診断では、そのような結論に至りました。

ハンデ一つでどうとでもなりそうなメンバー構成で、
どの馬も一長一短。絶対的な馬はいないとまで言い切っています。

なので、今回のシルクロードステークス過去データ分析では、
そんな難しいレースの中、過去データ的に有利に立った馬はどの馬なのか。

本当に混戦模様で間違いないのか。
過去データから浮き上がってくる穴馬はいないのか。

そこら辺を中心に見ていこうかなと思います。

というわけで、シルクロードステークス過去データ分析に入っていきましょうか。

シルクロードステークス 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・年齢・性別・ハンデ。大きく分けてこの6つのデータを見ていこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらがシルクロードステークス過去10年「人気別データ」となります。

このデータで目につくのは、10番人気以下の複勝率ですかね。
5~9番人気と大差のない複勝率になっていますし、3着が5回もあります。
これは他のレースと比べたときに、非常に高い確率になっています。

これはシルクロードステークス荒れるレースということなのではないでしょうか。

さらに人気別データを、詳しく分析していくために、
今度は「単勝オッズ別データ」の方を見ていきましょうか。

単勝オッズ別データでは、5.0~6.9倍までが好走していますね。
過去10年で5勝。勝率、連帯率、複勝率は申し分なく、単複回収値も100超え。
すべてにおいて高い数値を示していますし、これは間違いないデータだと思います。

枠順別データ

こちらはシルクロードステークス過去10年「枠順別データ」となります。

パッと見た感じではわかりにくいかもしれませんが、
これは、外枠不利の傾向にあるのではないでしょうか。

6~8枠までの複勝率が10%台と、他枠と比べて低めです。
外枠からの勝ち馬は、過去10年で一頭しかいませんし、馬券になった数も少ないです。

シルクロードステークスの枠順別データからは、外枠不利。
これだけ覚えておけば、大丈夫なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

脚質別データ

次にシルクロードステークス過去10年「脚質別データ」となります。

一見すると、逃げ先行馬が有利のように見えますが、
シルクロードステークスがスプリント戦ということを考慮すると、
差し・追い込みがよく決まっていると思います。

基本的に短距離戦は、逃げ先行有利ですからね。
その中で、これだけ差し追い込みが台頭しているとなれば、
これは差し追い込みが有利な傾向にあるのではないでしょうか。

シルクロードステークス差し・追い込みも決まる。

この裏付けを取るために、今度は「上り3ハロン別データ」を見ていきましょうか。

やはり、速い上りを使った馬が良績を残していますね。
上り1、2位の馬で8勝。単複回収値も100オーバーとなっています。
逃げ先行馬が有利のスプリント戦で、これだけの数字は傾向があるといっていいはずです。

脚質別データをまとめると、上り最速を狙えそうな差し追い込み馬
これを買うことが、シルクロードステークスの的中につながるのかもしれませんね。

年齢別データ

続いて、シルクロードステークス過去10年「年齢別データ」となります。

5,6歳馬の台頭、4歳馬の苦戦というのが、このデータの傾向でしょうか。

7,8歳馬もイマイチな成績ですが、これはどのレースにも共通していえること。
しかし、4歳馬がこれだけ不振に陥っているというのは珍しいのではないでしょうか。

4歳馬が苦戦しているということは、その分5,6歳馬のチャンスが増えるということ。
5,6歳馬の好走というのは、4歳馬の苦戦によって引き起こされたものだと考えています。

年齢別データからは、4歳馬の不振。
これだけ覚えてもらえれば、オッケーだと思います。

スポンサーリンク

性別別データ

今回のシルクロードステークスは牝馬の登録があるので「性別別データ」の方も見ていきましょうか。

どちらかといえば牡馬ですが、そこまでの差はありませんね。
牡馬だから買い、牝馬だから消しみたいなことは必要ないと思います。
性別的な有利不利はほぼないと見ていいでしょう。

最後に「所属別データ」の方も確認させてください。

これもそこまでの差はありませんが、頭で買うなら栗東所属(関西)馬でしょう。

過去10年で9勝。非常に高い確率で勝っていることがわかりますよね。
逆に、美浦所属(関東)馬は1勝しかしてないわけですから、これでは買いづらいと思います。

データ的にはそこまでの差はありませんが、過去10年の勝ち数に大きな違いがあります。

ハンデ別データ

最後にシルクロードステークスの肝だとみている過去10年「ハンデ別データ」です。

このデータを見れば、一目瞭然だと思いますが、
牡馬なら56~58キロ、牝馬なら55キロ付近が高い数値を出しています。

比較的、重ハンデと思われる斥量が来ていることから、
ハンデに関係なく、実力通りに決まることが多いのではないでしょうか。

人気別データと照らし合わせると、
重ハンデを背負って、人気落ちした馬たちが突っ込んできている
おそらく、こんな感じになっているのだと思います。

スポンサーリンク

シルクロードステークス データまとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・このレースは荒れる傾向にある。単勝オッズは5.0~6.9倍が熱い
・外枠の馬たちは厳しい戦いを強いられる
・他のスプリント戦より差し追い込みが決まっている印象
・4歳馬が苦戦、その影響で押し出されるように5,6歳馬が好走
・性別的な有利不利はなく、関西馬の台頭が目立つ
・牡馬なら56~58キロ、牝馬なら55キロ付近が頑張っている

以上の、6点があげられるかと思います。

まだ、枠順が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、5点に絞られるのではないでしょうか。

となると、過去データ的に有利となるのは、
単勝オッズ5倍ぐらいの5,6歳差し馬。所属は栗東でハンデは重め
ということになると思います。

では、この条件に多く当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回はその馬を、過去データからの「推奨馬」として紹介させてもらいます。
また、過去データからは危険だと思われる「危険な有力馬」も発表させてもらいます。
それら二頭は、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

ここまでご覧になってくださった皆様、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-シルクロードステークス2018
-, ,

Copyright© アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~ , 2018 All Rights Reserved.