【TCK女王盃2018】過去10年間のデータ・傾向

*

【TCK女王盃2018】過去10年間のデータ・傾向

今回はTCK女王盃過去データ分析となります。

ようやく、今年の地方交流重賞の一発目が行われますね。
中央、地方の二刀流勢の僕としては、中央地方の馬が入り乱れる、
地方交流重賞が何よりの大好物だったりします。

今回のTCK女王盃も地方の有力馬、ララベルが出てきていたり、
中央からは新規精鋭のオールポッシブルやミッシングリンクなんかの登録もありますし、
垂涎ものの、非常に楽しみな一戦となっています。これは、ぜひとも当ててみたいもの。

なので、今回はTCK女王盃過去データを分析していくことで、
少しでもTCK女王盃の的中に近づけたらいいなと思っています。

というわけで、TCK女王盃過去データ分析に入っていきましょうか。

TCK女王盃 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・年齢・斥量・所属。大きく分けてこの5つのデータを見ていこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらがTCK女王盃過去10年「人気別データ」となります。

目につくのは、なんといっても1番人気の数値の高さでしょう。
勝率40%、連帯率80%、複勝率に至っては驚きの100%ですからね。
過去10年で1番人気の馬は、すべて馬券になっているということです。
これは下手に逆らわず、1番人気は素直に買っておいた方がいいでしょうね。

逆に10番人気以下は、過去10年で一度も馬券になっていません。
これはもう、用なしレベルといっていいのではないでしょうか。

枠順別データ

次にTCK女王盃過去10年「枠順別データ」となります。

こちらの場合でも、ハッキリとした傾向が出ています。
数値を見てもらえばわかるのですが、顕著な外枠有利傾向

過去10年の勝ち馬は、いずれも5枠から外の馬です。
5,6,7枠は枠順別データではトップクラスの値を示しています。

しかし、注意が必要なのは8枠、つまり大外枠の扱いです。

大外枠だけは、外枠有利傾向から外れていて、
最内枠に次いで、下から二番目の複勝率となっています。

なので、枠順別データからは、
外枠有利傾向にあるけど、大外はあまり良くない

このように覚えてもらえればいいと思います。

スポンサーリンク

年齢別データ

こちらはTCK女王盃過去10年「年齢別データ」となります。

4,5、6歳馬の好走、7歳馬の苦戦という感じの傾向でしょうか。
過去10年の主役は、4~6歳馬たちとなっているのが、データからわかると思います。
逆に7歳馬は、過去10年で馬券圏内が一度だけ。複勝率は5%しかありません。

なので、今回でもTCK女王盃は4~6歳馬を中心視して、7歳馬は軽視するべきでしょうね。

斥量別データ

続いて、TCK女王盃過去10年「斥量別データ」となります。

数値上でいいのは、斥量56キロと57キロでしょうか。
この二つは出走頭数こそ少ないものの、複勝率は50%超え。
二頭に一頭は馬券になっている計算になります。

逆に苦戦しているのは、斥量53キロですが、
今回のTCK女王盃では53キロ馬はいないので気にしなくていいでしょう。

所属別データ

最後にTCK女王盃過去10年「所属別データ」となります。

好走が目立つのは、栗東所属(関西)馬たちですね。
過去10年で6勝、2着6回は、他の所属馬たちを圧倒しています。

美浦も悪くない数値で、地方に比べれば、
はるかに高い数値になっていると思います。

つまり、TCK女王盃JRA所属馬を中心に買え!

こんな感じになってくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

TCK女王盃 データまとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・1番人気はすべて馬券になっている
・外枠有利。ただし大外枠は例外的な感じにある
・4~6歳馬が好走、7歳馬は苦戦
・斥量56、57キロは高い確率で馬券になる
・JRA所属の馬、特に関西馬が台頭している

以上の、5点があげられるかと思います。

まだ、人気が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、4点に絞られるのではないでしょうか。

となると、過去データ的に有利となるのは、
外枠で4~6歳の斥量56もしくは57の関西馬ということになります。

では、この条件にピッタリと当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回はその馬を、過去データからの「推奨馬」として紹介させてもらいます。
また、過去データからは危険だと思われる「危険な有力馬」も発表させてもらいます。
それら二頭は、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

ここまでご覧になってくださった皆様、ありがとうございました。

フォローよろしく!

   
【阪急杯2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は阪急杯2018の予想となります。 ここまで阪急杯2018に

【中山記念2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は中山記念2018の予想となります。 ここまで中山記念201

【嘉瀬川賞】2月24日の地方競馬予想【春うらら賞】

今回は嘉瀬川賞、アメジスト賞を始めとした地方競馬予想となります。

【仁川S】土曜日のおすすめ予想【アクアマリンS】

今回は仁川ステークス、アクアマリンステークスを始めとした土曜日のおすす

【阪急杯2018】予想と枠順見解

今回は阪急杯2018の予想となります。 阪急杯2018は二強。

→もっと見る

  • スポンサーリンク