【AJCC2018】予想と土曜馬場の傾向【最終予想】

*

【AJCC2018】予想と土曜馬場の傾向【最終予想】

今回はAJCC2018予想となります。

ここまでAJCC2018に関しましては、

人気馬診断
過去データ分析
追い切り診断
枠順見解

と、多くの予想を行ってきました。

しかし、ついに予想は大詰め。
あとは馬場傾向の分析最終予想を残すのみとなりました。
ですので、今回は馬場傾向最終予想という流れで、進めていきますね。

また、今回からアギョウ新聞というものを作成しました。
僕は、このアギョウ新聞をもとにして予想を行っているので、
よかったら、みなさんも参考にしてみてはどうでしょうか。

アギョウ新聞につきましては、記事の最後に掲載しています。

ということで、AJCC2018予想へと入っていきましょうか。

AJCC2018 土曜馬場の傾向

今回、馬場傾向を読む上で参考にしたのは、本日行われました中山6,12Rになります。

中山12Rは、芝2200mのレースで、AJCC2018と同舞台同条件。
中山6Rは、芝2000m。AJCC2018と近い条件になるので、問題ないと思います。

なので、この2レースを参考にしていこうと思います。

では、まず中山6Rから見てきますね。

これは4コーナーを周った時の、各馬の位置となります。
赤い丸が1着馬、青が2着、緑が3着馬です。

これを見る限りでは、前目にいる馬たちの台頭が目立ちますね。
1,3着馬は上位人気でしたが、2着馬は5番人気の中穴。
これは、前目有利の傾向が出ているのかもしれません。

よーし。馬場傾向は前目有利で決定だな!

まあ、一応中山12Rも見ておこうかな。
どうせ、前目有利の傾向で間違いないだろうけどね!

……って、あれ!?

今度は差し展開!? 後方有利!?

上位を占めたのは、人気上位馬たちばかりでしたが、
それにしても、後方からの馬たちがよく伸びていた印象。

うーん、これは実力馬だったから仕方ない結果だった、
馬場傾向はまったくの関係なかったとは言えないはずだぞ……。

特段、これといった特徴とない馬場傾向だと思います。
前目、後方、内側、外側、どれをとっても偏りは見られませんでした。

実力馬や好状態にある馬が、順当に決まっているような印象で、
馬場傾向によって、大きな有利と不利はなかったように思えます。

なので、今の中山競馬場は、
フラットな馬場であるということにさせてもらいます。

スポンサーリンク

AJCC2018 土曜馬場傾向のまとめ

というわけで、AJCC2018馬場傾向なしという中で行われることがわかりました。

土曜の馬場傾向と銘打っていて、
馬場傾向がなしというのは、申し訳ありません。

ただ、これが事実だと思うので、
仕方ないといえば、仕方ない結果なのではないでしょうか。
間違った馬場傾向をお伝えすることはできませんからね。

馬場傾向なしということは、もちろん「推奨馬」なんてものはありません。
どこをどうやっても、推奨のしようがありませんからね。
こちらについても、申し訳ないです。

というわけで、土曜馬場傾向の分析は、この辺で終わらせてもらいます。

ここからは、いよいよAJCC2018最終予想へと入っていきたいと思います。

スポンサーリンク

AJCC2018 最終予想

今回の予想では◎、〇、▲、△、★、そして危険な人気馬の6頭を紹介させてもらいます。

人気ブログランキングにて公開中

○ミッキースワロー

▲ショウナンバッハ

△レジェンドセラー

★ゴールドアクター

危険人気ブログランキングにて公開中

買い目につきましては、無料メルマガにて配信予定です。
配信日時は、当日の昼頃を予定していますので、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

AJCC2018 アギョウ新聞

最後に、今回の予想をまとめたものをアギョウ新聞として掲載します。
独自アルゴリズムによる算出した能力指数過去データ値アギョウ指数。
これらも掲載していますので、よろしければ予想の参考にどうぞ。

ここまでご覧になってくださった皆様、ありがとうございました。

 

フォローよろしく!

   
【中山記念2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は中山記念2018の予想となります。 ここまで中山記念201

【嘉瀬川賞】2月24日の地方競馬予想【春うらら賞】

今回は嘉瀬川賞、アメジスト賞を始めとした地方競馬予想となります。

【仁川S】土曜日のおすすめ予想【アクアマリンS】

今回は仁川ステークス、アクアマリンステークスを始めとした土曜日のおすす

【阪急杯2018】予想と枠順見解

今回は阪急杯2018の予想となります。 阪急杯2018は二強。

【中山記念2018】予想と枠順見解

今回は中山記念2018の予想となります。 中山記念2018は混戦

→もっと見る

  • スポンサーリンク