【船橋記念】1月17日の地方競馬予想【天狗高原特別】

*

【船橋記念】1月17日の地方競馬予想【天狗高原特別】

今回は船橋記念天狗高原特別を始めとした地方競馬予想となります。

いつも通り、昨日の予想の振り返りから入らせてもらいます。
お前は予想だけでOKという人は、スクロールで飛ばしちゃってください。

園田10R◎エイシンルックス7着
高知3R◎スティリッチ2着
高知9R◎ロケットビーン2着
名古屋5R◎ドリームジェダイ2着
名古屋10R◎サムライドライブ1着
船橋9R◎ウィンドフォール1着
船橋11R◎ヤンキーソヴリン5着
船橋12R◎ハッピーブーケ6着

8戦2勝、馬券圏内5回。今日は駄目でしたね。
収支的にはほぼトントンでしたが、この予想精度ではいけません。
8回の参戦しておいて2勝しかできないというのは、地方競馬では致命的ですからね。
明日からは予想精度を上げていけるように頑張っていきます!

というわけで、明日の予想へと入っていきましょうか。

スポンサーリンク

園田競馬おすすめ予想

園田8R
◎ワンダーラジャ
転入してきてから、勝ち負けが続いている。
ここでは力上位のはずで、まず馬券になってくれるだろう。
このメンバーでなら、3連勝に期待してもいいはず。

高知競馬おすすめ予想

高知10R
◎サクラインザスカイ
門別ではA級で戦っていた。
転入してC級でならば、力は抜けているはず。
初戦からでも、ここでは格が違うだろう。

高知11R
人気ブログランキングにて公開中
前走の勝ちっぷりが素晴らしく、ここでは力上位。
スピード能力が高く、ここでもハナを切っていけるだろう。
距離延長も臨むところで、馬券圏内は堅いはず。
マイペースの逃げに持ち込めば、勝ち負けまであっていい。

スポンサーリンク

名古屋競馬おすすめ予想

名古屋3R
◎エイシンシュローダ
名古屋では馬券圏内を外したことがない。
ここでも力上位のはずで、まず馬券になってくれるはず。
前走こそ2着だったが、このメンバーでなら勝利まであるだろう。

船橋競馬おすすめ予想

船橋8R
◎テイケイパステル
約5か月の休み明けとなった前走が、逃げ切り勝ち。
ここでも力上位のはずで、叩き2走目の上積みにも期待できる。
持ち前のスピードで、先手主張からの押し切りまであるだろう。

船橋11R
別記事にて公開中
船橋記念は、個別に予想しています。
◎、○、▲、△、★までの印。そして危険な有力馬も紹介しております。
ぜひ、ご覧くださいませ。

船橋12R
人気ブログランキングにて公開中
このメンバーでなら、能力上位のはず。
マイル戦では大きく崩れておらず、馬券圏内を外したのは一度だけ。
その一度も、大井での重賞のもので、平場では馬券を外していない。
ここでも、しっかりと馬券になってくれるのではないだろうか。

スポンサーリンク

地方競馬メールマガジン 事前登録受付中

皆さんに大好評いただいている、地方競馬予想。
読者の方から「買い目を教えてほしい」という声がありましたので、今回のメルマガ配信に至りました。
なので、こちらのメルマガでは「予想の買い目」を紹介させてもらいます。

しかし、それだけではなんだか物足りない。
そこで、メルマガではブログでは紹介していない「厳選予想」も公開させてもらいます。
こちらの厳選予想とは、その日で一番自信のある予想となります。

予想の買い目厳選予想
この二つを、こちらのメルマガでは配信していこうと思っております。

しかし、地方競馬はオッズが変動しやすく、
多少の投票集中でも、簡単にオッズが変わってしまいます。

そこで今回は「限定100人」という制限を設けさせてもらいました。

また、限定100人だけでは早いもの勝ちになってしまいます。
本当に欲している人のところに配信したいと考えていますので、
申し訳ありませんが、月額1080円というハードルも設置させてもらいます。

この1080円を高いと捉えるか、安いと捉えるかは人それぞれですが、
おそらく月額1080円程度なら、馬券で十分に回収可能な額ではないでしょうか。

※現在は事前登録期間となります。メルマガの配信は2018年2月1日からとなりますので、ご注意ください。

フォローよろしく!

   
【飛燕賞】2月18日の地方競馬予想【桂浜花海道特別】

今回は飛燕賞、桂浜花海道特別を始めとした地方競馬予想となります。

【大和S】日曜のおすすめ予想【ヒヤシンスS】

今回は大和ステークス、ヒヤシンスステークスを始めとした日曜日のおすすめ

【小倉大賞典2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は小倉大賞典2018の予想となります。 ここまで小倉大賞典2

【フェブラリーS2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回はフェブラリーステークス2018の予想となります。 ここまで

【フェブラリーステークス2018】予想と枠順見解

今回はフェブラリーステークス2018の予想となります。 フェブラ

→もっと見る

  • スポンサーリンク