【AJCC2018】過去10年間のデータ・傾向

*

【AJCC2018】過去10年間のデータ・傾向

今回はAJCC過去データ分析となります。

ゴールドアクター、ミッキースワロー、ダンビュライト。
AJCC2018人気馬診断からは、これらの三つ巴という予想をしました。
能力、実績面を考慮すると、これは誰しもがたどり着く結論だと思います。

なので、今回のAJCC過去データ分析では、
過去データから見たときに、上位人気三頭はどうなのか。

本当に、三つ巴決着となりそうなのか。
過去データから見えてくる穴馬はいないのか。

そこら辺を中心に見ていこうかなと思います。

というわけで、AJCC過去データ分析に入っていきましょうか。

スポンサーリンク

AJCC 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・年齢・性別。大きく分けてこの5つのデータを見ていこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらがAJCC過去10年人気別データとなります。

このデータからは分かることは人気サイドでの決着が目立つということでしょうか。
過去10年で1~4番人気が8勝しているのもそうですが、それよりも注目してほしいのは、
10番人気以下が、過去10年で一頭しか馬券になっていないということです。
勝率は0%で、連帯率と複勝率に至っても、1%ほどしかありません。
10番人気以下は、ほぼ用なしといってもいいレベルなのではないでしょうか。

AJCCの人気別データを、さらに詳しく分析していくために、
今度は単勝オッズ別データの方を見ていきましょうか。

単勝オッズ別データでは、5.0倍から14.9倍までが好走していますね。
これも過去10年で8勝していますし、単複回収値も100を超えています。
勝率、連帯率、複勝率も申し分ありませんし、これは間違いないデータでしょう。

枠順別データ

こちらはAJCC過去10年枠順別データになります。

うーん、ハッキリとした傾向は見えてきませんね。
強いてあげるとするなら、7,8枠は苦戦しているということでしょうか。
1~6枠までは複勝率20%までをキープしているのですが、7,8枠は10%以下ですからね。

特段、内枠有利というわけではなさそうですが、外枠不利ではある。
AJCCの枠順別データからは、これぐらい覚えておけばいいと思います。

脚質別データ

こちらはAJCC過去10年脚質別データとなります。

脚質別データからは傾向らしきものが、しっかりと出ていますね。

逃げ先行馬が有利

過去10年で先行馬が最多の6勝。これは文句なしだと思います。
逃げ馬に関しては1勝しかしていませんが、数値は素晴らしいものを示しています。

逆に、差し馬は3勝こそしているものの、単複回収値がイマイチ。
追い込み馬にいたっては、過去10年で一度も馬券になっていません。

AJCC前に行ける馬から買うべき

これを裏付けるために、今度は上り3ハロン別データを確認していきます。

上り3ハロン1位の馬が、過去10年で5勝。
勝率などの数値も良く、単複回収値も優秀ときましたか。

うーん、思った感じのデータとは違いましたね。
逃げ先行馬が有利なのですから、そこまで上りは要求されないと思ったんですが……。

脚質別データと上り3ハロンを照らし合わせてみると、
前目に行けて、上りも使える馬が好走しやすいということでしょうか。

もしかしたら、AJCCは先行力と瞬発力が、
同時に求められるレースなのかもしれませんね。

年齢別データ

こちらがAJCC過去10年年齢別データとなります。

年齢別データからは、面白いデータが見られます。
競馬の常識では考えられない高齢馬の活躍が目立ちますね。
逆に普通に考えれば、有利になるはずの4歳馬が成績不振に陥っています。
原因についてはハッキリしないのですが、時期的なものが関係しているのでしょうか。

まあ、とにかくAJCCは高齢馬でも台頭の余地がある。
むしろ、高齢馬の方が良績を残していますから、この点は要注意ですね。

年齢別データと合わせて、「所属別データ」の方も見ていきたいと思います。

これも世間で言われている関西有利とは、真逆の傾向が出ています。
すべての数値において、美浦(関東)の方がいい数値を示しておりますからね。

AJCCにおいて、関東馬と関西馬だったら、関東馬を買うべき。

これも、頭の片隅には入れておいた方がいいでしょう。

性別データ

今回のAJCCは牝馬の出走もありますので、過去10年性別別データも見ていきますね。

牝馬のサンプル数が少ないため、あまり参考にはできませんが、
とりあえず、牡馬有利だとみていいのではないでしょうか。

過去10年で馬券になったのは、すべて牡馬なわけですからね。
傾向どおりになるならば、ここでも上位は牡馬が占める可能性が高いはずです。

牝馬はやや割引が必要なのではないでしょうか。

最後にAJCC過去10年斥量別データを確認したいと思います。

斥量58キロ馬が良績を残していますが、今回のAJCCでは出走なし。

58キロの次に目立つのは、55キロではないでしょうか。
勝ちこそありませんが、複勝率40%は素晴らしい数値だと思います。

なので、今回のAJCC斥量55キロ馬に注目するべきでしょう。

スポンサーリンク

AJCC2018 データまとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・人気サイド、単勝オッズ5.0~14.9倍ぐらいが好走
・内枠有利ではないが、外枠不利ではある
・先行力と瞬発力が総合的に求められる
・高齢馬の激走が目立つ。逆に4歳馬は微妙
・牡馬、斥量55キロには要注目

以上の、5点があげられるかと思います。

まだ、枠順が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、4点に絞られるのではないでしょうか。

となると、過去データ的に有利となるのは、人気で先行できる高齢牡馬ということになります。

では、この条件にピッタリと当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回はその馬を、過去データからの推奨馬」として紹介させてもらいます。
また、過去データからは危険だと思われる危険な有力馬」も発表させてもらいます。
それら二頭は、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

ここまでご覧になってくださった皆様、ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローよろしく!

   
【阪急杯2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は阪急杯2018の予想となります。 ここまで阪急杯2018に

【中山記念2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は中山記念2018の予想となります。 ここまで中山記念201

【嘉瀬川賞】2月24日の地方競馬予想【春うらら賞】

今回は嘉瀬川賞、アメジスト賞を始めとした地方競馬予想となります。

【仁川S】土曜日のおすすめ予想【アクアマリンS】

今回は仁川ステークス、アクアマリンステークスを始めとした土曜日のおすす

【阪急杯2018】予想と枠順見解

今回は阪急杯2018の予想となります。 阪急杯2018は二強。

→もっと見る

  • スポンサーリンク