競馬 重賞予想

【京成杯2018】予想オッズと人気馬診断

投稿日:

今回は京成杯2018予想となります。

京成杯2018はフェアリーステークス、シンザン記念に続いての3歳重賞。
もう2,3歳の重賞はうんざりだよと思う方もいらっしゃると思いますが、
今年のクラッシック戦線を行方を、予想する上では欠かせないもの。

なので、しっかりと3歳重賞ラッシュを予想することが、
今年のクラッシックの予想にもつながるのです。そのように考えるとなんだかお得感がありますよね。

そして、あわよくば先見の明で、クラシック馬を先取りしたいものです。
競馬ファンとしては、将来のビックネームを先取りするというのは、何よりの快感ですからね。

というわけで、京成杯2018予想となります。

若干、ネタばれにはなるのですが、
ざっとメンバーを見た感じでは「混戦ムード」の漂ってきます。

果たして、本当に京成杯2018混戦なのでしょうか。

というわけで、京成杯2018予想へ入っていきましょう。

スポンサーリンク

京成杯2018 予想オッズ

  1. ジェネラーレウーノ 2.4
  2. コズミックフォース 3.1
  3. デルタバローズ 5.8
  4. ダブルシャープ 7.5
  5. スラッシュメタル 15.5
  6. コスモイグナーツ 20.1
  7. エイムアンドエンド 23.1
  8. タイキフェルヴール 28.0
  9. マイハートビート 37.2

ここまでが京成杯2018で上位人気で推されそうな馬たちです。

3歳馬重賞らしく、キャリアの浅い馬たちが揃った感じになりましたね。
そのため、力関係の判断が難しく、どの馬が勝ってもおかしくない
割れ加減の予想オッズは、そのようなことを表していると思います。

京成杯2018「混戦」になる。
予想オッズ的な結論は、このような感じになるでしょう。

では、本当に京成杯2018は難しいレースとなるのか。
果たして、予想オッズが示す混戦ムードは信用しても大丈夫なのか。

そこら辺を人気馬診断として見ていこうと思います。

スポンサーリンク

京成杯2018 人気馬診断

・ジェネラーレウーノ
3戦2勝。500万条件を勝利して、ここに臨んできました。
ここ2戦は、ハナを奪い切って、直線で粘りこむという競馬をしています。
これが2連勝と結果につながっているのですから、上記の内容がこの馬の持ち味といっていいはず。
前走は中山2000mで結果を残しているだけに、今回の条件も合うでしょう。
しかし、この馬に関しては気性難であるというのを、よく聞きます。
精神的なコントロールが難しく、しっかりとレースに取り組んでくれるかは、当日の気分次第。
なんと驚くことに、勝利を飾った前走でも、本気では走っていなかったとか。
これを聞けば、とても高いポテンシャルを感じさせるのですが、果たしてどうなのでしょうか。
もしも、馬が走る気を損なってしまえば、どんな実力馬でも厳しい結果が待っているはずです。
人気にもなっていますし、積極的には買いたいたくない。ただし消すのは危険。
軸としての評価はできませんが、買い目には必ず入れておきたいタイプなのかと思います。

・コズミックフォース
なかなかの人気になっていますが、あまり人気する理由がわかりません。
色々と考えてみたのですが、人気の理由はトーセンクリーガーに先着したということでしょうか。
トーセンクリーガーは未勝利を勝ち上がっていて、ホープフルSやジュニアCを走っていますからね。
しかし、そこでのトーセンクリーガーの結果は冴えないものでした。
となると、なんでこの馬が人気になっているのでしょうか……。次に、考えられるのは騎手ですかね。
この馬の鞍上は戸崎騎手。先週の3日連続の重賞制覇は素晴らしいの一言。
もしも、それが尾びれを引いて、人気になっているとしたら、流石に過剰人気。
競馬はあくまで馬たちが走るわけですからね。騎手が競争するわけではありません。
実力的にそこまでだと思っていますし、過剰人気にもなっていますので、ここは敬遠したいですね。

・デルタバローズ
一戦一勝。新馬戦を4馬身差で快勝してきました。
この新馬戦がとても評価できる内容だと思っていて、ラップ面が優秀。
重馬場で行われた一戦だったのですが、終い3ハロンでは11秒台のラップを刻むこともありました。
新馬戦の重馬場では、なかなかできることのない芸当だと思います。
2着馬、4着馬も未勝利を勝ち上がっていますし、レースレベルが低かったということもないはず。
スタート、折り合いなどもよく、この馬からは非凡な競馬センスを感じました。
ただ、問題は距離延長でしょうか。今回は1600m→2000mとなり、かなりの距離延長となります。
距離延長だけが問題ですが、それさえクリアできれば、上位の存在となるでしょう。

・ダブルシャープ
かつてはロックディスタウンやタワーオブロンドンと接戦を演じていました。
これだけ見れば、ここでも十分に好勝負となりそうですが、それはどうなのでしょうか。
この馬の好走歴を見てみると、すべて札幌に集中していることがわかります。
元々は地方でダートを使っている馬だけあって、パワフルな走りが売りのはず。
となれば、洋芝の札幌競馬場があっていたという可能性が高いです。
あまり速い時計には対応できず、時計がかかる馬場でなければ、好走は難しいのではないでしょうか。
今回も馬場が渋るようなことがあれば、出番があると思いますが、パンパンの良馬場では……

・スラッシュメタル
前走の感じを見ていると、ここでは厳しそうです。
前走の敗因は喉うんぬんと言われていますが、この短期間で完治していることはないはず。
無理やりここを使ってきている感じが否めず、あまりいい印象ではありません。
血統的に考えても、ここでは厳しいように思えます。

スポンサーリンク

京成杯2018 人気馬診断まとめ

以上が、京成杯2018予想オッズ人気馬診断でした。

ここまで京成杯2018人気たちを見てきたわけですが、
やはり、「混戦ムード」が漂ってきましたね。
それどころか、人気馬たちに不安も見られ「荒れる」ような予感さえしてきました。

荒れるとなれば、高配当が期待できる。
高配当が期待できるとなれば、的中させたい。
的中させたとなれば、ウハウハや!

というわけで、荒れそうな京成杯2018を的中させるために、
現時点で軸として最適だと思っている馬を紹介させてもらいます。
合わせて、買ってはいけない危険な人気馬も紹介しようと思います。

今回はこれらを推奨馬危険馬として発表させてもらいます。
どちらも人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

【推奨馬】
素質だけなら、この中でも断トツだと思います。
前走の内容が秀逸で、怪物の予感さえも感じさせます。
3歳馬の中ではダノンプレミアム、ワグネリアンに続く器なのではしょうか。
今回のレースが試金石となりますが、もしも本物の怪物だった場合、
このオッズで買えるのは、おそらく今回で最後となるでしょう。
少々の不安要素はありますが、それらはポテンシャルだけで跳ね返してくれると思います。
ここはこの馬が怪物だということを信じて、この馬を推奨させてもらいます。

【危険馬】
この馬もなんでこれだけの人気になっているのか分かりません。
前走もそうだったのですが、この馬は過剰評価されすぎだと思います。
能力的にはそこまでのものは感じず、素質も並みなのではないでしょうか。
今回は鞍上弱化も否めませんし、ここまでの人気になるなら迷わず消しでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-競馬, 重賞予想
-, ,

Copyright© アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~ , 2018 All Rights Reserved.