【シンザン記念2018】予想と枠順見解

*

【シンザン記念2018】予想と枠順見解

今回はシンザン記念2018予想となります。

シンザン記念2018枠順見解ということなのですが、
ここでは、まだ最終結論となる予想はしていません。

この後に、シンザン記念2018の最終予想として別記事をアップする予定です。
ですので、印付きの最終予想をご覧になりたい方はそちらをご覧ください。

それでは、シンザン記念2018の枠順見解に入る……その前に。
東西金杯、フェアリーステークスの結果報告をさせてください。
そんなのはどうでもいいんだよって方は、飛ばしてもらってかまいません。

中山金杯
印馬で1~5着独占!
危険馬デニムアンドルビー7着!

京都金杯
本命3着!
危険馬キョウヘイ7着!

フェアリーステークス
印馬で上位独占!推奨穴馬ハトホル惜しくも4着!
危険馬サヤカチャン12着!

という感じになりました。

ここまで順調に来ています。
この調子でシンザン記念2018も頑張っていきたいと思います!

それでは、シンザン記念2018枠順見解に入っていきましょうか。

スポンサーリンク

シンザン記念2018 枠順見解

こちらがシンザン記念2018の確定した枠順となります。

有力馬たちの配置は、

1枠1番 スターリーステージ
2枠2番 ファストアプローチ
3枠3番 アーモンドアイ
7枠8番 プリュス
8枠11番 カシアス

と、なりました。

有力馬たちは内外にはっきりと別れる形になりましたね。
過去データ的には、内枠有利外枠不利だと見ていただけに、これはどうか。

本当に内枠に入った馬は有利で、外枠に入った馬は不利なのでしょうか。

過去データを見たときには、内枠有利なのは間違いないのでしょうが、
馬たちには枠の得手不得手があるので、一概にそうとは言えないはずです。

ということで、そこら辺に重きを置いて、有力馬たちの枠順見解を進めていきたいと思います。

スターリーステージ
前で競馬をするこの馬にとって、内枠はプラスのはず。
最内枠での競馬経験もあることから、揉まれ弱いということはないだろう。
となれば、内枠が不利に働くということはなく、間違いなく有利となる。
内枠からロスなく立ち回り、しっかりと脚を溜めることができれば、好勝負だろう。

ファストアプローチ
この馬も、行き脚のいい先行タイプ。
なので、内枠が不利ということはないはずなのだが、
心配なのは、馬群に揉まれてどうかということ。
唯一、内枠での競馬となった新馬戦が4着と敗れていることから、
馬群で揉まれてしまうのは、あまり良くないではないだろうか。
実績を残したレースはいずれも外枠か少頭数。揉まれていない時に好走している。
今回は2枠2番。かなり内目の枠であることから、馬群で揉まれるのは必至だろう。
普通に考えれば、良い枠なのだが、この馬にしてみれば一考の余地がある。

アーモンドアイ
出遅れ癖があるこの馬にとって、内枠は良くない。
先行タイプの馬が多数いることから、あっという間に前に壁ができるはず。
直線に入ってからも、前の馬たちを捌いていかなければならず、ひと手間がかかる。
それを避けて大外に出そうものなら、内から外に移動する分、ロスが生じてしまう。
どちらにしても、良いことは一つない。
過去データ的には有利な内枠だが、この馬にとってはマイナスに働いてしまうはず。

プリュス
あまりスタートが上手くないこの馬にとって、外枠はいいはず。
出遅れてしまったとしても、十分にスムーズな競馬が可能だと思います。
この枠なら迷うことなく、直線で外に出してくるはずでしょうし、
そうならば、持ち味である末脚が生きるはずです。

カシアス
前々で競馬をしたいこの馬にとって、大外枠がプラスになるということはない。
内側に同型も多数おり、外々を回る展開になるだろう。
それではロスが大きく、そこまで抜けた存在ではないここでは……。
横綱競馬には期待できず、枠的には厳しい戦いとなりそう。

スポンサーリンク

以上が、シンザン記念2018枠順見解となります。

ここまで有力馬たちを見てきましたが、
過去データ的には有利な内枠でも、各馬ごとに有利不利の違いが出たように思えます。

さて、それでは枠順からの推奨馬ということですが……、
いつも通り、人気ブログランキングで発表させてもらいますね。
合わせて、枠順から危険だと思われる危険な有力馬も紹介させてもらいます。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

【推奨馬】
過去データでは内枠が有利という傾向が出ている。
枠順見解を見てもらった方はわかると思いますが、この馬は内枠を苦にしません。
となれば、過去データから考えて、この馬が有利となるのは明白だろう。
枠順は完全にこの馬に味方したと思います。

【危険馬】
この馬のベスト距離は1400mだと思っている。
マイル戦となる今回は距離が長いのではないでしょうか。
さらにこの枠に入ってしまったということで、多くの距離は走らされてしまう。
この枠はこの馬にとって、最悪といってもいいはず。

フォローよろしく!

   
【飛燕賞】2月18日の地方競馬予想【桂浜花海道特別】

今回は飛燕賞、桂浜花海道特別を始めとした地方競馬予想となります。

【大和S】日曜のおすすめ予想【ヒヤシンスS】

今回は大和ステークス、ヒヤシンスステークスを始めとした日曜日のおすすめ

【小倉大賞典2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回は小倉大賞典2018の予想となります。 ここまで小倉大賞典2

【フェブラリーS2018】予想と馬場傾向【最終予想】

今回はフェブラリーステークス2018の予想となります。 ここまで

【フェブラリーステークス2018】予想と枠順見解

今回はフェブラリーステークス2018の予想となります。 フェブラ

→もっと見る

  • スポンサーリンク