競馬 重賞予想

【フェアリーステークス2018】予想と土曜馬場の傾向【最終予想】

投稿日:

今回はフェアリーステークス2018予想となります。

ついに、2018年の競馬がやってきましたね。

昨年、最後に行われたホープフルステークスから、
わずか数週間程度しかなかったはずですが、この数週間がやたらと長く感じました。

おそらく、これは僕だけではないと思います。
全国の競馬ファンの皆様は、2018年の競馬開幕を心待ちにしていたはずです。

そんな待ちに待った2018年の競馬、最初の日曜重賞、
フェアリーステークス2018予想も的中させて、スタートダッシュを決めたいところです。

そのためにこれまでフェアリーステークス2018に関しては、

有力馬診断
過去データ分析
追い切り診断

と、多くの予想記事を投稿してきました。

しかし、ついに予想も大詰め。
あとは土曜馬場の傾向分析最終予想を残すのみとなりました。
ですので「土曜馬場の傾向→最終予想という流れで、今回の記事は進めていきますね。

ということで、フェアリーステークス2018予想へと入っていきましょうか。

スポンサーリンク

フェアリーステークス2018 土曜馬場の傾向

今回、馬場傾向を読む上で参考にしたのは、本日行われました中山1012Rになります。
どちらも、中山芝1600mのレースで、フェアリーステークス2018とは同舞台、同条件。
なので、この2レースは参考にして、何の問題ないでしょう。

では、まずは中山10Rから見ていきますね。

これは4コーナーを周った時の、各馬の位置となります。
赤い丸が1着馬、青が2着、緑が3着、ピンクが4着馬です。

1~3着馬だけではイマイチ傾向が見えてきませんが、
ピンクの4着馬を含めてみると、なんだか傾向らしきものが見えてきます。

外差し馬場

レース映像を見ていると、その傾向がより顕著に表れており、
内側にいる馬たちは伸びあぐねて、外から伸びてきた馬たちに躱されていました。
人気薄の4着馬なんかは、ものすごい勢いで、前に迫っていましたからね。

これは今の中山競馬場は、外差しの傾向にあるといっていいのではないでしょうか。

しかし、1レースだけで結論付けるのは早計というもの。
もう1レース、中山12Rを見てからでも、結論は遅くないはずです。

というわけで、今度は中山12Rを見ていこうと思います。

今までの各色に加えて、黄色の丸は5着馬となります。

こちらの場合も、外目にいた馬で決まっているのがわかると思います。
3着馬こそ、内側にポジションを取っていますが、この後に外へと進路を切り替えます。
だから、実質3着馬も外を通っていたことになります。

これと、

これ。

やはり、今の中山競馬場。
フェアリーステークス2018外差し傾向になるといっていいでしょう。

フェアリーステークス2018 土曜馬場の傾向まとめ

というわけで、フェアリーステークス2018外差し傾向の中で行われるということがわかりました。

おそらく、逃げ先行馬が苦戦を強いられることは必死で、
差し追い込み馬の台頭が目立ってくれるのではないかと予想されます。

つまり、外側中団
このポジションを取る馬を買うことが、フェアリーステークス2018的中につながる。
土曜馬場傾向からは、これだけを覚えてもらえれば大丈夫だと思います。

では、フェアリーステークス2018で外側後方を取れそうな馬とはどの馬なのか。
土曜馬場を味方につけた、土曜馬場からの「推奨馬」とはどの馬なのか。それは……。
いつも通り、推奨馬は人気ブログランキングにて発表中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

外枠に入りましたので、後方からの競馬をすると思います。
後方からの競馬で、強いのは前走で証明済み。非凡な末脚を見せていました。
後方でジックリと構えて、直線に賭けるような競馬ができれば、
現在の馬場状態を100%活かした競馬ができるでしょう。

というわけで、土曜馬場傾向の分析は、この辺で終わらせてもらいます。

ここからは、いよいよフェアリーステークス2018最終予想へと入っていきたいと思います。

スポンサーリンク

フェアリーステークス2018 最終予想

今回の予想では◎、○、、そして危険な人気馬の6頭を紹介させてもらいます。

プリモシーン
これまでの戦績を見て、この馬を本命に。
前走は非凡な末脚を使っての1着。あれは並の馬にできるものではない。
前走内容もいいのだが、僕が重視したのは新馬の内容。
新馬戦は同舞台、同条件の中山1600mで行われた。
その時は2着だったが、あれは相手が悪い。阪神JFで4着のトーセンブレスだった。
個人的にトーセンブレスは、かなり評価している馬で、その馬と0.3秒差なら悪くない。
さらに、新馬戦は後方からの馬が上位を占める結果となったのだが、
その中で唯一、前残りをしていたという点も、高く評価できる。
このメンバーでなら、能力上位で好勝負になるとみた。

○トロワゼトワル
前走の内容が秀逸。
前残り展開の中、唯一後ろから追い込んできていた。
そこから、この馬の高い能力を垣間みることが出来た。
鞍上の福永騎手も、数いるお手馬の中から、この馬を選んでくれたというのも加点材料。
騎手からの評価の高さの表れで、ここでは素質上位の存在だと思っている証拠。
変幻自在の脚質も高評価で、周りみて戦法を変えることができるはず。
そのため、大崩れをする姿が想像できない。
しっかりと上位に食い込んできてくれるはずで、馬券になる可能性は高いとみた。

▲スカーレットカラー
これまで戦ってきた相手が違う。
前走は阪神JF2着のリリーノーブルと0.2秒差。
阪神JF1着のラッキーライラックとは0.4秒差。
その他にもアマルフィコーストとも接戦を演じており、
シャルルマーニュには2馬身以上の差をつけて、勝利した。
これなら、このメンバーでは力上位のはず。
デビューからここまで、太宰騎手が手綱を取り続けてくれているというのもいい。
脚質的に、今の馬場傾向にも合っているとみて、単穴という重い印を打った。

人気ブログランキングにて公開中
フェアリーステークスといえば、荒れるの代名詞なのだが、
今回のフェアリーステークス2018で、面白そうなのはこの馬ではないでしょうか。
なんといっても追い切りでの動きが抜群によく、追い切りだけなら有力馬たちにも引けを取らない。
能力的には微妙かもしれまないが、ここでは一変を期待して買ってみたいと思う。
過去データ的に有利な内枠も、キッチリと引きました。
フェアリーステークスで穴を開ける馬というのは、こんな馬なのではないでしょうか。

★テトラドラクマ
これまでの戦績から間違いなく、ここでも通用する逸材。
普通の状態でも十分に勝負になるのだが、今回は追い切りから高いメイチ度を感じた。
これまでで一番の追い切りといっていいはずで、とても魅力的な追い切りだった。
これだけなら十分に本命候補となるのだが、今回は大外枠。
終始、外を回らされる展開になるのは必死で、ロスの大きい競馬となるだろう。
もうひとつ気になるのが、新馬戦での大敗。
距離が短く、忙しすぎたというのもあるのだろうが、小回りコースもあまり良くないように見えた。
この馬からは不器用な印象をうけ、コース広い東京競馬場などしか好走できないように思う。
中山競馬場の小回りコースとなる、今回はどうなのか。
能力的には申し分ないのですが、大外枠と小回りコースという不安材料もあるため、このくらいまでの評価とした。

危険人気ブログランキングにて公開中
連戦連闘。もうすでに7戦も消化しています。
上積みなんてものには期待できず、むしろ追い切りからは疲れさえ感じられました。
この疲労が堪えないはずがなく、今回はどうなのでしょうか。
ただでさえ、実績から人気になっていたのですが、
好枠を引いてしまったことで、さらに人気になってしまうはず。
疲労度合いを考えた時に、このオッズは不釣り合いで、危険な人気馬となるでしょう。

スポンサーリンク

フェアリーステークス2018 まとめ

以上で、フェアリーステークス2018予想とさせていただきます。

今回はなかなか長い記事となってしまいました。
ここまで、お付き合い頂いた方はありがとうございます。

記事が長くしまってしまったことは申し訳ないですが、
長くなってしまった分、かなりいい予想となったと思います。
往々にして、記事が長くなってしまうときは、語りたいことが多い時ですからね。
予想に熱が入っていて、自信があるときはどうしても長くなってしまうのです。

というわけで、今度からは記事の長さを、
僕の予想の自信度と受け取ってもらってかまいません(笑)
だいたい、記事の長さと自信度の高さは比例しますから。

というわけでフェアリーステークス2018予想は、この辺で締めさせてもらいます。
それではみなさん、フェアリーステークス頑張っていきましょう!ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-競馬, 重賞予想
-, , ,

Copyright© アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~ , 2018 All Rights Reserved.